2020年10月29日

長い軸と短い軸

@01@02昨日話題にした長い軸、短い軸の代表がこちら!

上は(たぶん)20年以上前に製造中止となったプラチナ・グラマーのスチール製ペン先付き。

14金ペン先付きは1万円、スチール製ペン先付きは3,500円だったと記憶している。

ヨーロッパ共通カートリッジのみが使える短軸だが、存在感は抜群だった。

当時は飛ぶように売れた記憶は無いのだが、今なら結構売れるはず。

そのためにはぜひ14K-Cニブ付きで出して欲しい。定価25,000円(税込み)なら絶対に売れる!

キャップを後ろに挿すと、極めて安定感が増す逸品。

拙者にとっては、古今東西一番綺麗な字が書けたのが、このグラマーだったのじゃ。

名前の昭和臭もいいではないか!閉じて10僉∩泙靴13僉∩泙気覆い9僉

もう一方は筆記時の長さが約19僂箸覆蝓▲廛薀船覆離妊好ペンの筆記時全長よりも長い。

こちらは秋の泉筆五宝展2020 第二弾の軸で、14K-EFのアマビエ刻印付きロジウム鍍金ニブ付き。

2020年は長軸、2021年は短軸と行きたいところなのだが、なかなか良いアイデアが出てこないでなぁ〜。


Posted by pelikan_1931 at 23:43│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック