2020年12月12日

初登場では不思議と人気が無かった?プラチナのニース・リラ

@01こちらはペンケースから出すたびにうっとりとしてしまうプラチナのニース・リラ。

拙者はジジイなので手がカサカサですべりやすくなっている。従って深い溝のあるNICEは実に握りやすくて好き!

最初に先行販売されたのは姫路のお店だったが、同じタイミングでKOBE Pen Showが開催されており、そこに展示されていた。

先行販売期間なので、本来は販売できないはずだが、売りますよぅ〜という声をかけていただいた。

不思議なことに、2日目になってもほとんど売れてなかった。この薄いピンク色は乙女心をくすぐらなかったのかなぁ?

もっとも当時は、今のようなインクブームではなかったので、KOBE Pen Showも女子率がさほど高くなかったような気がする。

拙者はある一点だけが気に入らなくて、その場では見送ったのだが、正式発売と同時に購入した。

ただし、コンバーターは、ピンクゴールドのものを挿している。オリジナルはシルバーのコンバーターだったのでな。


@02@03センチュリーのペン先はペンポイントが大きくなるほど美しい。

最高はC(コース)なのだが、そちらは研ぎの練習素材と考えており、実際に使うのはBくらいが良い。

また形状もBが一番美しいはずだ。切り割りも真ん中に入っており、まさにプラチナ・クオリティ!

海外物では、さすがに 7:3 はめったにないが、スリットの位置が  6.5:3.5 くらいなのはたまに見つかる。
 
6:4 くらいになるとしょっちゅう見つかる。5:5にスリットが入っている完品が見つかるとSNSを騒がせるくらいのメーカーもある?

首軸の内部には白いソケットがとりつけられており、このソケットは首軸内部に固定されていて外せない。

実はWAGNERの限定万年筆では、ソケットを透明にしてもらっている。

どちらが好みかに関してはいろいろ意見もあるが、最近のものでは、自分の趣味を通させてもらっている。

キャップを後ろに挿し、軸全長の真ん中くらいをつまんで書くと、実に気持ちよい。

唯一の問題は、好み通りの字の形状にならないという、万年筆側に何の責任も無い現象が頻繁に起こるということかな・・・


Posted by pelikan_1931 at 22:19│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック