2021年01月10日

【 Warl Eversharp Red Ripple 14K-Flexible 】(アーカイブ 2008年6月)

最新の Google AI の COVID-19 予測(1/8-2/4)によれば、一都三県の陽性者数は2月4日まで増え続け、最終日には東京都だけで6000人/日の陽性者が出るとか。

前回の予測では、もっと早く6,000人/日の感染者がでるものの、その後は収束する予想だったが、まったく様相が変わってきた。

そこで
1月16日(土)に開催予定だった表定例会@WAGNER中止!



以下は、Warl Eversharp の修理記録。現在の復刻したWarl Eversharp にもFlex Nibがあるが、似て非なる物。

復刻眼は腰が無い18金ペン先を使っているが、本来のFlex加減を出すには、14金のFlexの方が良さそう。



2008-06-28 01今回は修理。患者はエバーシャープ赤縞エボナイト軸。症状はまったくインクを吸わないこと。

古い萬年筆ゆえ、インクサックが溶けてしまっているのだろうと思った。よくある話なのでな。

昔のRed Rippleは美しい!偶然が織りなす模様であるが、まるでフィヨルドの海岸のように規則的な感じがする。

古い物なのにエボナイトはほとんど曇っていない。良い状態の萬年筆じゃ。

キャップの金具も凝っている。これだけ派手な軸なので、キャップはシンプルにしないと、日本人がデザインしたら野暮ったくなる。

それをここまでエレガントに出来るとはな。しかも鍍金の技術がすばらしい!当時の独逸のへなちょこ鍍金とは雲泥の差!

2008-06-28 02書いてみるとペン先は柔らかいのに、ザラザラする。多少研いでもザラザラは直らない。こういう時は、形状を整えたら研ぐのをすぐに止めた方がよい。


ペンポイントの粒度が荒くて研いでもクレーター状態が直らない。逆に研ぐほど新しいクレーターが下から現れてくる。

こういう場合はインクフローを良くして、書き手の筆圧を下げ、紙にかかる圧力を下げて相対的書き味を上げるのが常套手段。


2008-06-28 032008-06-28 04横から見るとペン先とペン芯の間に多少隙間が出来ている。

しかしペン先のスリットは全く問題無いので、何度か修理しながら今日まで生き延びてきたのであろう。

ただ、その過程で、最低一人はへたくそがいたということかな・・・


2008-06-28 05サックは交換してみたが、まったくインクを吸う気配はない。そこで内部機構を引っ張り出して見たら・・・これでは吸わん!

しかも、拙者も見たこともない仕組み。何か部品が足りないのかも知れない。

こういうのが平気で流通していくのがオークションの世界。拙者は最近はまったく信用していない。


2008-06-28 06役に立たない部品に変わって、FPHなどで販売しているJ-Barを使うことにした。これは形状が【】の字に似ているのでJ-Barと呼ばれている。

ちなみにボタンフィラー用は真っ直ぐなので、I-Barと呼ばれている。

このJ-Barをレバーでちゃんと押せる位置にセットして、胴軸内に押し込む。レバーを立てた時にBarがインクサックを押す状態になればOK。

非常に簡単な修理なので、壊れたレバーフィラーがあれば、WAGNERに持ち込まれたし!


2008-06-28 072008-06-28 08 ペン先のスリットを開いたら、見違えるように超柔らかい書き味になった。

インクフローも劇的に改善。これでWarl Eversharp独特の柔らかい書き味を堪能できるであろう。

このペン先の【EVERSHARP】の刻印は斜めに彫ってある。長いから仕方ないとはいえ、大胆なデザインじゃな。



2008-06-28 092008-06-28 10こちらは横顔。ペン先のカーブに合わせてペン芯を研磨し多少反らせた。

これでペン先とペン芯との間の隙間は無くなりインクフローも安定する。

またペンポイントの腹の部分は依頼者の書き癖に合わせてかなり削り込んだ。以前の角度だと、あまりにエッジがあたりすぎて少々研いでも症状が改善しなかった・・・

これも粒度の粗いペンポイントのせい。現在の国産萬年筆と比べると数段階品質の悪いペンポイントを使っていた時代じゃ。

Vintageを溺愛する人が増えているが、ペン先の弾力を除けば残り全ての面で現在のペン先の方が優れているペン芯性能に至ってはミジンコくらい性能が違う・・・

ペン先の弾力】の魅力にあらがえない人はVintageの世界へ行くのが一般的だが、それでも満足できない人の為に【らすとフォルカン】が開発された。

こちらもぜひお試しあれ。5,000円程度の萬年筆で全盛期のONOTOを越える柔らかさを実現することも可能じゃ。




【 今回執筆時間:5時間 】 画像準備1.5h 修理調整2.5h 記事執筆1h
画像準備
とは画像をスキャナーでPCに取り込み、向きや色を調整して、画像ファイルを作る時間
修理調整とは分解・清掃・修理・ペンポイント調整の合計時間
記事執筆とは記事を書いている時間


Posted by pelikan_1931 at 22:54│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック