2022年05月28日

NANIWA PEN SHOW への出品候補万年筆を紹介

万年筆談話室@016月4日に開催される NANIWA PEN SHOW では、左記のような萬年筆を出品する。

これはごく一部で、合計100本ほどの万年筆を出品する。

MontblancのVintage、萬年筆研究会【WAGNER】や万年筆談話室の過去の限定品、廃業したメーカーの限定品や・・・

お宝限定品、無名だが素晴らしい万年筆を作っている作家やエーカーさんの万年筆、そして・・・

拙者が自分用に追い込み調整して書き味が完璧になり、飽きてしまった万年筆(インクが入っていますので試筆可能)

いずれもインクを入れて使いたい方には、書き癖に合わせて調整してお渡しします。

また、研出し、調整、鍍金、修理などは、時間が許せばその場で完遂、時間がかかるようならお預かりします。

販売前に書き癖を確認し、合わない場合は売りません。

購入者と万年筆がともに幸福になれるように、双方が歩み寄れるのが最高。

それを称して、万年筆を嫁にやる/婿にもらうと呼んでいます。関西ですので、持参金の交渉は大歓迎!

今回はVintage 万年筆が多いので、ラメ無しのインクを合わせて販売します。


Krabi skyKrabi sea@01左の2つはイベント限定販売のKurabi SkyKrabi Sea、そして右が樹海へです。

なにより皆さんとの萬談(萬年筆談義)目的での出展です。

ぜひ万年筆談話室ブースには長居して下さいね。たこ吉は調整第一、萬談第二、販売第三です。

今回は販売に関しては強力なサポーターが入っていただけます。

誰よりもセールストークで落ちやすい方なので、過去に嵌まったセールストークを教訓にして販売していただければ幸いです。

調整の方ではアシスタントの方が応援して下さいます。

調整に興味を持ちはじめられたとのことなので、修理調整における仕事の流れやリスクなどを学んでいただければ。

実は修理調整の極意は、まめな水交換と工具整理、ゴミ捨て、相手の表情読み・・・などです。そう、観察と気付きが大切!

初めて組む方々との5時間ほどの共闘!そちらも面白そうなので、お楽しみ下さい。

アーとか、なんじゃこりゃぁ!とかの事件が起こりそうでワクワク! それも含めて楽しみましょう。当然、ツッコミ期待です!


Posted by pelikan_1931 at 23:32│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック