2022年05月30日

紙様の研究レポート 【 Sheaffer PFM 】アーカイブ 2010年2月

以下の記事は、まだ紙様がご自身のBlogを始める前のもの。

特に、
スノーケルの筒の中にある芯を0.2个曚表个掘▲好痢璽吋襪隆匹魏,圭个靴燭泙沺▲好痢璽吋襪寮菽蕊瑤亮个瓩砲覆辰燭箸海蹐鮖罎北着させるようにして書けば・・・

というくだりは、今読んでもびっくり!そういう発想は調整師には持てないなぁ・・・


下記は、紙様からの投稿で、Sheaffer PFM の分解図じゃ。

昨日のWAGNERで、下記3-2の画像にある、スノーケルの筒の中にあるを0.2个曚表个掘▲好痢璽吋襪隆匹魏,圭个靴燭泙沺ΑΑ

スノーケルの先端部の斜めになったところを紙に密着させるようにして書けば、得も言われぬ書き味が実現できるという事例が発表され、調整師一同、大変驚いた!


2010-02-22 0012010-02-22 0022010-02-22 003スノーケルの秘密は、どうやら金属管ではなく、この内部のエボナイト製の芯と思われている。

左の図では、インクが吸入される仕組みが詳しく説明されているので、ぜひ読んでくだされ。

どうやら、今回のレポートは、この後に続く、Pilotのタッチダウン式?への序曲のようである。 


Posted by pelikan_1931 at 23:59│Comments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
この記事へのコメント
研究レポートは2010年〜2012年まで
数回送付しました。

画像処理ソフトも知らない頃の
見難い画像の拙さが目立ちますが
これらの研究レポートが2013年2月から始まる
ブログ「萬年筆グラフ」への布石となります。

当時はWAGNERの会員継続資格が厳格で
「年数回の定例会への参加」または
「研究レポートの提出」が
求められたので 迷わず研究レポートを選びました。
Posted by 紙様  at 2022年05月31日 06:45