2022年09月01日

秋の泉筆五宝展 2022〔フライングゲット予約〕 第9日目

秋の泉筆五宝展 20229月3日(土)に予定通り開催します。

それに先だって、本番に参加出来ない人にも楽しんでもらおうと、今回も【フライングゲット予約】を実施します。

フライングゲット予約の出品者は萬年筆研究会【WAGNER】会員/会友限定ですが、購入はWAGNER会員/会友でなくとも誰でもOK牧場。

今回は1日に8〜10本ずつご案内します。今回は万年筆以外の珍品も少なくありません!

今回は I-1I-9  という番号で管理します。

毎日必ずレアものが出ます。お楽しみに〜!

お申込みは pelikan @ hotmail.co.jp へ。I-1I-9  の番号でお申し込み下さい。   の部分は除いてメールして下さい。

こちらは、萬年筆研究会【WAGNER】会員/会友以外の方でもお申込みが可能です。

折り返し、お振込先の口座番号をお知らせします。

下の画像にあるのは全て清掃・調整前の画像です。お送りする際には再度清掃・整備・調整し、完璧な状態でお送りしますのでご安心を!

なお、初日からの投稿情報も、毎日こっそり変わっています。価格が変わったり、サービスが変わったり・・・毎日、見直して下さいね。




@01-2@01-3I-1 69,500円 新品    

Maiora Limited Edition Liberta Magma 18K-M 

DELTAの創業者であるニノ・マリノ氏が新たに立ち上げたブランドがMiora(マイオーラ)。

最近、ニノ・マリノ氏がDELTAブランドを買い戻してDELTAも作り始めたので、Miora ブランドがどうなるのか不透明。

このモデルは世界限定18本だけ製造された。相場は$1400近くまで行って高止まり。国内の設定価格は106,000円だった。

SEMエボナイト(独逸製)を使っているにもかかわらずインク窓のある回転吸入式という不思議な構造。

万年筆マニアが設計しただけあって、おもわずニヤっとしてしまうところもチラホラ!

元箱付きで提供する唯一のフライングゲット商品です。箱が不要な方は事前にお知らせ下さい。箱付きは送料が高くなります。

キャップをポストしてもしなくても、ともかくバランスが良く書きやすい。

樹脂製だったDELTA ドルチェヴィータ・回転吸入式をエボナイト製に替えたようなモデル。

回転吸入式ではありますが、内部に汎用の吸入式ユニットを埋め込んだモデルです。

尾軸を左に捻ると、ブラインドキャップが外れるのでその内部のネジを左に止まるまでまわし、その後右にカチカチ音がするまで捻って吸入!

インク瓶に首軸まで付けてから吸入すると空気が入りにくく、吸入の失敗でイラっとする事が減ります。



I@02-1@02-2-2 19,500円 中古 売約済 

Montblanc 1950年代 No.142 14C-M ピストン交換済

胴軸後部に修理済クラック ペン先鍍金剥がれ 前期インク窓+後期ペン芯 書き味:超絶!

@02-3No.142の良さは、全盛期のMINOXのスパイカメラのごとく、精密感が凄いこと。そして見た目よりもはるかに重い!

胴軸後部にクラック修理したあとがあるが、吸入にはまったく問題なし。

ペン先は中央部の鍍金が剥がれてるので、ご希望があれば再鍍金します。(2,000円:マスキング必要)

まぁ、コレクションには向きません。機構が壊れるまで徹底的に使い倒して下さい。非常に実用的で、精密感も半端ないモデルです。




@03-1@03-2I-3 22,000円 中古 売約済

Montblanc No.344 赤軸 14C-M 前期インク窓+後期ペン芯 書き味超絶!

No.344の赤軸はなかなかオークション市場に出てこないので、入手したらコレクションボックス直送が一般的。

でもこいつは、まだまだ働けそうな赤軸で、ペン先未調整でも最高に書き味が良い!

弾力もあり、腰もあるという不思議な書き味。一度使うとやみつきになりそうな予感がする。




@04-1@04-2I-4 25,000円 未使用品 売約済  

WAGNER 2019 黄色軸 トライバル刻印 

プラチナ製 センチュリー が ベース 14K-M


WAGNER 2019は赤軸と黄色軸を同時に作ったモデル。ペン先の刻印も何種類かあった。

その中で黄色軸に猪があしらわれたこのモデルが人気最高だった!

特に海外からの問合せが多かったモデルでもある。拙者の手元にも一本も無かったので再会が嬉しいモデルだ。



@05-2@05-3I-5 40,000円 未使用 売約済

WAGNER 2016 紫軸
 地上絵(猿)刻印 

セーラー製 プロギア・レアロ が ベース 21K-MS
 

@05-1先日掲載されたのがプロフェッショナル・レアロ ベースで、こちらはプロギア・レアロ ベース。

2015年当時に注文受け付けした際の ”2タイプ作るけどあなたはどちら?” というアンケートによれば・・・

プロフィット・レアロとプロギア・レアロの人気はほぼ同じだったが、今ではプロギア・ファンの方が多いのだろう。

紫色を忌み嫌う韓国では不人気で、ソウルペンショーでは見向きもされなかったが、台南ペンショーでは大人気だった。

中国、台湾、日本では紫は高貴な色となっているが、韓国ではすこし事情が違うようだ。



@06-1@06-2I-6 20,000円 未使用 売約済

パイロット 旧型 デラックス漆 赤軸 14K-B

ペン先製造刻印 A692 1992年製造 松江のパピロ21 陳列品 

これは松江に萬年筆研究会【WAGNER】で行った際、パピロ21の(非売品用)店頭ショーケースにあったもの。

Bニブが付いていたので、おそるおそる売ってくれませんかと聞いたら・・・(きっと)しぶしぶ売ってくれた。

展示品なのでまったくの未使用状態だったが、先日、状態確認のために試し書きしてから再洗浄した。



@07-2@07-3I-7 15,000円 未使用品 売約済     

Pelikan M120 アイコニック・ブルー スチール B  

スチール製ペン芯なのに高いなぁ〜と思いながら買った記憶がある。価格は25,000円(税前)だったかな?

@07-1宣伝文句によれば・・・

1955年に発売されたモデル120の復刻モデルとして、2016年に発売されたM120は、

当時のカラーリングGreen/Blackを採用し人気を博しました。

2作目となる「Iconic Blue」は往年の人気モデルのデザインに深みのあるブルーを使い、印象的で魅力あふれるモデルに仕上がっています。

ゴールドプレートされた高品質なスチールペン先は、心地良い柔らか味をもち、1889年の価格表に使われたデザインが刻印されたオリジナルペン先です。



@08-1@08-2I-8 11,000円  売約済

Kaweco AC スポーツ カーボン・ブラック ペン先交換(シルバー→ブラック)

カーボン製にしては安いな?と感じたのだが・・・調べてみるとカーボン削り出しではない。

アルミ素材を削り出し、側面から、本物のカーボン素材を一枚一枚張り付けたモデルらしい。

白いペン先に抵抗があったので、ブラック塗装のスチール製ペン先を換装しての出品。しかもEFが付いているのでメモにも使える?



@09I-9 7,200円 新同品 売約済  

David Hayward 3.15仗張襯澄次.疋蹈奪彈亜トナカイ革

David Hayward の 3.15仗張襯澄次.疋蹈奪彈亜.蹈轡▲鵐ーフ軸。

200年前の沈没船から引き上げられたトナカイ革を胴軸に巻いた芯ホルダー。

ロシアンカーフのなめしかたは、ロシア革命時に失われてしまったそうだ。引き上げられた革を使ったから出来た軸!

ヘイワード氏自身がハンドメイドでしこしこと作っているらしい。




お申込みは pelikan @ hotmail.co.jp へ。I-1I-9 の番号でお申し込み下さい。   の部分は除いてメールして下さい。

こちらは、萬年筆研究会【WAGNER】会員以外の方でもお申込みが可能です。

折り返し、お振込先の口座番号をお知らせします。


それではGo!
   
早い者勝ちです!


Posted by pelikan_1931 at 07:00│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック