2012年09月08日

テストの珍回答 その14

拙者は最近、小学校、中学、高校で実際に行われた試験での珍回答に涙している。そして自分でも正解できない問いや、同じような間違いを犯しそうな問題も数多くある。
そこで、不定期ではあるが、【テストの珍回答】を紹介しよう。

問いと模範解答を最初の頁に、珍回答をつづきの頁に記す。


1:
 英語NGは何の略でしょうか?英語で答えなさい。 (三重県の高校)           
解答→
   no good  
どうして、no good が正解なのか、拙者にはわからない・・・。問題には英語で答えなさいとある。しかも高校の試験。
ならば拙者なら、
I think "NG" means "no good". とか書けという意味と解釈して四苦八苦したであろう。拙者には正しくはどう表現すべきかは分からないが・・・
その高校で、一学期の間授業を受けていて、阿吽の呼吸で問題を理解出来る人は良いが、他の高校の人には、この問い方は誤解を受けるかも?

 
2: 英語 次の英文を訳しなさい  (東京都の中学校) 
      【Your brother speaks English.】   
  
解答   あなたの兄弟は英語を話す。
この場合、単数形なので、弟か、兄か、双子の兄弟か・・・いろんな設定がある。
日常会話として、”Your brother speaks English."と、他人が自分に話すシチュエーションがわからない。
せいぜい、行方不明だった双子の弟が見つかって、どういう弟ですか?と聞いて答えてくれている長い文章の間に、”そうそう、弟さんは英語を話しますよ!”と意外性を話す場面か? 


3:
英語次の英文を和訳しなさい。 (静岡県の高校) 
      【You are honest.】  
 
 
解答   あなたは正直です。
金の斧をあげましょう・・・とでもいうのだろうか?これ本当に高校の試験なの?静岡の高校ってこんなにレベルの低い英語の試験やるの?中学校じゃないの?
と突っ込みたくなる。これもシチュエーションが良くわからない。
いじめたのは誰ですか?とクラス全員が問い詰められて、それは私です!と告白したのだろうか?それに対する先生のお言葉か?でもそのシチュエーションは小学校か、中学だなぁ・・・ 


4:英語 次の英文を和訳しなさい。  (静岡県の高校)  
   【I want to make a phone call.】       

解答   私は電話をかけたい。
これもシチュエーションを書いてあげたほうが、英語教育としては良かろう。急用を思い出して電話をかけたいのか、会議が長引いて次のアポに遅れそうなので電話をかけたいのか・・・
言葉として英語を教えようという日本の英語教育が成功しないのはシチュエーションを無視するからではないか?
シチュエーション重視で、こういう場合は、こう言え!という反復練習をしていれば、日常会話はすぐにマスター出来たのにと残念でならない。
ところで、I want to make a phone call.て失礼ではないのかなぁ? Excecuse me but I'd like to make a phone call.  とか言った記憶がある。
外資系企業の日本法人の小僧だったから、出張できた外人のお偉いさんにへりくだりすぎていたのかもしれないが・・・ 
  続きを読む

Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(7) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年09月01日

テストの珍回答 その13

拙者は最近、小学校、中学、高校で実際に行われた試験での珍回答に涙している。そして自分でも正解できない問いや、同じような間違いを犯しそうな問題も数多くある。
そこで、不定期ではあるが、【テストの珍回答】を紹介しよう。

問いと模範解答を最初の頁に、珍回答をつづきの頁に記す。


1:
 英語:次の英文を和訳しなさい。 (東京都の中学校) 
      【She is as tall as he is.】           

解答→
   彼女は彼と同じくらい背が高い。  
いまどき、こんな日本語使わないと思う。ちなみにGoogleの翻訳にかけてみると・・・【彼女は彼に劣らず背が高い。】と出てきた。日本語のニュアンスとしてはこちらが正しいと思う。
ただ、【彼女は彼に劣らず背が高い。】と訳した時に、先生は〇をくれるのだろうか?
もし一人でも×をつける先生がいたら、日本の英語教育は根本から見直さなければなるまい。
珍解答は、tallを他の単語と間違えて苦し紛れに訳したのであろう。 


2: 英語 次の英文を和訳しなさい  (東京都の中学校) 
      【I happened to meet him there.】   
  
解答   私は偶然そこで彼に会った。
私は偶然そこで彼に会った。】をGoogle翻訳にかけると、【I met him there by accident.
いずれにせよ、この短文自体を日本訳することに意味があるのか?私って誰?彼ってだれ?thereって何処?会ったのは何時?なんて状況説明がないと、会話や説明文として使えない。
どう考えても日常的に英語と日本語を並行して使っている人が作った問題ではなさそう。試験問題を作る際に最も気を使うのは採点の容易さだと聞いた。そりゃダメでしょう。
特に英語はシチュエーションの説明無しに訳させるのは非論理的だ長寿と繁栄を


3:
英語次の英単語を日本語に直しなさい。 (鳥取県の高校) 
      【human right】  
 
 
解答   人権
Human rights なら 人権 が正解だが、human right なら【人間の権利】と訳すのが普通ではないかなぁ・・・。人間には権利が一個しか無いわけではないからな。

これも文脈の中で表さないとダメな問題。問題作りの時間削減を狙った安直さが不愉快じゃ! 
英語教育の原点は単語を教えることだけではなく、文化をも理解させることじゃ。面倒ではあるが、がんばって欲しい!


4:英語次の文を英語に直しなさい。 (北海道の高校) 
   【Mrs. Green is from Los Angeles.】       

解答   グリーンさんはロサンジェルスから来ました。
え〜!拙者の少ない経験ではこの英文は、【グリーン夫人は、ロサンジェルスの出身です。】と訳すべきだろ!
来ました・・・と過去形にしているが、質問は現在形。すなわち、この模範解答は間違っている?
しかし、珍解答はさらに間違っている。
  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 14:00Comments(7) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年08月18日

テストの珍回答 その11

拙者は最近、小学校、中学、高校で実際に行われた試験での珍回答に涙している。そして自分でも正解できない問いや、同じような間違いを犯しそうな問題も数多くある。
そこで、不定期ではあるが、【テストの珍回答】を紹介しよう。

問いと模範解答を最初の頁に、珍回答をつづきの頁に記す。


1:
 英語:次の単語を英訳しなさい。 (愛知県の中学校) 
      【】           

解答→
   pigeon  
今ならこれに正答できない。一応外資系にいたのでにビジネス英語は使っていたが、鳩なんて単語は出て来なかったなか。ambulance(救急車) は頻繁に使ってたけど。
英語を使わなくなって久しいが、現在最も頻繁に使っている鳥の名前は・・・ pelican いや Pelikan かな?


2: 英語:次の単語を和訳しなさい。 (愛知県の中学校) 
      【comb】   
  
解答   くし
1:と同じ中学校の問題だが、回答者も同じかも?それにしても単語を和訳させるだけの問題って意味あるのかなぁ?教師としては手抜きしすぎでは?
韓国では小学校から英語が必修になっているが、そういう時代が遠からず来る。その時、鳩を英訳せよとか、combを和訳せよという問題を作るような教師が必要なのだろうか?
英語のテストは、ヒアリングと作文になり、後者ではその内容(英語が正しいかではなく、書いていること自体)の質を問われる時代になるはず。
また英語重視の教育ではなく中国語、韓国語も加えた日中韓英の4カ国語は勉強出来る環境が欲しいな。少なくともエリート養成校には。
振り返ってみて、とてつもなく出来る人というのは100人にひとりくらいは存在した。そういう人は大人が考えるよりもはるかに優秀で与えた課題を軽々とクリアーしていた。
そういう子は、小学生からなら4カ国語でも出来るであろう。国民が1億人いれば、そういう人が100万人育つ。
そういう時代には、こういった問題は試験に出ないであろう。


3:英語:次の英文を日本語に訳しなさい。 (鹿児島県の中学校) 
      【Kyoko was born in Tokyo.】    
  
解答   京子は東京で生まれました。
なんでKyokoを京子と訳したのが正解なのか理解に苦しむ。恭子や今日子や響子や匡子や杏子の可能性もある。
従って正解は”キョウコは東京で生まれました。”とするか、どの漢字を書いてもキョウコと判断できれば丸にするかじゃな。
そもそもKyokoが日本人とは書いてないので、Kyokoをキョウコと日本語表記することすら間違いかもしれない。人名の訳は非常に難しい。
強固なんて名前の男の子いそうだしな。山口強固・・・とかカッコ良い!すくなくとも、岡山たこ吉よりは・・・
 

4:
英語:次の(  )に単語を入れて、英文を完成させなさい。 (秋田県の中学校) 
      (   ) do you (   )?  意味:どういう意味ですか?     

解答   (What) do you (mean)? 
その昔、英会話学校にいくつも行ったが、いちばん役に立ったのは、慣用句を使った会話を暗唱してしゃべること。
Why don't you take a cup of coffee?  
Sure!
というようなしゃべくりの練習を毎回最初に15分くらいやってくれた英会話学校の効果が一番大きかった。
このWhat do you mean?  も日常会話の中でよく出てきた。日本語ですら良く理解出来ない拙者の思考回路は、外人さんにはまったく理解出来なかったと見える。

今回の珍解答の中で、一番笑わせてくれた珍解答がコレ!ツボにはまった。
  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 11:25Comments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年08月04日

テストの珍回答 その10

拙者は最近、小学校、中学、高校で実際に行われた試験での珍回答に涙している。そして自分でも正解できない問いや、同じような間違いを犯しそうな問題も数多くある。
そこで、不定期ではあるが、【テストの珍回答】を紹介しよう。

問いと模範解答を最初の頁に、珍回答をつづきの頁に記す。


1:
 社会:女王卑弥呼について記述されているとされる、中国の正史『三国志』の中の一部を通称なんと呼ぶか、答えなさい。 (兵庫県の高校) 
           
解答→   魏志倭人伝  
魏志倭人伝おいう言葉は知っているが、それが三国志に入っていたとは知らなかった。ましてやこんな難しい漢字は書けんがな・・・・
拙者が日本史の試験でびっくりしたのは、【校舎の裏にある操山は卑弥呼の墓である。その根拠を述べよ】という問題だけが出た事があった。
その授業を土井先生がやった日は、拙者は風邪で休んでいた。ああ、おぞましい生涯ただ一回の0点!
ちなみに土井先生は、父の兄と同じ高校の同級生だった。なぜか卑弥呼話になると目を輝かせていた記憶がある。たしか高校の広報誌にも操山=卑弥呼の墓説を書かれたようにも記憶しているが・・・ 


2:
社会:16世紀(中世末期)のキリスト教世界における教会体制上の革新運動である「宗教改革」。その中心となった聖アウグスチノ修道会の修道司祭を答えなさい。 (岩手県の高校)  
  
解答   ルター (マルチティン・ルター)
ものすごい問題文だなぁ。この問題文の中で知っているのは【宗教改革】という言葉だけで、【聖アウグスチノ修道会】というのも【修道司祭】というのも、知らなかった。
そもそも【
マルチン・ルター】と覚えていたのだが、正しくは【マルチティン・ルター】だったとは。
しかし、知らなかったことによって、高校生以降の42年間になんの悪影響もなかった。
ただ、どうして宗教改革が必要だったのか、なぜそれを修道教会の司祭が行ったのか?なんで修道院というものが必要だったのか・・・など知りたくなった。 


3:社会:江戸幕府を開いた人物を答えよ。 (山口県の高校)  
  
解答   徳川家康
徳川家康の漢字を間違える人はいても、知らない人がいるとは思わなかった。体育会系の生徒で、朝練のあとは弁当くって寝るだけ、授業が終わったらまた練習・・・というようなスポーツ特待生の回答かな?
そういえばつい最近まで徳川家康が鎖国したと思っていた日本史オンチの拙者。当然何故鎖国したかの理由など知るよしもなかった。
鎖国を完成させたのは徳川家光で、外国の不当貿易により国家が多大な損失を被った為に、長崎の出島以外での通商及び貿易を禁ずるところから始まったらしい。
問題となったのは、金の海外への流出で、金の兌換率が、日本国内と上海とで違っていたために日中間を往復をして両替をするだけで多額の利益を上げた貿易商人が増えてしまったのが理由だったとか。
情報伝達の遅い当時としては金の海外流出をはかるにはそれしかないと考えたのであろう。
やはり日本は歴史的に外交が弱いんだなぁ。それが鎖国期間によってさらに磨きがかかった気もする。
 

4:
社会:18世紀後半のイギリスで始まった産業革命によって、工業製品を流れ作業で一気にたくさん作る(     )が行われるようになった。 (山梨県の高校)  

解答   大量生産 
てっきり正解はMass Productionだと考えていた。英国で始まった生産方式に日本語で答えるという発想が無かった。それに学校でもマス・プロダクションと習った気がする。
マスプロサンダース君が出てくるマスプロアンテナのコマーシャルが始まったころだったので、【マスプロ】という単語は非常に覚えやすかった。 
大量生産の狙いは、
・生産設備の切り替え中の段取時間などの各種損失を減らして生産効率を高める。
・作業の細分化による各工程の単純化、簡素化により、安い賃金の労働力を活用できるようにする。
・作業者のスキルに依存した部分を減らし、均一な品質の製品を大量に作る。
である。
これにより、商品ひとつあたりの生産にかかるコストを下げることを実現した。
しかしながら、大量生産を前提としたラインでは大規模投資を行って製造ラインを構築するため、固定資産などの固定費が多くかかる。
そのため、生産量が少ない場合など工場の稼働率が低い場合は製造単価が跳ね上がる。
大量生産の効果を出すためには一定の生産量以上を確保しないといけない。
大量生産というのは製造技法だけを挿すのではなく、マーケティングから顧客へのデリバリーまで含めた総合的な概念なんだなと、今さらながら感心。
 
  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年07月28日

【調整に挑戦】について考える

本日の【第3回 y.y. Day】のテーマは【調整に挑戦】・・・ということで、耐水ペーパーやラッピングフィルムを使って、参加者自身に調整の練習をやっていただくコーナーがある。
でもペンポイントを研磨することだけが調整ではないことは理解しておいて欲しい!

万年筆の調整】 という言葉を初めて見たのは筆記具関係のムック本で、神田【金ペン堂】の古矢さんを取材した記事だったと思う。
それまで、自己流でペンポイントを砥石で研いだり、トレーシングペーパーに延々と書いてみたり、はたまた、爪切りの爪研ぎ部分やマッチを擦るところなどで滑らかにしようとはしていた。
ただし、それは【調整】 と呼べる行為ではとはいえず、ただ、ペンポイントをいたずらに擦っていただけであった。

あたしのパパはペリカンのペン先をサンドペーパーの上で研いでいてよ・・・】という言葉に反応して、考えも無く擦っていては良い結果は望むべくもない。何本も何十本もの萬年筆をダメにした。

その時に出会った言葉が、【万年筆の調整】 とか【ペン先とペン芯を結婚させる】であった。その言葉のインパクトはすごかった。聞いた瞬間に全てがわかった気がした。
すぐに金ペン堂に出かけ、古矢さんからOmas 557F パラゴンのEF(調整済み)を購入した。ご多分に漏れず、その時に持ち方を直され、ウォーターマンのブルーブラックインクを同時に購入して帰った。 
さっそくルーペでペン先を確認し、まずはペンポイントの研磨の美しさに見とれた。腹側だけの研磨では綺麗な横顔にならない。裏書きするかどうかにかかわらずペンポイントの背中も研磨してある・・・実に美しい!

それ以降、しばらくは形を真似して【美しくなければ調整ではない!】 とかなんとか言いながら研いでいた。
しかし、そのうち、そのパラゴンが書きにくくなった。調整は一切いじっていないにもかかわらず・・・・。困り果ててさんざん調べてみてわかった。
自分が萬年筆を持つ位置や筆記角度が変わったのじゃ。会社でも自宅でも同じタイミングで椅子を替え、それにともなって筆記姿勢が変わり、筆記角度も変わった。

自分で調整するには恐れ多いMontblanc No.149を携えて世界貿易センタービルにあったモンブランサービスセンターに行き、調整依頼のついでに筆記姿勢の変化による書き味変化を聞いた。 
答えてくれたのは森山さんではなかったが、【確かにそういう事もありますよ。萬年筆は刃物と一緒です。切れなくなったら鎌や包丁を研ぐように、書き味が悪くなったら自分でペン先を研いでいます】とおっしゃった。

これが【萬年筆は刃物】 の原点だった!実は、たったいま思い出したばかり・・・

金ペン堂の古矢さんからは、調整の定義を、モンブランサービスセンターの方からは、調整は日常的に行うべき事を教えてもらった・・・ことになる。 

本日、【調整に挑戦】される皆さんへ、そしてまた、日夜耐水ペーパーでスリスリやっている皆さんへ! 

調整と、研磨は似て非なるもの(研磨は調整の一部)。いくら研磨だけをやっても書き味は良くなりません!調整とは【書き味が良いと感じるように変化させる行為】。 

そして(広義の)調整とは、何も萬年筆をいじることだけではない。 萬年筆のおいしいところだけを使って書くのも、ある意味調整
ガリガリした書き味を【これもまた味わい深いなぁ・・・】と思えば書き味は良く感じるようになる。これもまた( 広義の)調整なのじゃ。

調整】 ・・・萬年筆を自分の変な書き癖にあわせて強引に変形させてしまうことではなく、自分の好みと萬年筆の合の折り合いを付けること、すなわち両者の言い分を調整することと定義しましょうや!
折り合いの中にはインクフローを良くしたり絞ったりすること、ペン先の紙あたりを強くしたり弱くしたりすることも含まれている。また美しさだけのためにペン先とペン芯と首軸の位置関係をいじる行為も・・・ 

さぁ、がんばって折り合いを付けましょう!  
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年07月21日

テストの珍回答 その9

拙者は最近、小学校、中学、高校で実際に行われた試験での珍回答に涙している。そして自分でも正解できない問いや、同じような間違いを犯しそうな問題も数多くある。
そこで、不定期ではあるが、【テストの珍回答】を紹介しよう。

問いと模範解答を最初の頁に、珍回答をつづきの頁に記す。


1:
 社会:ODA、NGOはそれぞれ何の略か。 (島根県の高校) 
           
解答→   政府開発援助) (非政府組織  
高校3年生になった最初の英語の授業で、先生に【UNESCOは何の略なら?】といきなり質問された。教科書には出てないし、それまでに聞いたこともなかったが、それではすまされない。口ごもっていると、【立っとれ!】と言われて次の人が当てられた。当然、答えられない。そうやって何人か立たされたあとで、O君の番になった。O君は【え〜と、え〜と、ユナイテッド、ネイションズ・・・・うぅ】と答えようとするが、先生は【あほうが、きのう教えたじゃろう!立っとれ!】と、クラス全員が立つまでその質問は繰り返された。
その次の授業でも同じ質問が繰り返されたが、その時には何人かが、【United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization】 と答えた。三回目の授業では拙者を含め30%程度が答えられた。UNESCOの略は今でも記憶しているので、ああいう授業もありかなぁ・・・と思う。それにしても、【昨日、で教えたじゃろう】という先生の発言は数学の授業でもよくあった。
当時の進学校の塾は、学力不足の者が行くのではなく、学校の授業では向学心を満たせない者が行くところだったので、たこ吉などは塾に入れてもらえなかった・・・。
そういう背景があって、この問題は明らかにおかしいと判断する。
ODAは何の略か?そりゃ、Official Development Assistanceの略と答えるのが普通でしょう。
NGOは何の略か?きっと、Non Govermental Organizationの略でしょ。ありゃ、間違ってた。正しくはNon-Governmental Organizations だった。
解答とするものを求めるならば、ODA、NGOはそれぞれ日本語ではどう呼ばれていますか?というのが正しい問い方であろう。
もし、珍解答が、ここを突いたものだとすれば、すばらしい!〇はあげられないが、先生に正しい問題の作り方を指導するきっかけにはなる。 


2:
社会:1886年(明治19年)10月24日にイギリス船籍の貨物船が、紀州沖(和歌山県東牟婁郡串本町潮岬沖)で座礁沈没した事件を答えなさい。 (和歌山県の高校)  
  
解答   ノルマントン号事件 
拙者は授業で習った記憶は無いなぁ。和歌山県のローカルな話題だから、和歌山県の高校の試験に出たのかな?と思って調べて見たら、ノルマントン号事件は、日本と欧米との不平等条約の改定のきっかけになった有名な事件らしい。
座礁したジョン・ウイリアム・ドレーク船長以下イギリス人やドイツ人からなる乗組員は全員救命ボートで脱出し、漂流していたところを沿岸漁村の人びとに救助されて手厚く保護されたが、日本人乗客25名はただの一人も避難できた者がおらず、船中に取り残されてことごとく溺死した。これを人種差別だとして新聞各紙は連日、悲しみの論説と弾劾の記事を掲げたとか。
しかし、船の乗組員として教育された人々が、乗客を無視して自分たちだけ逃げるとは思われない。それは海の男の誇りに関わることだ。とするならば、船長の【
船員は日本人に早くボートに乗り移るようすすめたが、日本人は英語がわからず、そのすすめに応じずに船内に籠もって出ようとしなかったのでしかたなく日本人を置いてボートに移った】 というのにも一理ある。問題は、この裁判が領事裁判権にもとづき神戸領事館内管船法衙において海難審判を行う際、日本人の関与が認められなかったことではなかったか?
わけのわからない言葉を話す大男たちが、ボートを指さしながらどなっていたら、自分たちはこのボートに乗せられて捨てられると考えた人いて、それを口にしたら誰一人救命ボートには乗らなかったはず。
いやしくも高校の試験なら、事件の名称を聞くのではなく、この事件がどう扱われ、その後の日本の変化にどう影響したのか?というような問題なら、たとえ解答は出来なくとも、将来役に立つであろう。
それに対して珍解答は事実誤認も甚だしい!授業を休んでいたのではないかと思う・・


3:
社会:1912(大正元)年から13(大正二)年にかけて、第三次桂内閣の成立過程において、自然発生的に起こった第一次護憲運動は、別名で何と呼ばれているか? 岡山県の高校)  
  
解答   憲政擁護運動
これもひょっとするとローカルな問題かもしれない。第一次憲政護憲運動の中心者は立憲政友会の尾崎行雄と立憲国民党の犬養毅。そう犬養毅は岡山県岡山市北区の出身。拙者の祖父は犬養毅の後援会長だったと祖母から聞いたことがあるが、これはあやしい。祖父は札幌農学校のクラーク博士の教え子なので、犬養毅よりもかなり歳が下のはず。当時、年下の者を後援会長にするとは考えられない。自宅に犬養毅の像があったので、祖母が勝手に言いふらしていただけだと思われる。
この問題も・・・多少厳しいなぁ。第一次護憲運動ではなく、第一次憲政護憲運動と呼ばれる場合あったと書かれている。これからの出題者は、Wikipediaも参考にして、どこからつつかれても対応できる問題を作らねばなるまい。
どうせなら、第一次憲政護憲運動に活躍した、岡山県出身の政治家の名前を書きなさい。というほうが、岡山の高校生にとっては向学心を燃やすことになったのではないか?
それに対して、珍解答は・・・体制側からの見方で、知った言葉を適当に書いただけ。でも漢字を知っていたのは偉い!


4:
社会 ダグラス・マッカーサーが率いた連合国最高司令官総司令部を、アルファベット3文字で答えなさい (大分県の高校)  

解答   GHQ 
この問題の出し方は完璧じゃ。ほかの答えを捻り出す余地を与えていない。
ちなみに、GHQは、英語では
General Headquarters, the Supreme Commander for the Allied Powers (GHQ/SCAP)だったらしいが、一般的にはGHQと呼ばれていた。
現在でも外資系企業では本社のことを
HQと略して呼ぶ。拙者が外資系企業に務めていた時、部署の社内郵便番号はHQ-019だった。どうやら司令部のことをHQと呼び、総司令部をGHQと呼ぶのであろう。
珍解答は・・・覚えていたのだが、書くときに似た響きの言葉と取り違えてつい書いたのだろう。かわいそうといしかない。
  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 10:10Comments(8) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年07月14日

テストの珍回答 その8

拙者は最近、小学校、中学、高校で実際に行われた試験での珍回答に涙している。そして自分でも正解できない問いや、同じような間違いを犯しそうな問題も数多くある。
そこで、不定期ではあるが、【テストの珍回答】を紹介しよう。

問いと模範解答を最初の頁に、珍回答をつづきの頁に記す。


1:
 社会:日本の室町時代中期以降に成立し桃山時代に完成されたとされる、柱は角柱、畳は部屋に敷き詰め、明かり障子や襖、雨戸などを備えるという、
      現代和風建築の基本となった住宅様式を答えなさい。
 (愛媛県の高校) 
           
解答→   書院造  
実家の家の造りと一緒だな。とすればあれは書院造か・・・などという想いにふけってしまった。日本史にまったく興味が無かった拙者はおそらくはこの問いに答えられていないはず。
でも建築家を目指す生徒には理系であっても知っておくべき内容かもしれない。
いずれにせよマンションに生まれ育った学生が増えると、書院造を実感したことが無いかもしれない。
それが今回の珍解答を生み出したのかも? もっとも先生は激怒したであろうが・・・ 


2:
社会:中大兄皇子と中臣鎌足が蘇我氏を暗殺し、新政権を発足させた、645年に起こった政治改革を答えなさい。 (茨城県の高校)  
  
解答   大化の改新 
大化の改新の内容は・・・
  1. 罷昔在天皇等所立子代之民処々屯倉及臣連伴造国造村首所有部曲之民処々田荘。
  2. 初修京師置畿内国司郡司関塞斥候防人駅馬伝馬及造鈴契定山河。
  3. 初造戸籍計帳班田収授之法。
  4. 罷旧賦役而行田之調。
 現代語に訳せば・・・
  1. 従前の天皇等が立てた子代の民と各地の屯倉、そして臣・連・伴造・国造・村首の所有する部曲の民と各地の田荘を廃止する。
  2. 初めて京師を定め、畿内・国司・郡司・関塞・斥候・防人・駅馬・伝馬の制度を設置し、駅鈴・契を作成し、国郡の境界を設定することとする。
  3. 初めて戸籍・計帳・班田収授法を策定することとする。
  4. 旧来の税制・労役を廃止して、新たな租税制度(田の調)を策定することとする。

前政権を暗殺しなければなしえなかった大化の改新。まるで平成維新の会がやろうとしていることのようじゃ。それにひきかえ・・・


3:
社会:1549年に鹿児島に来着し、日本に初めてキリスト教を伝来させた人物を答えなさい 長崎県の中学校)  
  
解答   フランシスコ・ザビエル 
普通は間違えない。ただし、その後の日本の玄関口として栄えた長崎の中学の生徒とすれば、ザビエルが鹿児島だったというのが気に入らなかったのかもしれない。
そこでザビエルをスケールの小さい人物として回答したのであろう。

wikipediaの フランシスコ・ザビエルによれば、彼は日本で布教しようとした際、周防の守護大名・大内義隆にも謁見するが、男色を罪とするキリスト教の教えが大内の怒りをかった・・・とある。
当時の日本では男色は一般的だったんだとビックリ!だから歴史はおもしろい。おとなにならないとわからない歴史もあるってことか! 


4:社会 1549年にフランシスコ・ザビエルが、初めて日本に伝えたものを答えなさい (徳島県の高校)  

解答   キリスト教 
こちらもフランシスコ・ザビエルもの。もし長崎の高校であったらキリスト教を間違える生徒はいないであろう。しかし、四国で一番関西に近いと言われている徳島!
とくに、淡路島大橋が出来て以降、四国の中心地は香川ではなく、徳島じゃ!という風潮もある。ATOKの生みの親の会社も徳島!
ということで、フランシスコ・ザビエルにも時代を先取りするものを求めたのであろう。 あるいは受けを狙って・・・
  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年07月07日

テストの珍回答 その7

拙者は最近、小学校、中学、高校で実際に行われた試験での珍回答に涙している。そして自分でも正解できない問いや、同じような間違いを犯しそうな問題も数多くある。
そこで、不定期ではあるが、【テストの珍回答】を紹介しよう。

問いと模範解答を最初の頁に、珍回答をつづきの頁に記す。


1:
 社会:愛知県の三大用水を答えなさい。 (愛知県の高校) 
           
解答→   明治用水、愛知用水、豊川用水 
非常にローカルな問題のような気がする。一般的に県内の話題は小学校、国内の話題は中学校、世界の話題は高校だったように記憶しているが・・・違ったかな?
もっとも、愛知県には、自分たちが世界の中心であると考えている人も多いらしい。
suicaカードを持っていれば、札幌、関西、九州に行くときにはそのまま使えるが、名古屋だけは切符を買う必要がある。manacaはsuicaと互換性がない日本で一番不便なカードだと思う。
ところが、【だからこそ日本中のカードの企画をmanakaに統一すればいい】と言い張るのが愛知県民。
たしかに日本で初めて鉄道カードにポイント制を導入するなど進んだ面はある。
しかしその根源には「日本の真ん中をつなぎ、くらしの真ん中をつなぐICカード」というキャッチフレーズのごとく、常に愛知県が日本の(そして本音では世界の)ど真ん中であるという信念には揺らぎがない。
だからこそ高校生に対して、このようなローカルな問題を出題したのであろう。間違えた生徒はものすごく怒られたらしい。しかも理不尽に・・・


2:
社会:1498年、アフリカ南端の喜望峰を回り、インド航路を開いた人物を答えよ (佐賀県の高校)  
 
解答   バスコ・ダ・ガマ
ユニークな響きだし、ガマというのが日本語にあるので、覚えやすい。出題者も、よもや間違えるとは思わなかったはず。きっと点をあげるための問題じゃ。
そうでなければ【西暦(  )年に、アフリカ南端の(  )峰を回り、(   )航路を開いた人物はバスコ・ダ・ガマである。(  )内を埋めよというような意味無し問題にしたであろう。
社会科の試験に記憶型の問題を出すのは、作る方は簡単だが、生徒の思考力を奪ってしまう。出来れば推理力を試す試験にして欲しい。
バスコ・ダ・ガマの真の狙いは何だったのでしょう?(回答:一攫千金】などの方が少年少女に希望を与えるだろう。 


3:
社会:熱帯・亜熱帯地方の広大な農地で、先住民や黒人奴隷など賃金の安い労働力を使って単一作物を大量に栽培するという大規模農園の名前を答えなさい 三重県の高校)  
 
解答   プランテーション
実は珍解答は、これを【珍解答】と定義した側よりも数段思慮深いものとなっている。ひょっとしたら、採点した先生を試したのかもしれない。二重三重にトラップをかけて・・・もしそうなら末恐ろしい大人物じゃ!

プランテーションで作られていたものは・・・
サトウキビ (ブラジル、インド、中国、マレーシア)
(インド、中国、スリランカ)
カカオ (コートジボワール、ガーナ、インドネシア、マレーシア)
コーヒー (ブラジル、ベトナム、コロンビア)
バナナ (インド、エクアドル、フィリピン、ブラジル)
アブラヤシ (インドネシア、マレーシア)
天然ゴム (タイ、インドネシア、インド、マレーシア)
そう、中国も植民地として厳しい生活を強いられた歴史がある。ちゃんと歴史を勉強していた人なら、日本の国土拡大戦略を慎重に実施したかも? 


4:社会:1918年に成立した原敬内閣は、外務大臣、陸軍大臣、海軍大臣を除いて全員が立憲政友会で組織されていた。このような内閣を何と言うか (滋賀県の高校)  

解答   政党内閣
そもそもこの問題を社会の問題というのが正しいのだろうか?拙者が高校生の時代には、社会は日本史世界史地理政治経済からなっていた。
興味があったのは【経済】だけで、理系の拙者にはあとはまったく興味を引かない内容だった。
ところが社会に出てみると、理系学科はまったく役に立たず、一番重要なのは英語で、地理、経済、政治、世界史、日本史の方が化学、物理よりも役に立っている。
さて、この問題が日本史なのか、政治経済なのかが気になるなぁ・・・
いずれにせよ、珍解答した学生が現在の政治に関して憂慮している【出来た子】であるのは間違いない。新聞の政治欄にはかかさず目を通し、日本の政治家に危惧を持っていたはずじゃ。 
  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 11:30Comments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年06月30日

テストの珍回答 その6

拙者は最近、小学校、中学、高校で実際に行われた試験での珍回答に涙している。そして自分でも正解できない問いや、同じような間違いを犯しそうな問題も数多くある。
そこで、不定期ではあるが、【テストの珍回答】を紹介しよう。

問いと模範解答を最初の頁に、珍回答をつづきの頁に記す。

1: 社会1882年(明治15年)4月6日に、岐阜で暴漢に襲われた自由党党首板垣退助が、襲撃された際に叫んだと言われる言葉を答えなさい。 (新潟県の高校) 
           
   解答→   板垣死すとも自由は死せず(吾死スルトモ自由ハ死セン)   
   板垣死すとも自由ハは死せず・・・というのは知っていたが、本当は【吾死スルトモ自由は死センというのは知らなかったなぁ。
    それにしても何故カタカナ表記なのかがわからんが・・・
    それに対して珍解答は、忠臣蔵の赤穂浪士が友人に残した言葉のよう。まことにありそうな言葉だが、少なくとも暴漢に浴びせる言葉ではない。そもそも覚悟して襲われたわけでもない。
   板垣退助の昭三肖像は、昔の100円札に出ていたので頭に焼き付いている。ずいぶんと髭の立派な人だなぁ・・・という印象だった。
   調べて見ると、暴漢に襲われた時は45歳。で、亡くなったのは82歳。がーん!拙者はてっきりこの暴漢に襲われた時に死んだのだと思ってた。トホホ・・・

2:社会原材料などを外国から輸入し、それを加工してできた製品を輸出する貿易方法を答えなさい。 (兵庫県の高校)  
           
   解答   加工貿易  
   この質問も詰めが甘いような気がする。原材料の象牙(禁輸品)を輸入し、それを軸に加工して出来た萬年筆を輸出することも加工貿易というのかな?
   すでに絶滅したマンモスの象牙をシベリア永久凍土から掘り出して輸入し、ソレを萬年筆に軸にして販売(海外も含めて)した例は、セーラーにあるが・・・
   珍解答はそのあたりを考えた思慮深い回答かもしれない。 

3:社会1620年11月21日(ユリウス暦11月11日)、清教徒たちを乗せてアメリカに到着した、アメリカ植民化のシンボルと言われる船の名前を答えなさい。 (福井県の高校)  
           
   解答   メイフラワー号  
   いくら歴史音痴の拙者ですらメイフラワー号は知っている。しかし、社会人になってから、ただの一度もメイフラワー号が拙者の回りで話題になったことは無い。
   米国在住の人ともランチ、ディナーを何度もしたが、そこでも話題としては出て来なかった。このメイフラワー号をという名前を記憶させてテストにまで出す意味は何だろう?
   それよりもメイフラワー号には100人ほどの乗客と25人ほどの乗組員がおり、その100人の乗客の三分の一はイギリス国教会の迫害を受けた分離派に属していた。
   そしてこのピューリタンの非国教徒の一派が信教の自由を求めてこの船に乗った。
   すなわち迫害を受けた人々が英国に住めなくなり新天地を求めた。だからこそ本気で開拓に励んだ結果として米国が出来た(本当かどうかは知らないが)というようなストーリーを教えて欲しかったなぁ。
   そうしたら歴史が好きになっていたかもしれない。少なくとも今は歴史がおもしろいと感じている。

4:社会:次の文章を読んで◇◇を埋めなさい (兵庫県の高校)  
   細川勝元派(東軍)と、山名持豊(西軍)とが、1467(応仁1)年から11年間、京都を中心に続けた戦乱を◇◇の乱という。
         
   解答   応仁の乱  
   いくらなんでも応仁の乱は聞いたことがあるはず。授業をサボっていなければ。そして1467(応仁1)年・・・なんてヒントもあるので、間違えるわけがない。
   高校が兵庫県であるので、あくまでもウケ狙いと見た。それにしても発想の転換がすばらしい。
   もし採点の先生が珍解答の意図に気付いたら・・・悩むであろうな。問題の最後の表現を変えるべきだったと・・・
 
  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年06月23日

テストの珍回答 その5

拙者は最近、小学校、中学、高校で実際に行われた試験での珍回答に涙している。そして自分でも正解できない問いや、同じような間違いを犯しそうな問題も数多くある。
そこで、不定期ではあるが、【テストの珍回答】を紹介しよう。

問いと模範解答を最初の頁に、珍回答をつづきの頁に記す。

1: 国語に適当な漢字を入れて、四字熟語を完成させなさい (兵庫県の中学校) 
              
   解答→      この問題も四字熟語の定義によっては 複数の回答が考えられる。たとえば、  とか、とか、とか頭を捻ればいろいろ出てくる。
  単に暗唱した【】 を書かせるより、頭を捻って珍回答を思いつく事の方が、将来の役に立つはずだ。
  中学校のテストは験であり、んだことをすのが目的かもしれない。しかし重要なのは頭を捻って考える訓練をさせること。でないと画一的な考え方をする子供が増え、国家の総知力は低下傾向となる。
  そういう観点からすると、今回の珍回答は頭を捻った感じがまったくしない。少年よ!もっと頭を捻れ!真剣に考えて見よ。
  問題を出す方は、【
という4字漢字を出来るだけたくさん考えなさい。ついでに意味も書きなさい!・・・なんて方がおもしろい。個数制限がない方がみな最後まで真剣に考えるはず。

2:国語味噌汁を丁寧語にしなさい (鹿児島県の高校) 
    
   解答→  御御御付  少なくとも拙者の使っているかな漢字変換では、おみおつけ御味御汁としか変換されない。を使う場合も御御御付けと記述する場合が多い。
  また御実御汁食というのが正しいという説もある。つまるところこの問題はダメ問題じゃ!教室で教えたことを生徒に迫るだけ。これでは国語嫌いを加速させるだけ。
  拙者が高校3年の夏休みまで国語系や地理・歴史系を避けていたのも、ずっとこういう教え方をされていたから。もっと国益にマッチした教え方をして欲しかった。 
  この問題は全て漢字で書けとは書いてない。そこをついた珍回答は見事!少なくともこの問題を作った先生よりも文化度が高い。

3:
社会 【 】に当てはまる語句を答えなさい。(香川県の中学校) 
  徳川家重に将軍の座を譲った後も大御所として権力を維持し、米相場を中心に改革を続けていた八代将軍・吉宗は、その政策から【 】将軍と呼ばれていた。
  解答→ 将軍  地理も歴史も苦手な拙者はこんなこと知らなかった・・・中学生以下。 
  ただし中学生時代の拙者なら、その推理力を生かして、文脈から【 将軍 】を導き出していたであろう。しかしそれは全く意味が無い。
  吉宗が行った改革の中身は何だったのか?なぜ相場を改革しなければならなかったのかを、現代になぞらえて教えてくれる先生がいたら生徒は伸びる!
  珍解答は論外なのだが、よく漢字が書けたなぁ・・・と感心。拙者なら△くらいはあげたい。

4:社会 人類には、主に4つの種類があると言われています。その4つを全て答えなさい。(熊本県の高校)  
  【    】 【    】 【    】 【    】                     
  解答→  コーカソイド ネグロイド モンゴロイド オーストラロイド   
  こんな分類は拙者は習った記憶がない。40年以上前なので忘れているだけかもしれないが、少なくとも、その後40年間、ただの一度も必要に迫られた事はない。
  こうして考えてみると、基礎教育の学問は無用の用みたいなものかな?  珍解答はこういう人類を分類し人種差別の元になることを危惧した生徒の解答であろう。知性はともかく、切り返しとしてはおもしろい!
  出題した方も、おもわずシャッポを脱いだかもしれない・・・ 
  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年06月16日

テストの珍回答 その4

拙者は最近、小学校、中学、高校で実際に行われた試験での珍回答に涙している。そして自分でも正解できない問いや、同じような間違いを犯しそうな問題も数多くある。
そこで、不定期ではあるが、【テストの珍回答】を紹介しよう。

問いと模範解答を最初の頁に、珍回答をつづきの頁に記す。

1:国語:【気の置けない仲】とは、どういう間柄のことを言うか、答えなさい。(三重県の高校)               
  模範解答→ 【遠慮したり気を使ったりする必要がなく、心から打ち解けることができる間柄】  
  良識あるヘンタイ倶楽部における親方とケロリン、あるいは親方としげおちゃんの関係は、むしろ珍回答の方が近いかもしれない。

2:国語に漢字を入れて四字熟語を完成させなさい (佐賀県の高校) 
  
   解答→    この問題は四字熟語の定義によっては複数の回答が考えられる。たとえば、れとか、成 など。 
  珍回答も最初に浮かんだ言葉を機械的に埋めただけのように思われる。ただ、少し下品。 

3:
国語 【〜たり〜たり】という語句を使って文を作りなさい。(岡山県の高校) 
  模範解答→ プラチナのペン芯はかたいので、いつも捻ったり引っぱったりする必要がある
  こういう事例を書いてから自分で考えさせれば変な答えは出て来ない。しかし【〜たり〜たり】を使えというような抽象的な表現ではイメージが湧かなかったのであろう。

4:
国語  に漢字を入れて四字熟語を完成させなさい  (埼玉県の中学校)  
                 
  解答→   ほかに答えはありません。
  これは中学生には難しい問題だが、珍回答は高校生レベルの回答じゃ!すばらしい!
 
  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年06月09日

テストの珍回答 その3

拙者は最近、小学校、中学、高校で実際に行われた試験での珍回答に涙している。そして自分でも正解できない問いや、同じような間違いを犯しそうな問題も数多くある。
そこで、不定期ではあるが、【テストの珍回答】を紹介しよう。

問いと模範解答を最初の頁に、珍回答をつづきの頁に記す。

1:国語:【不快】という言葉を使って文章を作りなさい。(高知県のK高校)               
  模範解答→ 【満員電車はとにかく不快だ】  コレって本当に模範解答になるのかな?そもそも高知県に満員電車なんてあるか? 問題の難易度も中学生程度だし・・・
  今回の珍回答は実は正解なのだが、何故か×をつけられてしまった・・・

2:国語 ドイツの日本語表記を答えなさい (北海道の高校) 
   解答→  独逸   この問題には知性が感じられない。独逸を手書き漢字で書く機会は無いはず。しかも国語で・・・こういう問題を出すようでは高校教育は立ち後れてしまう。
  回答者も同じように感じたらしく、漢字で書けないので捻ったらしい
 

3:
国語 【いささか】という言葉を使って文を作りなさい。(富山県の中学校) 
  模範解答→ 師匠の萬年筆を高筆圧でこねくり回すように試し書きして書き味を落としてしまい、いささか申し訳なく思った。
  回答者は用法を十分に理解した上で、遊んだようです。それが採点者には気にくわなかったのか・・・

4:
国語  【脇目も振らずに必死になる】という意味の四文字熟語を答えなさい。(兵庫県の中学校)  
  無◇◇               
  解答→ 無我夢  ほかに答えはありません。
  これは難しい。むがむちゅうという言葉が授業で習った範囲になければ思いつかない。しかもむがむちゅうを漢字で書くのも難しい。無我無中と多くの人が書きそう。
  回答者も無我夢中を思いつかなかったので、強引に当てはめたと思われる。
  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年06月02日

テストの珍回答 その2

拙者は最近、小学校、中学、高校で実際に行われた試験での珍回答に涙している。そして自分でも正解できない問いや、同じような間違いを犯しそうな問題も数多くある。
そこで、不定期ではあるが、【テストの珍回答】を紹介しよう。

問いと模範解答を最初の頁に、珍回答をつづきの頁に記す。

1:国語:【もし〜なら〜】を使って文章を作りなさい。(京都府の中学校)               
  模範解答→ 【もしこのペン先が14金だったなら、もっと弾力があるだろうに
  珍回答はいつものごとく、字面だけを使って文章を作ってしまった。しかも一部を漢字で書くという失態も・・・

2:国語 次の副詞を使って文章を作りなさい。 (宮崎県の中学校)
  【あながち】               
   模範解答→  しげおさんの親方評はあながち間違いとはいいきれない。 まぁ、相当誇張されてはいるが)
  これはやさしそうでけっこう難しい問題なので、珍回答は
例によって字面だけとらえた。あまりセンスのある回答とは言えない。 

3:
国語 【 】内に当てはまる漢字二文字を答えなさい。(岡山県の中学校) 
  【XX】 に美味いものなし              
  解答→ 名物  ほかに答えはありません。
  回答者はどうやら場所と勘違いしたようです。しかしよりによって・・・

4:
国語  【 】内に当てはまる漢字一文字を答えなさい。(広島県の中学校)  
  へそで【X】 を沸かす               
  解答→ へそでを沸かす  ほかに答えはありません。
  珍回答は沸かすという言葉の意味を正しく理解した上で回答した。お湯を沸騰させるのも、会場を沸かせるのも漢字の使い方としては同じ。
 
  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年05月22日

火曜日のアンケート調査 【 究極の選択・・・その16 】

前回はパーロットの 845 vs 一位の木 対決だった。拙者の予想に反して、845:31票、一位の木:9票 とトリプル・スコアで845の圧勝であった。

コメントを読む限り、ペン先のバリエーションが増えても結果はそれほど変わらないであろう。木軸=ブライヤー信仰の強さを感じてしまった。


今回の対決は単なる好みの問題なので気軽に回答できよう。ペリカンの定番品、M800 vs M805 対決じゃ。しかも両モデルに共通に存在する、青縞軸黒軸だけで比較する。

ペン先のバリエーションは同じで、トリムがゴールド( M800 )かシルバー( M805 )かでの対決。ペン先はEF〜O3Bまでどれでも使える条件。

M800  vs M805 じゃ。どちらも税込みで52,500円。

それでは Go
 
  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(51) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年05月19日

先人の教え その95

拙者は四文字熟語故事・ことわざが大好き!そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。
まずは、原文を青字、それの正しい意味を赤字で示す。それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。
これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。

1:月夜に提灯(つきよにちょうちん)
  無益なこと、不必要なことのたとえ。月夜に提灯夏火鉢と続けて言うのが普通。  
  → しげおさんに【しげおさん、下のなまえは何ですか?】と聞く行為は月夜に提灯。しげおにきまってるやん!
  → 【看板商品売れませんねぇ】とどーむさんを慰める行為は月夜に提灯。売れたら看板にならんでしょう。頻繁に看板変えたらあかんでしょ!と突っ込まれて終わり・・・
  → 月夜の日比谷公園を、WAGNERの名札をさらして歩くのは月夜に提灯ではない。警官が【落ち着いてください、しげおさん】と親しげに名前で呼んでくれる。
  → セーラーの提灯 セーラーが広告目的で各地のお祭りに吊していた販促用の提灯。紙様は当然持ってらっしゃいます。
     ペントレ用に作ろうとしたが、何個作っても一個9000円以上と言われてあきらめた。

2:提耳面命(ていじめんめい);
  懇切丁寧に教え諭すこと。相手の耳を引き寄せ、口を近づけて言い聞かせ、面と向かって教え諭す意から。提耳は耳を引き上げ寄せること。面命は目前で言いつける、目の前で教え諭すこと。 
→ 地方大会の後、親方の部屋で開催される反省会のこと。
 
→ 耳をつままれてシバかれる人もいれば、面と向かってアホか!とどやされる人もいる。
→ 寝落ちすると、起きたときには顔にいたずら書きされている。
→ しかもその画像をモザイクなしでネットで流される。(流すのはしげおさん)
→ 【そやろ、ケロリン!】と親方が同意を求めるも、【言うてることがよう理解出来まへん】とうっっちゃるケロリン。
  それを聞くと【もうあかん、しんどいわ】ということで反省会はお開きになる。 これらはすべて伝聞ですが・・・

3:痛定思痛(つうていしつう);
  昔の苦難を振り返り、将来に備えることのたとえ。また、それを今の戒めとするたとえ。
  痛みが治ったのに、その痛みを思う意から。
  → まさに【万年筆評価の部屋】の目的がここにある。
  → その昔、調整方法など知らない頃いじって何百本も潰した教訓を他人に伝え、壊れる万年筆の量を減らすというのが表の目的。
  → とはいってもいじれることを知り、いじって壊す人を育成し、結果として購入する万年筆の量を増やして豪快に貢献するのが、真の目的。
  → 自分の意志ではなく、古山画伯から仰せつかったことですがな。

4:鄭衛桑間(ていえいそうかん);
  国を滅ぼすようなみだらな音楽のこと。鄭や衛は中国春秋時代の国の名前で、そこの音楽はみだらであったという。桑間は衛の地名。王がここで死んだことから、亡国の音楽をいう。
  → 独伊崩壊 独逸や伊太利亜の万年筆はみだらなので家庭崩壊をもたらすということ。
  → 買過落雷 万年筆を買いすぎて奥様から雷を落とされること。多くの会員が経験済み。

  → 総長台風 aurora_88氏(別名:総長)が行く先々で嵐に巻き込まれること。雨男を凌駕!
  → 切割七三 昔のSheafferの切り割りが真ん中に通ってないさま。8:2というのもあったが、さすがに9:1はなかった。
  → 親方我儘右往左往 親方のワガママにふりまわされるしげおさんをあらわした、捻りのない表現。

5:低回顧望(ていかいこぼう);
  心引かれるなどして、行きつ戻りつ振り返ること。低回は徘徊すること。顧望は振り返って見回すこと。願望ではないので字に注意。
  → 万年筆に興味をもちはじめたころ:デパートの万年筆売り場を
低回顧望。
  → そのうち伊東屋の存在を知り、中二階を低回顧望。 
  → ムック本で金ペン堂の存在を知り、神田で低回顧望。
  → 同じくムック本でモンブラン・サービスセンターの存在を知り、森山さんがいないかと低回顧望。
  → 丸善のペンクリニックで、まだ調整を始めてなかった川口さんに、長原先生の話を聞き、お二人を訪ねて低回顧望(おっかけ)
  → 現在の低回顧望の代表事例:WAGNER会場の前で低回顧望。楽しいので受付に気軽に声をかけてね!

  
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年05月12日

先人の教え その94

拙者は四文字熟語故事・ことわざが大好き!そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。
まずは、原文を青字、それの正しい意味を赤字で示す。それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。
これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。

1:虚々実々(きょきょじつじつ)
  言互いに相手の腹をさぐりあい、あの手この手と策略をめぐらして闘うこと。例:虚々実々の駆け引き。
  【虚】は備えにスキのある所、【実】 は備えの堅い所の意。互いに相手のすきを狙い、堅固な所を避けて攻める意から。  
  → 関西地区大会@元町での値切り交渉は奥が深い。
  → 午前中に何かと優しくしてくれた人に気を付けよう。午後、必ず何かむげに断りにくい条件を申し出てくる。
  → 午前中人に聞こえるようにケチを付けまくった人が、午後には小声で褒めそやす。でも金XXXX円しかないんやぁ・・・
  → 前回までのペントレは初日の場所取りに虚々実々の駆け引きがあった。今年はソレが出来なくしたら・・・ 一番に並んだのは世界のコレクターだった。
     やはり駆け引き無しの世界では執念の有る者が勝つ!

2:器用貧乏人宝(きようびんぼうひとだから);
  器用な人は便利なので人に重宝がられるから、一つの事に徹することができないで大成せず、貧乏するということ。
器用貧乏】は器用であるがためにかえって貧乏する意。【人宝】は他人にとっては宝、つまりは人に重宝がられる意。 
→ 中学生の時、左の握力74kg(右65kg)、背筋力200kg以上、懸垂74回、立ち幅跳び3m、垂直跳び82儖幣紂82cmまでしか計測できなかった)だった。
 
→ しかし走るのが遅く、遠投も苦手で、体前屈はマイナス20僂世辰燭里妊好檗璽弔任鰐鯲たず。走り幅跳び:4m10僉柄っても意味なし芳一と呼ばれた)
→ それを中学校の体育の先生は【おめぇは体力の器用貧乏じゃけぇ】 と慰めてくれた。それ以来、器用貧乏と言われると嬉しくなる。
→ 趣味の世界では、ノリが良く、腰が軽い【器用貧乏】な仲間が好きだな。
→ でももっとかわいがられるのは【不器用貧乏】とか【不器用美貌】の人かな?やはりいじって遊ばれるのが最高の貢献じゃ!

3:ただの鼠ではない(ただのねずみではない);
  良きにつけ悪しきにつけ、油断のならない人間だの意で、その人を甘く見ない方が賢明だということを表す言葉
  例).いつもとぼけたことばかり言っているのに、あれだけの商談をまとめるとは、彼もただの鼠ではないな。
  → ケロリンはただの鼠ではない。 【親方の眼鏡を取り上げた】
  → 旅人はただの鼠ではない。 【おいしそうでも鶴は食わないし、鶴には乗らない】
  → 拙者はただの鼠かもしれない。 【一日中何かを食っている】
  → しげおさんは・・・・下の名前はなんですか?

4:黒風白雨(こくふうはくう);
  暴風とにわか雨。暴風雨。【黒風】は塵や埃を巻き上げる強い風。【白雨】はにわか雨。
  → aurora_88氏は地方大会に黒風白雨を(かなりの高確率で)呼び込む
  → aurora_88氏は6日間は沖縄にいてまだ青空を見たことないらしいが、拙者が仕事で那覇を訪問した時には必ずピーカンの快晴!
  → 高松大会、岡山から参加した拙者はセーフ、羽田から飛ぼうとしたaurora_88さんとBromfieldさんは、朝から羽田で大宴会をするハメに・・・
  → 鹿児島で火山灰まみれになったaurora_88さん。拙者はラーメン食べに行ってセーフ!
  → 第1回関西地区大会@新大阪は浜松付近で台風で6時間停車。拙者は岡山から上ってでセーフ!
  → 徳島空港からの帰り、飛行機に鳥が飛び込んで淡路島大橋を渡った。拙者は1本前の便でセーフ!
  → はたしてaurora_88さんが不運なのか、拙者が強運なのか・・・

5:孤軍奮闘(こぐんふんとう);
  支援する者がいない中、一人で懸命に闘うこと。また、一人で難事業に向かって鋭意努力すること。孤立した少数の軍勢が、敵と懸命に戦う意味から。
  → 萬年筆のしんがり戦を闘おうとした万年筆博士と古山画伯の孤軍奮闘

  → ユーザの意見を聞こうとして岡山丸善からペンクリを始めた川口先生の孤軍奮闘 
  → 個々人に合わせた調整を施して万年筆を売ろうとした森山さんの孤軍奮闘
  → それらが実って各地にペンブティックが出来てきた。孤軍を大きくしたのはお客様の評価だが、その根底に孤軍奮闘した人の人柄があるのを忘れてはならない。
  → 親方と拙者が長時間食事に行っている間に孤軍奮闘するwakameちゃん@名古屋大会。労働組合結成の噂もあるが、労働者が少ないので頓挫中。
  → しかし長期のストライキを計画中という噂もある。とりあえず関西地区大会はパスするらしい。

6:虎穴虎子(こけつこし);
  危険を冒さなければ大きな利益は得られないことのたとえ。虎穴に入らずんば虎子(こじ)を得ず。             
  → 虎穴虎子!と親方にツッコミを入れるしげおさん
  → しかし、尼の虎穴天の岩戸の尼崎版)に入る前にシバかれて虎子(ケロリン)を捕獲できず。 
  → 既に虎子となって虎穴に入っているケロリンは、虎のタマを取ろうとしたが、眼鏡をとっただけで終わった。
  → 結果、ケロリン→ケロロンと出世し、アポロンまであと一歩のところまでだったが、降格されてケロリンから出直し。
  → しかし両国で、自身初となる他人のハンドルネーム名付け親となる。【五平餅】と名付けられた青年の将来や如何に?
  → 先日の水道橋に【五平餅
さんが現れ、ハンドルが変わってないとaurora_88さんに直訴。本日の札幌大会より、ちゃんと会員場号00180五平餅】と記されている。

  
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年04月28日

ペントレ後の主要筆記具など

0102毎年の事ながら、ペントレが終了すると萬年筆の整理と日常使いの筆記具の見直しを迫られる。
今回のペントレではM320のオレンジ軸についていた14C-Mニブ(旧型)を画像左側画像の14C-Mニブと交換してお嫁に出してしまった。
旧型ニブは左側画像の14C-BBニブと同様のエラの張った形状をしており、紙当たりも非常に柔らかかった。嫁ぎ先が別嬪さんだったのでなぁ・・・。

03040506そこで予備の14C-BBニブをオレンジ軸に装填して保管することにした。実は今回のペントレの目玉は、M320のグリーン軸!3時間だけ18C-BBニブを装填して展示したのだが、誰もペン先の変化に気付かなかった。正直ホットした!

実は今回のペントレでは合計5つの仕掛けをしたのだがバレたのは皆無!危険なカケだったがな・・・

意表を突かれたのは40時間以上かけて自分用に調整していた島桑が嫁いだこと。前回の神戸大会でのM900トレド、萬年筆研究会五周年記念と会わせて三大誤算であった。

07再度気にいる調整を施すにはかなりの期間を要するので、緊急措置として次の三本を準備した。いずれも持ち歩き用。

最初はインジェニュイティ。第五世代の筆記具と呼ばれているが確かに良い。よく調整された萬年筆と書き比べて見ても、万年筆愛好家以外なら、ほぼ全員がインジェニュイティを選ぶであろう。拙者ですら筆記音にさえ我慢できれば(書き味なら)インジェニュイティを選ぶ! 

08すでに体中いたる所に傷が付いているがまったく心は痛まない。しょせん使い倒す物という気持ちが強く、コレクションにしたり愛でる感覚は無い。他人の萬年筆が傷だらけなのを見ると気になるが、ひょっとするとその人は、単なる筆記具として萬年筆と接しているのかもしれない。価値観の強制はやめよう・・・と悟った。 

0910このインジェニュイティであるが見事に拙者の書き癖に合わせて変化してきている。萬年筆は調整直後が最高の書き味で、そのごは劣化するのみ!と公言して萬年筆愛好家の夢を潰している拙者ではあるが、このインジェニュイティに関しては、使うほど書き癖に馴染むというのを否定できない。事実、どんどん良くなっていくし、その状態が維持される。ただしレフィルが空になったら、また最初から・・・だが。 

11いくらなんでもインジェニュイティだけで用が足りるわけではないので、そこは最近お気に入りのParker 75のセットを使っている。コレクションアイテムとしてはともかく、実使用の筆記具としては考えたこともなかったが、10本以上を続けて調整する過程で、その筆記感に惚れ、インクを入れて使い出した。 

12実はParker 75で一番好きなのは回転操出式の時代のペンシル。こちらは貴重なので全てコレクション対象としており自分では使わない。次がボールペン。高級ライン?なのにノック式というのが気に入っている。実際、ビジネスの現場でボールペンを使う場合、キャップを外したり、手で持ち替えて捻ったりという時間がもったいない場合も多い。その点、キャップノック式のParker 75のボールペンは高級感を損なわずにノック式を実現した逸品じゃ。

弱点は書き味だったのだがParker 対応のeasy FLOWが出たので怖い物無し! 萬年筆並みの筆圧で書ける青インクとして常用している。

13萬年筆に関してはそれほど使用するチャンスがあるわけではない。たまにいたずら書きをする程度。そもそもParker 75のペン先の感触はそれほど好きではない。ところがParker 75にプリミアの18金ペン先を付けると世界は変わる。実はこういう使い方をしている人は多い。

1415グリグリとした男っぽいParker 75の書き味が(少しだけ)淑女の書き味に変化する。
チャールズ・ブロンソン的書き味がヒラリー・クリントン風に変わったという感じかな?(わかんねぇだろうなぁ・・・)

最初は数年前に高松で発掘した悪名高きペンマン・モカのカートリッジを入れたが、翌日になるとインクが出ない。分解すると空気穴でインクがドロドロに固まっている。
もはや絶対に萬年筆に入れてはいけないインクだ!でもカートリッジは綺麗なので、Pelikanのブリリアント・ブラウンを注射器で詰めて使用している。
萬年筆の重さと、筆圧と、インクの出る量が微妙にバランスした絶妙の書き味になった!

  
Posted by pelikan_1931 at 13:00Comments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年04月07日

先人の教え その91

拙者は四文字熟語故事・ことわざが大好き!そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。
まずは、原文を青字、それの正しい意味を赤字で示す。それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。
これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。

1:高みの見物(たかみのけんぶつ);
  高い所から、下で起こっている騒ぎを見物するように、安全な立場から事の成り行きを興味本位に傍観すること              
  → 既に萬年筆の高みに堕ちた人が、これから萬年筆に嵌まりそうな人をいじって楽しむ。
  → 普通の人が、萬年筆の高みに堕ちた人々を、哀れだなぁ・・・と思いながら見物する。 
  → 萬年筆の高みに堕ちた人々が持っている萬年筆を見物する。(この場合、入手に至る経緯の自慢を我慢して聞くのがルール) 
  → 萬年筆研究会【WAGNER】会場の入口から会場内をのぞき込んで、なんて異様な集団なんだ・・・と呆れる。

2:体で覚える(からだで覚える);
  技術などを習得する際に、実際に体験することによって、全身の感覚でそれを会得する。              
  → サンエーパーラー(サンエーパールで軸を磨くスペシャリスト)を目指すポロロン(旧名ケロリン)が親方に【もっと早う擦るんじゃ〜】とシバかれながら磨き方を体得していく様子。
  → 自分の萬年筆だけで調整の技を磨こうとしても限界があるので、シバかれるのを覚悟で親方の萬年筆を親方のお昼ご飯の間に調整する・・・・しげおさんの野望! 
  → きっと5月19日の関西地区大会で実行に移されるはずだが、店番のポロロンが身を挺して野望を砕くかも?
  → そうなれば、ポロロンは出世し、ついにアポロンを襲名する。そして次なるターゲットである親方の地位を狙う・・・次回の関西地区大会はおもしろくなりそう!

3:獅子摶兎(ししはくと);
  簡単なことでも全力で努めるべきであることのたとえ。ライオンは兎のような弱いものを捕らえるにも全力でこれにあたることからいう。
  → サンエーパールで軸の傷を消すのには・・・全力で擦れ!全速で擦れ!ということ。
  → 喘息で擦ると波打つので御法度! 
  → しげお旅人は、早い内から親方に芽を摘まれているのでおいそれとは反逆行為には出られないはず・・・
  → しかしポロロンは底の見えない可能性を秘めている!いつかは下克上を目指せ!本来なら親方は
獅子摶兎 で押さえとかねばならなかったのだが・・・
  → とまぁ、【良識ある?ヘンタイ倶楽部】の萬年筆研究会【WAGNER】後の反省会はたわいも無いボケとツッコミで永遠に続くのじゃ。 

4:自縄自縛(じじょうじばく);
  自分の言動が自分を縛って、自由に振る舞えずに苦しむこと。自分の縄で自分を縛ることから
  → 師匠の罠にはまって【萬年筆購入本数年間シーリング】を自分で決めて苦しむ事。
  → 既に年間上限に達し、萬年筆を本数では無く、箱数で数えることでごまかそうとしているヤッターマン。 
  → 本数の上限を守るために購入単価を上げておいそれとは買えなくして守ろうとするクマサン。
  → どちらも涙(と笑い)を誘うが業界への貢献は大きいので・・・がんばれ!ヤッターマン、がんばれ!クマサン。

5:青雲之志(せいうんのこころざし);
  徳(トク)を磨いて、りっぱな人物になろうとする心。また、功名を立て立身出世をしようという心。青雲は雲の上の青い空を意味し、高位、高官、立身出世のことをいう
  → 萬年筆研究会五周年記念【Pilot シルバーン・トク】を銅磨き布で磨くこと。
  → 銀磨き布で磨かず、銅磨き布で磨くのがポイント! 
  → N御大が調査したところ、銀磨き布と銅磨き布の違いは、布の色と含まれている研磨剤の量だけ。
  → そして・・・銅磨き布の方が研磨剤の量が多いことが判明!
  → かくして青雲之志を持つ人は銅磨き布を使い、野心を持つ人はサンエイパールを使う。   

6:星火燎原(せいかりょうげん);
  初めは小さな努力でも、しだいに勢力を増して侮れなくなること。星火は小さく見える星のような小さな火。燎原は野原を焼き払うこと              
  → 最初はたった一人だったのに、急速に勢力を拡大しているグループ。
  → 師匠に【インクト止め式は萬年筆ではない】と邪教扱いされ、秘密裏にはじまった【インク止め研究会】は、もはや萬年筆研究会【WAGNER】内の最大集団に発展!
     ただし、普通の萬年筆をあまり買わないので業界への貢献が少ないと、相変わらず邪教扱い。ただし邪教は迫害されるほど発展する。がんばれ!【インク止め研究会】 
  → 厳然たる序列がある【良識ある?ヘンタイ倶楽部】。ねじ回し1本から立身出世し倶楽部を率いる親方ではあるが、最近クーデターが噂されている・・・ガンバレ!ポロロン、アポロンまであと一歩じゃ!
  → 最初はたった一人だったのに、全国に繁殖しはじめた【半一族】。お互いに会ったことも無いのに団結力がある。ひとえに教祖の人望か?
     弱点は【ニ右衛門認定委員長】 の地位を【良識ある?ヘンタイ倶楽部】に握られていることだが、【半一族】は権威に鈍感なので弱みとは感じてない。どんどん自称【半一族】は増殖していきそう!

  
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(3) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年03月17日

先人の教え その88

拙者は四文字熟語故事・ことわざが大好き!そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、原文を青字、それの正しい意味を赤字で示す。それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。

これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。


1:鯖を読む(さばをよむ);
  実際の数量より多く言ったり、少なめに見せかけたりして、数量をごまかす              

  → 少なく鯖を読む例(1):嫁に問い詰められた際に白状する【今までに購入した万年筆の本数】あるいは【万年筆の購入価格】

  → 少なく鯖を読む例(2):残っている限定万年筆の本数。不思議なことにいつも一本しか残っていない。(最後の一本) 

  → 多く鯖を読む例:あんたみたいに万年筆を持っている人いないでしょう!と嫁に問い詰められた際に言う人数【し、知っているだけで500人以上いる!】
     だが、萬年筆研究会【WAGNER】の会員数が500人を超えたことはない。嘘はすぐにバレますよぅ。聞かれたら真実を答えますよぅ〜!

  → サーバーを読む:アウトソーシングする際に自社のサーバーの台数を少なめに言って値段の少ない見積りを取ること。(その業界では常識らしい)


2:攻守所を変える(こうしゅところをかえる);
  攻める側と守る側が入れ替わる意で、互いの立場が逆になる事。              

  → 高価なジャケットをカードで購入している嫁を責めていたら、宅配便が独逸より到着し、逆に責められ始めた。

  → あくまに萬年筆を自慢していたら、鞄から欲しかったVintage萬年筆をみせられ、【こら持っとかなあかんでしょう〜】と、真正面から背中を押された(ある人の体験談) 

  → 攻守所を変えないスポーツってないのかな?
     なんでスポーツは攻守入れ替わるのかなぁ?攻めるだけのチームと守るだけのチーム。
     ハンデ師がいて、今日は攻める側が一定時間内に何ポイント以上取るかを決めてその経過を楽しむ。(こら博打か・・・)
     個人的には守る側が好き、邪魔が生き甲斐なもので・・・


3:飢腸轆轆(きちょうろくろく);
  腹が空いてグーグーと鳴る形容。非常に空腹でひもじいことをいう。轆轆は車の走る音。ここではグーグー鳴ることを示す。

  → WAGNER参加中の【ダメ出しの女王】さんの12:30ごろの状態。何があってもお昼は抜けない・・・と豪語。

  → 中部地区大会で【WAVIO】さんはお昼を食べさせてもらえず、調整師労働組合を結成しようとしたが、親方に一括されて幻に終わった。 

  → 二次会が始まった直後の拙者の状態。空腹が我慢できなくて、唐揚げをキログラム単位で頼む・・・【鶏の唐揚げ2キロ!】

  → 二次会が終わった直後の拙者の状態:他の人は【おなかいっぱい】と言っているが、拙者は食べている最中におなかが減ってしまう。最初にガッと食べて、あとは食べるペースが落ちる。
     その間に(わらいで)消費するカロリーの方が、取得するカロリーより大きいからじゃ。あんまり笑わせんといて・・・しげおさん!
 

4:釜底抽薪(ふていちゅうしん);

  問題の解決には、根本の原因を取り除く必要があるということのたとえ。釜の湯の煮えたぎるのを止めるために、釜の下の薪を抜き出して火を止める意から。
 
  → 萬年筆購入による家計破綻を防ぐために、本年度購入本数シーリングをするのは根本的解決にはならないということ。

  → 上限本数を決めるのではなく、いつまでは一切購入しないと宣言すべき。 

  → また、宣言した翌日からでは無く、即時有効とすべし。

  → 宣言と同時に、魅力的な萬年筆が目の前に現れるようになるので、購入しなくても楽しめる!人の意地悪根性につけ込んだ安上がりな楽しみ方!



5:赴湯蹈火(ふとうとうか);
  苦しみを恐れず、危険を冒すたとえ。危険を顧みないたとえ。熱さをものともせずに、沸騰している湯に向かい、燃えさかる火を踏みつける意から

  → 萬年筆購入で、相当痛い目に(嫁から)あわされているはずなのに、新型デジカメを次々に買ってしまうこと。

  → デジカメは骨董価値が絶対に出ないので、用途別に使いこなすのでなければお得ではない。 

  → カタログ性能で新型に心をうごかされやすいが、冷静に考えれば、連射枚数は、拙者にはまったく意味が無い。一度たりとも連射は使ったことはないが、カタログ値があると心が揺れる。

  → ま、苦しみを非常に恐れつつも、危険を冒すところが凡人なのかも・・・?



6:輸写心腹(ゆしゃしんぷく);
  心に思ったことを、隠さずに打ち明けること。輸写は気持ちを書き尽くすこと、心中を十分に打ち明けること。心腹は自分の心の奥底。本心まで表し尽くすという意味              

  → 今年、N御大は72歳(琉球新聞では12歳鯖を読んでいた)、たこ吉は60歳、親方は48歳。みな辰年。

  → じゃ、次世代は36歳か、辰年じゃないけど近いから天下はいただこう・・・というケロリン@松江 

  → すでに親方にケロヨン様と呼ばせているらしい。

  → 天下を取ったら、【コルゲン・〇本】と名乗るらしい。そのころにはしげおさんにも多少ボケが回っており、【コルゲンさん、下の名前は何ですか?】と聞くかもしれない。

  
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年03月10日

先人の教え その87

拙者は四文字熟語故事・ことわざが大好き!そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、原文を青字、それの正しい意味を赤字で示す。それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。

これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。


1:懸河の弁(けんがのべん);
  よどみなく、威勢のいい弁舌。懸河は急流のことで、急流のような弁舌の意から。同意語:立て板に水、戸板に豆              

  → みずうみのあくま・・・【懸河の弁】という表現がぴったり。最近はBGMも準備しており、急流が濁流に進化している?

  → しげお・・・【戸板に豆】に間違いなし。ポンポンポンポン突っ込みを入れる。横山ヤスシ型やで。 

  → ケロリン・・・【立て板に水】音がしないのでしゃべっていても聞こえない。いわゆる心の叫び?

  → 懸河の便・・・急流のように威勢よく出る便   親方に辛いもん食わしたらあかん!


2:長い目で見る(ながいめでみる);
  当面の状態だけでこうだと決めつけないで、将来に期待をかけて見守ること。              

  → 左右の目尻の両側を両人差し指で押さえて、左右に引っ張ると、目が長くなる。

  → 失敗したときに、この動作をやったまま【長い目で見てください】と頭を下げる。 

  → 99%の確率で相手は輪をかけて怒るが、1%は笑って許してくれる。何もしなければ100%許してくれないので、1%も許してくれるならやらない理由はない。

  → 欠点は、この動作をすると目が見えなくなるので、鏡による練習ができないこと。
     これを読んで何人が鏡の前で長い目を試すか楽しみ。要報告!


3:断機之戒(だんきのいましめ);
  学問や物事を途中で放棄してしまってはいけないという戒め。機は織物のこと。
  孟子が学問の途中で帰ってきたのを見て、孟子の母はおり賭の織物を切り、学問を途中でやめるのは織りかけの織物を切るのと同じ事だと戒めたという故事から。

  → 学問は途中で放棄してはいけないが、万年筆はペントレで整理しようという断捨離(だんしゃり)すすめ

  → 断捨離(だんしゃり)とは? 
     断=入ってくる要らない物を断つ
     捨=家にずっとある要らない物を捨てる
     離=物への執着から離れる

  → 断:万年筆はもう買いませんと宣言して達成できず、開き直って断りのメールを入れる。

  → 捨:家にずっとある箱あるいは紙袋を箱様やお袋様が捨てるのを期待する卑しい心。

  → 離:家人に見つからないよう、万年筆座敷牢を、生活空間から離して隠す。


4:当面蹉過(とうめんさか);

  目前に見ながら見間違えること。また面前で好機を取り逃すこと

  → 4月のペントレで毎年悔しがる人が現れるが、これには訳がある。

  → WAGNERの販売人は素人なので、販売自体が目的ではなく、会話も楽しみにしている

  → そこで話題性を盛り込んだ展示品(お宝)を、かなり高めの値段設定で紛れ込ませている。要するに売りたくないもの。
     キャップをあけて、ペン先までよく確認しよう。幻のペン先付き・・・なんてのはよくある話

  → それを毎回やるのが、N御大!今年も要注意!



5:暴飲暴食(ぼういんぼうしょく);
  度を過ごして飲食すること

  → 巧言令色、鮮矣仁(こうげんれいしょく、すくなし、じん)
     言葉巧みで顔つきもにこやかな人物に背中を押されないように注意しろという戒め

  → 暴飲暴食、蓄積脂・・・暴飲暴食をすると、脂が蓄積されるということ

  → 青色錠剤、排出油・・・暴飲暴食の前に飲むと油分を一切吸収しない青色の薬があるらしい

  → 青色錠剤、放屁漏・・・この青色の錠剤の効果は絶大だが、副作用がある。おならすると、肛門から油がぴゅっと漏れる。滑りやすいので・・・



6:臨終正念(りんじゅうしょうねん);
  死に臨んでも、心が平静で乱れないこと。また、心静かに念仏を唱えて極楽往生を願いつつ死んでいくこと。正念は往生を信じ、一心に思うこと。              

  → 臨終正念の人は、WAGNER会員にはなれない(陰の教義より)

  → 万年筆が欲しい気持ちを念仏を唱えながらこらえていると、後ろから懸河の弁で、堕とすのがWAGNER。 

  → でも堕ちる先は地獄ではない。【高みに堕ちる】だけ

  → しかし、天国ではなく、あくまでも現実社会なので、家庭内に鬼がいるかもしれない。それは保証の限りではない。

  
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年02月25日

先人の教え その85

拙者は四文字熟語故事・ことわざが大好き!そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、原文を青字、それの正しい意味を赤字で示す。それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。

これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。


1:豚の軽わざ(ぶたのかるわざ);
  太った豚が、身の軽さを要求される曲芸を演ずる意で、みっともなく、見ていられないほど危なっかしい様子のたとえ。【豚の木登り】ともいう              

  → 【ヘンタイの軽業】・・・【ヘンタイ富士登山】ともいう。

  → BMI、ヘモグロビンA1c、血圧のいずれかが標準より並外れて高い集団が、高価な萬年筆を携え、連隊を作って富士山に登ること。 

  → 見ていられないほど危なっかしくて滑稽なのでやめたほうがよい。転じて【無謀な企て】の意。

  → 【ヘンタイ富士登山】の会話を収録すると、後で何度も笑えるか、遺品として涙を誘う・・・


2:大工の掘っ立て(だいくのほったて);
  仕事上、ひとのためにはせっせとやるが、自分のことこなると、専門のことでも手が回らないことのたとえ。
  紺屋の白袴、医者の不養生ともいう。              

  → BMIがヘンタイ集団並みの生活習慣病専門医

  → 禁酒できない医師、たばこが止められない医師 

  → 欲望を抑えられなくて衝動買いする会計士

  → 萬年筆に溺れる萬年筆販売店(兼ラーメン店、兼鞄屋)経営者


3:屨履霜(かっくりそう);
  葛で編んだ夏向きの薄い靴で、冬でも霜を踏んで歩くこと。葛屨霜を踏むと訓読する。ひどいケチのたとえ。

  → 萬年筆は箱買いするが、真冬の釧路と真夏の沖縄の衣装が同じ人。
     最近の魔法瓶のように薄いけど保温力抜群!

  → 千手観音の腕の数ほど萬年筆を持っているが、もったいないからと数本しかインクを入れない萬年筆偏愛家・・・ヲラのこと? 

  → 全国民の背中を押して欲しいのに、行動範囲が著しく限定されているあくま。静寂の北国に音を!



4:僧伽藍摩(そうぎゃらんま);

  僧侶が集団で修業する清く静かな場所。転じて寺院の建物のこと。僧伽は修行僧の集団のこと。

  → 萬年筆愛好家が集団で修行する研究会・・・かな?

  → 見方によっては清らかだが、けっして静かではない。
     物欲を汚らわしいものではなく、清らかな澄んだ心の産物と定義すればだが・・・ 

  → ただし、みずうみのあくま番長Bromfieldしげおもいないと静かになる。

  → いわゆる画竜点睛を欠く状態・・・。最近では【あくまのBGM】もある。



5:聡明剛介(そうめいごうかい);
  賢明で意志強固なこと。聡明は道理に明るいこと、賢明なこと。剛介は性格が強く屈する事がない意。

  → Bromfiend?クマさん?たで食うムシムシ会?ヤッターマン?
     ありえな〜い!強いて言えば聡明暮改(朝した決意であっても、夕方には先送りする潔さ、聡明さを持っている人々)

  → 人間ドックの前日まで禁酒を続けた医師!意志強固ではあったが、(医師として)聡明な判断だったのだろうか? 

  → 聡明合コン・・・聡明なふりをして合コンに参加するが、すぐに馬脚を現してしまうこと。懐かしいなぁ・・・

  
Posted by pelikan_1931 at 11:30Comments(11) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年02月18日

先人の教え その84

拙者は四文字熟語故事・ことわざが大好き!そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、原文を青字、それの正しい意味を赤字で示す。それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。

これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。


1:正札付き(しょうふだつき);
  うそいつわりがなくそのとおりである、という定評がある様子。
  例:正札付きの珍品を手に入れた。              

  → チョークマーク付き : SheafferのPFMやスノーケルに価格を示す薄い塗料が残っていること。こするとすぐに落ちるので使ったら終わり! 故に、未使用が大半!

  → 未開封箱付き : 箱様のコレクション。すごいのは、ただの箱ではなく、ペリカンが国際便用に特別に作った運搬箱にはいっていること。 

  → 未開封買物袋入り : お袋様のコレクション。デパートで購入してきた時の紙袋に入れたまま廊下に並べてある。

  → 泥付き : 発掘?されたときの泥や手垢にまみれた萬年筆。半一族は、こちらの方が好み!ネギや蓮根といっしょかい!


2:お椀を持たぬ乞食はない(おわんをもたぬこじきはない);
  仕事上必要な道具はいつでもちゃんとそろえておけということ。乞食でももらい物を入れるお椀をいつも大事に持っている事から。              

  → 看板商品の無いどーむ商店は・・・さびしい。先日も看板商品が売れてしまった。あたらしい看板商品は本日デビュー!買っちゃ駄目だよ!

  → 無口あくまはいらない。あくまはやっぱりやかましくなくっちゃ!というのをつくづくと感じた九州地区大会であっった。

  → ボーグルーペを持たない調整師はいない? WAVIOさんは何故ボーグルーペを買ったのか?マイクロスコープがあるのに?

  → 昔の東京スポーツの記事は、今読むとシャレにならない。
     馬場、雪の札幌で発電所爆破! 発電所とは人間発電所:ブルーノ・サンマルチノ。
     会場は札幌中島スポーツセンター。別に馬場が勝ったわけではなくリングアウトの引き分け。
     馬場が勝ったと思って買った父がバカだったが、祖母は【馬場ゆうなぁわりい奴じゃ!発電所を壊してしもうた。やっちゅもねぇ・・・】と怒ってた。
     そんな東スポが大好き!岡山では大スポだったが・・・


3:寂滅為楽(じゃくめついらく);
  準迷いの世界から離れた心安らかな悟りの境地が、楽しいものあるということ。寂滅は煩悩の消え去った究極的な悟りの境地。

  → 煩悩の巣窟と呼ばれる萬年筆研究会【WAGNER】に寂滅為楽の民はいまいなぁ・・・

  → いるとすれば、公約を破っても泰然としていられるクマさんだけかな? 

  → ただ、もう萬年筆は買いません! と出来もしない公約を口にすること自体が寂滅為楽とは相容れないかもしれない・・・

  → 萬年筆研究会【WAGNER】創立の時のメンバーなのに、その時から1本も萬年筆が増えていない298さんこそが寂滅為楽の民かも? ミニ檸檬は除いてだが・・・
     同じ筒でも管楽器の方が増えているらしい・・・


4:常住不滅(じょうじゅうふめつ);
  常に変わらず滅びないこと常住は、生滅変化することなく、永遠に存在すること。              

  → これはくらでも作れる!
     常住不滅なsu_91の煩悩
     常住不滅なたで食うムシムシ会の煩悩
     常住不滅なfoolsbookの煩悩

  → 常住不滅な親方の(しげおちゃんに対する真夜中の)説教
     おかあさんが、「もう遅いから許したりぃ・・・」と注意しない限り終わらないという言い伝えがありますが本当ですか?

  → 常住不滅なBromfieldの食欲
     拙者は麺類だけだが、Bromfield氏とsu_91氏はそれ以外にも貪欲にくらいつく。

  → 常住不滅な名古屋の宴会・・・本日も明日の明け方までやるのかな?


5:陳蔡之厄(ちんさいのやく);
  旅先や旅の途中で災難に遭うことのたとえ。孔子がの国境あたりで、兵に囲まれ、食料が乏しくなり苦労した災厄をいう

  → 旅人が名古屋で財布を無くした時、親方に命じて捜させた。偉くなったもんじゃなぁ(笑
     行動パターンを熟知した親方は2分で財布を発見!さすが!

  → aurora_88さんが地方に行くと酷い目に遭うことが多い。 例は続きを読むをクリックして!

  続きを読む
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年02月04日

先人の教え その82

拙者は四文字熟語故事・ことわざが大好き!そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、原文を青字、それの正しい意味を赤字で示す。それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。

これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。


1:耳を貴び、目を卑しむ(みみをたっとび、めをいやしむ);
  人から聞いたことは尊重するが、自分で見たことは軽んずる。また昔の事を貴び、今のことを軽視する              

  → 耳を貴び目を卑しんでいると大混乱することがあるよ!

  → Montblanc No.149やNo.146のペン先表示、ペン芯、クリップ、軸素材、吸入方式・・・などと年代の組み合わせ!全て正しい説は存在しない!
     というか統計的に有意なサンプル数が集まってない。自分の目で見て美しければ良しとしましょう!正しいモノは美しいから! 

  → 右ネジか左ネジか?無水エタノールで溶ける軸か溶けない軸か?などクリティカルな事項は聞いた情報だけで判断すると失敗する!

  → 悪魔のささやきに耳を傾けるよりは、自分の美意識にマッチするかどうかを冷静に考えよう。でもみずうみのあくまの背押しには抗えないので観念して堕ちよう!


2:
鼻毛を数える(はなげをかぞえる);
  相手を見くびってたくみにあしらう。特に、女性が自分に惚れている男性の弱みにつけ込んで、面白半分に思いのままにあしらうこと。
  例文:彼はのぼせあがっていて、相手の女に鼻毛を数えられていることに一向に気付く様子がない。

  → みずうみのあくまに鼻毛を数えられる

  → 番長にケツの毛までむしりとられる 

  → 最後に親方にしばかれる

  → ああ、なんと充実した一日だったことだろう・・・ケロリン談


3:鑿と言えば槌(のみといえばつち);
  鑿(のみ)をと言われたら、鑿だけを持って来ないで、一緒に槌を持ってくる意。心遣いが適切で気が利いていることのたとえ。

  → つっこみの格さん不在!格さんがとぼける!親方がしばく!

  → 御老公はボケたふりして、二次会費払わないで大須に帰ろうとする。
 
  → それを果敢に阻止する宴会部長。駅まで追っかけて回収成功!

  → そのあとラーメン屋で一杯食べ、すぐに空港でうどんを一杯(大盛)食べた拙者。食べるために生きてるようなもんかな・・・

  → 拙者が、えーとぅ・・・と目をきょろきょろさせると、欲しい工具をすぐに手渡してくれるたかやさん!拙者の調整手順を全て覚えている!


4:登り大名、下り乞食(のぼりだいみょう、くだりこじき);
 京へ上る旅は、行きは十分に金があって贅沢が出来るが、帰りは金を使い果たして惨めな状態になること

  → 4月のペントレでは、大名で来る人は少なくない。

  → 大名で帰る人も少なくないが、その場合、家宝がずいぶんと減っている。 

  → でもどの顔も、幸せ一杯に・・・頬が緩んでいる。

  → 明日になれば青ざめるだろうが、今日だけでも楽しく酒を飲もう・・・という気持ちかな?



5:深謀遠慮(しんぼうえんりょ);
  深く考えを巡らし、後々の遠い先のことまで見通した周到綿密な計画を立てること深謀は奥深い見通しを持った考え。遠慮は遠く先のことをおもんばかるの意。

  → 萬年筆愛好家にもっとも不足している素養。

  → 目の前に捜していた萬年筆があって、背中を押す人がいれば、易々と堕ちてしまう。 

  → もう半年ほどすれば値段が下がるかもしれないのに・・・

  → 向田邦子が欲しい萬年筆を入手する技こそが深謀遠慮

  → 知りたい人は【正論】を買うべし!  


6:禍福は糾える縄の如し(かふくはあざなえるなわのごとし);
  不幸が転じて幸福になったり、幸福が転じて不幸になったりする。幸福と不幸は巡り巡ってかわるがわるやってくるというたとえ。              

  → 書き味の悪い萬年筆にばかり出会って不幸だった30代前半があってこそ、調整に目覚め、自分の萬年筆の書き味に満足出来るようになった。

  → しかし、調整に目覚めたからこそ、いろんな萬年筆を調整してみたくなり、オークションに嵌まりお小遣いを使い果たす。 

  → とても数が足りないので、仲間を集めて生贄を募るためにBlogを始め、おかげで、いろんな萬年筆を分解調整出来るようになった。

  → でも、Blogをはじめたからこそ、毎夜、毎朝記事を落とす夢にうなされる。

  → まさに、禍福は糾える縄の如し

  
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年01月28日

故事ことわざ辞典 その81

2011-02-26 00拙者は四文字熟語故事・ことわざが大好き!
そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、故事・ことわざを青字、それの正しい意味を赤字で示す。

それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。
これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。

 


1:手ぐすね引く;
  準備万端整えて待ち構える。【くすね】は、弓の弦を丈夫にするために塗る、松脂を油で煮て練り混ぜたもの。そのくすねを手にとり、弦に塗って準備するという意味から。              

  → 萬年筆研究会【WAGNER】のミニ・ペントレ

  → 手ぐすね引いて獲物を待つ・・・売り主:(バイニンの方がニュアンスが出た表現) 

  → 【くすね】を木製萬年筆に塗ってみたらどうかなと思った人いませんか?

  → あなたは研究熱心なので調整師に向いています。手ほどきしましょう!


2:手巧より目巧(てこうよりめこう);
  手先の熟練も大切だが、それよりも物を見る目を養う事の方が大事だというたとえ。
  The eyes of master will do more work than both his hands.  (職人の目はその両手より多くの働きをする)

  → 調整師になるには、良い調整をたくさん見よということ。

  → 自分でいくら練習しても調整は上手にならない。うまい人の調整結果をじっくり見よ!ということ。

  → フルハルター、金ペン堂、メーカー調整師が調整した萬年筆を何本凝視し、真似して失敗したかが大事!

  → そして何より大事なのは、相手の書き癖を一瞬で真似出来る事。これが出来ないと調整師は無理!

  → 調整師は(自分の技や道具ではなく)相手の気持ちに敏感であれ!


3:鉄心石腸(てっしんせきちょう);
  どんな誘惑にも負けない、極めて堅い意志のたとえ。鉄や石のように堅い心の意から。              

  → クマサンのことか?

  → たで食うムシムシ会のことか? 

  → ヤッターマンのことか?

  → ボクも入れてぇ〜! Bromfield

  → みなさん落第ですね。 takechanfavor

  → あなたも同類です! 師匠


4:怒髪、冠を衝く(どはつ、かんむりをつく);
  ものすごい剣幕で怒るようす。怒りのために逆立った髪の毛が、冠を衝き上げる意から。             

  → 【しばくでぇ〜】 髪型からして逆立っている・・・親方

  → 小汚い萬年筆にだけ毛が立つ・・・広島半 

  → プリント天に怒って投書してから10年が経過して金属に戻った・・・ことを言う(あるPelikan溺愛家)


【来週の四字熟語】

愚者一得(ぐしゃのいっとく) 愚かな者でも、多く考えているうちには、一度くらいは明暗を出すことがある、ということ。
智者も千慮に必ず一失あり、愚者も千慮に必ず一得あり と、まず謙遜してから自分の考えを述べる。

→ 思いつきを議論するのもペンクリの醍醐味!

→ ぜひおもしろいアイデアを!1000に3つぐらいはおもしろいものがあるかも?


削足適履(さくそくてきり)
 
本末を誤ることのたとえ。
足を削りて履(くつ)に適せしむ  と読む。本来は足に合わせて靴を選ぶべきなのに、靴に合わせて足を削ること。

→ 萬年筆に合わせて持ち方を変える

→ 手に合わせてペンポイントを調整する

→ なんとなく後者が削足適履に思えてきた・・・


吠影吠声(はいえいはいせい)
 一人がいい加減なことを言うと、多くの人々がそれを事実として伝えてしまうたとえ。
一犬影に吠ゆれば百犬声に吠ゆ  の略。一匹の犬が影を見て吠えると、百匹の犬がその声に反応して吠えたてる意。

→ Blogでいい加減な事を言うと、オークションの相場が影響を受ける?気をつけよう・・・

→ 過去のいい加減な発言とは・・・
   ★Pelikan M800の14Cは柔らかい
   ★Pelikan M800では、EFとFはEN刻印が良い。B,BB,3BはPF刻印がよい。Mは現行品(2羽子ペリカン)が良い
   ★山本リンダ風に・・・Blogを信じちゃいけないよ〜ぅ

→ 科学の裏付け(数値)がない事項は信じるに足らない事が多い。でもそれを楽しめるようになったら良いねぇ〜【最後の1本

  
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(3) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年01月14日

故事ことわざ辞典 その79

2011-02-26 00拙者は四文字熟語や故事・ことわざが大好き!
そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、故事・ことわざを青字、それの正しい意味を赤字で示す。

それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。
これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。




1:己に克ち、例に復る(おのれにかち、れいにかえる);
  欲望にうちかって人間として守るべき正しい道に従って行動する。              

  → 物欲におぼれたWAGNER会員にささげたい言葉

  → 特に、今年の購入本数予測で非現実的な(少ない)本数しか提示できなかった方々へ! 

  → 人から指示されていやいやならない数値ではなく、ご自分で立てた目標です。必ず守ってね!

  → 実はこの名言を書くことを決めてから、あの質問を考えた。完全な罠だったわけです。コミットしたみなさん頑張ってね!


2:御意見五両、堪忍十両(ごいけんごりょう、かんにんじゅうりょう);
  人の忠告は5両の値打ちがあり、つらいことをじっとこらえることは10両の価値がある。人の忠告は良く聞いて、なにごとも忍耐することが大事だというたとえ。              

  → 悪魔の囁きも忠告の一つですよ〜!値打ちがありますよぅ!

  → 普通は【買うのはおやめなさい】というのが忠告なのだが、悪魔の場合は買わんと損するよ!というもの。果たしてこれを忠告と呼ぶのか? 

  → どうやら忠告にはよく聞いてはいかんものもあるらしい…


3:絞兎死して走狗烹らる(こうとししてそうくにらる);
  役に立って重宝がられていたものも、用が足りて必用が無くなればあっさりと捨てられてしまうたとえ。絞兎はすばしっこい兎、走狗は猟犬のこと。兎が死んでしまえば、兎を王のに使われていた犬は用済みとなり、煮て食われてしまう意から。
  本来は、敵国が滅亡すれば、戦功のあった者も邪魔者扱いされて殺されてしまう意に用いられた。              

  → 技術だけの調整師は、みんなが調整の技を身につけたら捨てられる。

  → 調整師はカウンセラーになっていくことが求められるんだろうなぁ… 

  → どうやら背中を押すのも調整師の仕事になりそうじゃな。


4:好物に祟りなし(こうぶつにたたりなし);
  好きな食べ物はちょっとぐらい食べ過ぎても、からだにさわることはないというたとえ。              

  → ちょとぐらいなら・・・。ただし欲望を抑える能力がもともと低い萬年筆愛好家には小太りが多いのも事実。

  → 食べ物すら制御できないので、萬年筆購入を制御などできるわけがない。 

  → にもかかわらず、あの本数しか見通していない。洒落だと解釈しましょう。目標本数にとらわれず、存分に買ってくだされ。


5:古人の糟魄(こじんのそうはく);
  物事の真髄は自分の体で覚える者で、ことばや文章で理解出来るものではない。とすれば書物というものは、たとえてみればそれを書いた古人のかすのようなものだという、書物や学問を軽視して言うことば。              

  → このBlogを読んで調整が上手になるわけではない。自分の萬年筆をつぶして体で覚えるしかない。したがってこのBlogは拙者のカスだということ。

  → 伝えたいことの半分も表現できていないのでカスというのもわかるなぁ… 

  → 新しい教授方法(体で覚えさす)=しばきながら教える…


6:虚無僧に尺八(こむそうにしゃくはち);
  必ずついているもの。つきもののたとえ。              

  → 水戸黄門に助さんと格さんとうっかり八兵衛とお銀と風車の弥七はつきもの(おやかた、しげお、旅人、ケロリン、オバチャン、wavio?)

  → そういえば北朝鮮の新しい将軍様は45歳くらいの時の拙者と同じような体型だが… 

  → 宴会にドーム、師匠にから揚げ2圈ΑΑ食べすぎに注意しましょう!
  
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年01月07日

故事ことわざ辞典 その78

2011-02-26 00拙者は四文字熟語や故事・ことわざが大好き!
そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、故事・ことわざを青字、それの正しい意味を赤字で示す。

それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。
これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。




1:連木で腹を切る(れんぎではらをきる);
  とうてい出来ないこと、不可能なことのたとえ。連木とはスリコギのこと。連木を刀代わりにしても腹が切れるはずがないことから。              

  → 今年は新しい萬年筆は買わないという公約 (新規Newに言い換えてVintageを買っただけと言い訳すればよい)あるいは(これは来年の分と屁理屈をこねる)

  → ことしは沈黙の悪魔と呼ばれるように心がけますという公約(もしすればですが) そもそもジョークだとすぐわかる。【不言実行します】と多方面で公言するのはのは自己矛盾! 

  → ちなみに、元旦に誓った今年のテーマは「禁酒」です。酒は一滴も飲みません。でも、宴会にはじぇったい参加します。 by  foolsbook    宴会に出席した時点で負けのような・・・

  → 公約は破られるためにある。突っ込めるから楽しめる! 御大の名言

  → 政治の世界でも政権を取ったことのない人の公約なんて現実を知らないのだから実現を期待する方がおかしい。はハイハイ、がんばってね!
     今度の運動会で1番を取ってやる!という意気込みと同じレベル。でも意気込みだけは買ってあげよう。現実を知れば、次回は少しはまともになるから。もし次回があれば・・・


2:蝋燭は身を減らして人を照らす(ろうそくはみをへらしてひとをてらす);
  自分の身を犠牲にして他人のために尽くすたとえ。              

  → 真面目な調整師は自分の萬年筆を削って腕を磨く

  → ずるい調整師は人の萬年筆を削って腕を磨く(拙者) 

  → ずごい調整師は自分の爪をチャーチャーと削っただけなのに依頼者を書き味で感動させる。まるで催眠術!


3:六十の手習い;
  年を取ってから学問や習い事を始めることのたとえ。手習いとは習字のことで60歳になって習字を始める意から。              

  → 老眼になってから始めるペン習字講座。50の手習い?

  → その歳になると素直にコメントを受け入れられないらしい。かなりサディスティックなコメントもあるとか・・・ 

  → 親方がペン習字講座の添削員をするとおもしろいかも?
     【ここはこうハネるんじゃ!何度言ってもわからんやっちゃ!シバいたろか!】これならすぐに上達するかも・・・


4:我が子自慢は親の常(わがこじまんはおやのつね);
  我が子の自慢話は親につきもの。親は誰でも自分の子を自慢したがるということ。              

  → 萬年筆研究会【WAGNER】では自分の萬年筆自慢をする人は少ないが、自分の萬年筆の書き味自慢をする人は多い。

  → でも人の萬年筆で書いてもけっして気持ちよくはない。おいしいところを選んで書けば良いねぇ・・・といったところ。
     その人用に調整された萬年筆は他人にとっては普通 or 苦痛! 

  → 調整には個人向調整と一般向調整がある。調整師ではない人がやるのは個人向調整なので他の人には苦痛かも?


5:我が仏尊し(わがほとけとうとし);
  自分が良いと思うことや、自分の持っているものが、ほかのどんなものよりも良いと思い込んでいるたとえ。              

  → 我が萬年筆尊し・・・と思えておれば遍歴することもなかったのに。

  → これが情報化社会の弱点!よけいな情報の存在が迷いを生む。20世紀最大の過ちはインターネットの発明か? 

  → 21世紀で気持ちよく生きるには・・・一族に加わるのが一番良いかも?まさに、我が仏(ニ右衛門半:一般名詞)尊し
     拙者はATOKに【にえも】と入力して変換キーを押すと、ニ右衛門半と変換されるように設定している。


6:災いは口から(わざわいはくちから);
  よていなことを言ったために思わぬわざわいを招くことがある。よけいなことばには十分に注意せよという戒め。              

  → 災いは口から、誤解は耳から、和解は心から
     聞いただけのことを曲解しないように!

  → 【災いは口から】と関西地区大会、中部地区大会の入口に貼りだしたら・・・
    さっそくツッコミの嵐? 【災いは口からでしょう!わたしのようなおちょぼ口ではなんの影響もありません・・・云々 by あくま】 ひとしきりツッコミ合戦で盛り上がるかも?

  → 【ほれ見てみぃ、おまえがあることないことぺらぺらしゃべるから師匠がこんなもん貼り出すんや。しょうもないことしゃべらんとケロリンみたいにだまっとれや・・・云々 by  しげお】 みんなでひとしきり頭を揺らす・・・
  
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年11月26日

故事ことわざ辞典 その75

2011-02-26 00拙者は四文字熟語や故事・ことわざが大好き!
そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、故事・ことわざを青字、それの正しい意味を赤字で示す。

それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。
これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。




1:賢者ひだるし、伊達寒し(けんじゃひだるし、だてさむし);
  人並みのことをしないとつらい思いをするということ。やせがまんしたり、見栄を張ったりするのもほどほどにせよということ。
  賢者は金儲けとは無縁だからいつも貧乏でひもじいし、粋がっている伊達者は見栄を張って薄着でいるから寒い思いをする意から。               

  → 真冬の北海道でも薄着のaurora_88さんは伊達者だったのか・・・

  → でもどう見ても見栄張ってるようにはみえない。本当に暑いのかもしれない。 

  → 熱湯コマーシャルはだめそうだが、ガリガリくんの中で何秒我慢できるかなら10分は大丈夫!
     ガリガリくんの梨が復活!とりあえず先日10個買い占めた。

  → 見栄を張って薄着 ≒ 痩せ我慢 ≠ 痩せるのを我慢(BMIが日本相撲協会に次ぐ集団の掟)


2:現世安穏、後生善処(げんぜあんのん、ごしょうぜんしょ);
  法華経を信じることで、この世では安穏な生活を送ることができ、あの世では良い世界に生まれかわることができるということ。
  後生は来世。善処は衆生が良い行いをした報いとして行く天上の世界。

  → 国会答弁の【善処します】は、【何もしないよ~だ】という意味らしいが、本当は崇高な意味があったんだ!

  → 【しばくでぇ!あの世へ送ったろか!】といわれたら【善処してください】と答えるんだな。

  → 独身の会員は安穏な生活を送っているが、配偶者がいると安穏とはいかない。
     安穏を選ぶか、怯えて暮らすか? なぜに後者を選ぶ子羊が多いのか・・・
     怯えて暮らさなきゃいけないなんて知らなかったんだよ!

  → 法華経を作った人は独身者だったという仮説はどう?


3:言は簡を尊ぶ(げんはかんをたっとぶ);
  話は簡潔に要領よくするのが大切ということ。
  Brevity is the soul of wit. (簡潔であるうことが機知の生命である)

  → 「我々はボーグだ」(We are the Borg)、「お前達を同化する」(You will be assimilated)、「抵抗は無意味だ」(Resistance is futile)というのは簡潔ではない。

  → 上記を一言で表現する言葉がある。【しばくでぇ~!】 

  → ボーグより強いのは生命体8472だが、もっと強そうなのが生命体1115(親方の会員番号)


4:堅白同異の弁(けんぱくどういのべん);
  こじつけの論理・論法。趙の公孫竜が唱えた論法で、堅い石と白い石が同じ一つの石であるのに異なるとするもの。
  石を目で見たとき、白さはわかるが堅さはわからない。また、目をつぶって石を手で触ったとき、堅さはわかるが白さはわからない。ゆえに堅くて白い石は同時には成り立たないという論理。

  → 値札を見たとき、値段が高いのはわかるが、書き味のよさはわからない。

  → また、書いてみたとき、書き味の良さはわかるが、値段の高さはわからない。

  → よって値段高さと書き味の良さは同時には成り立たない。

  → 値段が高い萬年筆は書き味が悪いんだから買う必要は無い!安いのを買え・・・何でこうなるの?嫁の思うつぼじゃないか


5:けんもほろろ;
  人の頼みごとにまったく取り合わず、はねつけるようす。またひどく冷淡でそっけないようす。
  けんほろろも雉(きじ)の泣き声で、無愛想に聞こえることから。

  → 【萬年筆買っていい?】 ・・・ 【ダメにきまっとるやろ!】

  → 【新しい萬年筆買っていい?】 ・・・ 【手は何本あるの?】

  → 【愛してるよ】 ・・・ 【萬年筆こうたらあかんで!】

  → 雉はケーンケーンと無くと聞いていたが、【ほろろ】とも泣くのかいな?

  → けん と ほろろ が泣き声として、間の【】はどういう意味なのか? けんほろろではダメなのか?


6:鼎立(ていりつ);
  三者、三つの勢力などが互いに対立しあうこと。鼎(かなえ)は物を似るのに使う大きな銅器で、三本の足で立っていることから。

  → パイロットの唱える三者鼎立とは違う解釈

  → 対立軸で考えると・・・日本の萬年筆業界はパイロットとセーラーとプラチナが鼎立している・・・ということになる

  → やはり三者がささえあっているという〔鼎立〕がいいなぁ

  → まったく違う三人衆 ・・・ 神様、紙様、箱様  これは鼎立しないかも・・・

  → 林立(りんりつ) たくさんのものが並び立つこと
     ・テレビアンテナが林立する     表現は古いが使い方としては◎
     ・日本各地で【半族】が林立する  認定委員長の正式認定を受けてないので × 
  
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年11月05日

故事ことわざ辞典 その72

2011-02-26 00拙者は四文字熟語や故事・ことわざが大好き!
そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、故事・ことわざを青字、それの正しい意味を赤字で示す。

それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。
これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。


1:鞭を惜しめば子供は駄目になる(むちをおしめばこどもはだめになる);
  子供を甘やかすとろくな人間にならないから、厳しくしつけなければならないということ。
  Spare the rod and spoil the child.

  → しばきを惜しめば部下は駄目になる!  by  親方

  → しばきを惜しめば夫は駄目になる!  by るり千代

  → そうだそうだ!  by  萬年筆愛好家の嫁

  → しばかなくても、夫が萬年筆を買った直後にわかる。しこうして電話すると夫は口ごもる【何も買ってませんよ・・・今のところ・・・】。  by  ニ右衛門半継承順位 No.2


2:無明の酒に酔う(むみょうのさけによう);
  煩悩にとらわれて悟ることが出来ず、思い惑うことのたとえ。【無明の酒】は仏法の真理を悟れずに迷うことを、酔わせて正常な心を失わせる酒にたとえた言葉。

  → 仏法は悟ったが、萬年筆に対する煩悩は消えない。 萬年筆研究会【WAGNER】会員の僧侶たち(東北と九州)

  → 未明の酒に酔う (朝まで飲んでへべれけになること) 萬年筆研究会【WAGNER】会員にはほとんどいないかな?

  → ”夢待ち”が酒に酔う → 道に迷わないように → あくまが同行する → 知らないうちに大井川を渡る


3:無用の用(むようのよう);
  役に立たないとされているものが、活用しだいでりっぱに役だったり、重要な役割を果たしたりすること。
  Everything is good for something.

  → 高校の時、漢文の芳原(ほうばら)先生に【無用の用は地面の足跡以外の部分。地面に足跡の部分だけあって残りの地面がなかったら歩きにくいじゃろう。足跡以外も重要なんじゃ】と教わった。

  → 今でも覚えていることから考えて、かなり納得したのであろう。

  → ペンポイントの紙に当たらない部分のようなものか・・・それがないとペン先に固定出来ない。

  → さしずめ、ペントレで背中を押されても堕ちない人かな?全員がすぐに堕ちたら、あくまも張りあいがなかろう。


4:無理が通れば道理りが引っ込む(むりがとおればどうりがひっこむ);
  筋の通らない無理が我が物顔で通用するような世の中では、筋の通った道理はおこなわれなくなるということ。
  When might is maister, justice is servant. (力が主人のときは正義は召使いである)

  → じゃかしいやい!無理も通れば道理になるんや! by 親方

  → あんたいつもそうやって、自分の都合ええように事実を歪めとるがな。アインシュタインなら空間は歪められるけど、あんたが事実を歪めたらあかん。いくら痔でもそりゃ許されんでぇ! by しげお

  → ほっほっほぅ・・・(笑  by 最近笑い方が黄門様に似てきたと評判の旅人下克上ねらいか?


5:明鏡止水(めいきょうしすい);
  わだかまりのない、安らかで、澄み切った心境を言う言葉。一点のくもりも無い鏡と、静かで住んでいる水の意から。

  → 一見、煩悩が治まったかに見えるBromfieldの心境か? 

  → ひょっとして、ペン習字通信講座に煩悩を押さえる効果があるのか?

  → 琵琶湖の周囲に住んでいても、明鏡止水とはほど遠い・・・煩悩があばれまくっている【みずうみのあくま】


6:名馬に癖あり(めいばにくせあり);
  た名馬と言われるほどの馬は、なにがしかの癖を持っている。人間も、非凡な才能の持ち主には強い個性があるということ。

  → ニ右衛門半(一般名詞)に傷あり・・・完品はニ右衛門半たりえず!

  → 名調整師に技あり・・・左右の眼の焦点距離を自在に変えられる。

  → ルーペを除く眼は2センチ先を覗き・・・以下自粛
  
Posted by pelikan_1931 at 14:10Comments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年10月29日

故事ことわざ辞典 その71

2011-02-26 00拙者は四文字熟語や故事・ことわざが大好き!
そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、故事・ことわざを赤字、それの正しい意味を青字で示す。

それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。
これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。


1:大遣いより小遣い(おおづかいよりこづかい);
  一度にまとまってする大きな出費よりも、普段のこまごまとしたすっぴの方が。かえって大きい金額になりやすいと言うこと。

  → 4本のヘミングウェイより、200本のニ右衛門半

  → お嫁に出す金額より、嫁を貰う金額の方がはるかに多い・・・

  → でも・・・嫁の洋服代 > ヘミングウェイ (涙


2:親方日の丸;
  官庁などの役所は、たとえ経営がうまくいかなくても、最後は国が面倒見てくれるから気楽なものだと、皮肉って言う言葉。

  → 親方 ・・・ 隆の里 ・・・ 若いもんをしばく ・・・ 犯罪 ・・・ 血糖値高い

  → 親方 ・・・ 調整師 ・・・ ヘンタイをしばく ・・・ 喜ばれる ・・・ 血糖値だけは高くない

  → しげお ・・・ 助さん ・・・ 親方をダシに笑いを取る ・・・ しばかれる ・・・ 減量中


3:針で掘って鍬で埋める(はりでほってくわでうめる);
  苦労してコツコツと蓄えたものを、いっぺんに失ってしまうことのたとえ。

  → 手と針で縫ったTAKUYAのペンケースを限定万年筆で埋める(正しい方向性)

  → 手と針で縫ったTAKUYAのペンケースをニ右衛門半で埋める(ヘンタイなら許される行為) 

  → 手と針で縫ったTAKUYAのペンケースを絵に描く → 絵と交換に入手する ・・・ 画伯の錬金術 


4:東に近ければ西に遠い;
  一方に都合よくすれば、他方には都合が悪い。どちらにもあたよらないようにすることはむつかしいというたとえ。

  → 左に近ければ、右に遠くてなかなか真ん中にあるのがない。(Sheaffer製ペン先の切り割り)

  → 東京に行けば関西のヘンタイが寂しがり(ハメをはずし)、大阪にもどれば関東のヘンタイが寂しがる。  ・・・ 親方の参勤交代

  → 札幌と名古屋のヘンタイは、どちらからも等距離。


5:左は勝手、右は得手(ひだりはかって、みぎはえて);
  どんなことでも巧みにやれることのたとえ。

  → 左目でペン先をしばく親方、右目でペン先をしばくらるとるむ

  → Jrはどっちかな?と思ったらボーグ・ルーペは左に装着。効き眼は左か・・・

  → この3人のボーグルーペ装着の写真(A4版)は本日の博多にて公開!ボーグルーペも販売します。今回は限定5個!


6:選れば選り屑(よればよりくず);
  少しでもよいものを選ぼうと欲をかいて、あれこれ迷うと、かえって悪いものを選んでしまうというたとえ。

  → 試し書きをすればするほどヘンなのを選んでしまう。未開封新品をいただいてペンクリに持ち込んだ方が良いということ。

  → ボロ市でのコツ。欲しい物だけを一本握って値切ろうとするのは駄目!足下を見られて高くなる。

  → 10本まとめて【これだけでなんぼ?】と聞く。5000円と言われたら・・・【高いなぁ、買えんなぁ・・・う〜ん、1本でええわ、はい500円!】とワンコイン置いて足早に立ち去る。というのがプロの技らしい。
     拙者は行ったことないのだが・・・
  
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年10月22日

故事ことわざ辞典 その70

2011-02-26 00拙者は四文字熟語や故事・ことわざが大好き!
そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、故事・ことわざを赤字、それの正しい意味を青字で示す。

それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。
これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。


1:合縁奇縁(あいえんきえん);
  人と人との気が合うか合わないは、世の中の不思議な因縁によるということ。

  → ニ右衛門半に代表される【半族】は日本に一人かと思ったら、札幌から広島まで10人ちかくいる。年齢層も比較的若い。

  → どう考えても【紙様】も半一族だし・・・(実際、ニ右衛門半と紙様は気が合う)

  → どうせなら、紙様(かみさま)から半紙様(はんしさま)にするか?

  → 日本中の【半一族】を集めた大会を茅ヶ崎で開催するかな?

  → いざ鎌倉ではなく、いざ〇倉家!


2:匕首に鍔(あいくちにつば);
  釣り合わないもの、ふさわしくないもののたとえ。鍔のない匕首に似合わない鍔をつける意から。

  → 内部機構がアルミ製
     酸性インクを使う可能性の高い萬年筆の内部機構に、酸に弱いアルミを使う愚挙!

  → ニ右衛門半に普通のヘミングウェイ

  → 奈良半の安全運転(高速道路は時速〇△マイル以下で走行)

  → 札幌大会にみずうみの悪魔(静寂と喧噪)
     琵琶湖の悪魔から、摩周湖の悪魔になればいいかも?

  → ソウル大会に親方(キムチたべられませ〜ん)


3:脛に疵持つ(すねにきずもつ);
  人に知られては困る隠し事がある。過去に悪事をしでかしたりして、後ろ暗いことがあるたとえ。

  → 傷だらけです ・・・ fooldbook

  →  足いったいなぁ〜!あ〜!脛から血がでてるやんけ〜!どうしたんやろ? ・・・ ボケたふりしてとぼける夢待ち人 

  → 最近しばかれてません ・・・ しげお    しばかれに行ってます ・・・ 旅人


4:滑り道とお経は早いほうが良い(すべりみちとおきょうははやいほうがよい);
  滑りやすくて足を取られるぬかるみの道は、人より先に歩く方が歩きやすいし、退屈なお経も記事かくて早く終わってくれる方がありがたい。
  手近な方が人に喜ばれることのたとえ。

  → ペンクリの能書きは長い方がありがたい(なんか良い萬年筆に思えてくる)

  → ルーペは両目開けて使います。ただし、女性客の時のみ ・・・ エロい調整師
     オッサン(自分)は10秒、若い女性は30分 ・・・・ あるペンクリでの体験談 by Bromfield

  → インクの通り道とスリットは狭い方が良い(毛細管がよく働く)
     でも先端部が詰まってるのは駄目よ!


5:酒池肉林(しゅちにくりん);
  このうえなく贅沢な宴会のたとえ。酒をたたえた池を作り、肉を立てて並べて林のように氏、男女を裸にしてその間を追いかけっこさせながら幾日も続けて酒宴を張ったという故事から。

  → 酔っ払って酒をこぼして池を作ってしまう太った人が萬年筆を林のように立てて宴会をすること

  → 本日のフェンテの二次会か?

  → 酒池肉林(手配)王子 = どーむ
     11月12日もたのむでぇ!大物ゲストも2人来るけぇ  by 親方


6:待つ身より待たるる身(まつみよりまたるるみ);
  早く来ないかと待っている人もつらいだろうが、むしろ待たせている者のほうが早く行かなければと、相手のことが気になってつらいものだということ。

  → ペンクリの順番待ち
     調整票がたまると調子が悪くなる・・・だからこそ朝一番を狙え!

  → 手作り萬年筆 ・・・ やっと心置きなく引退できますわ!  田中さん、ご苦労様!

  → ネタのない日のBlogに苦しむ  Daily ブロガー
     おかまいなしのBlog放置家   wavioともぞー

  → 
wavioともぞー でレコードだそう。【お待たせブラザーズ】なんてどうや?   思いつきだけで発言するが、先のことは何も考えてない師匠
            【お待たせブラザーズ】も【おかわりシスターズ】 から連想しただけ。しかもこちらおかわりシスターズだと思ってた・・・ボケ老人かなぁ?

  → 
 師匠!レコードって表現古くねぇ?   失礼な wavio
    
社長に5枚買って貰います!           根拠も無く積極的な(わりにスケールの小さな) ともぞー
  
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年10月08日

故事ことわざ辞典 その68

2011-02-26 00拙者は四文字熟語や故事・ことわざが大好き!
そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、故事・ことわざを赤字、それの正しい意味を青字で示す。

それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。
これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。


1:甘い物に蟻がつく;
  甘い物にどこからともなく蟻が集まってくるように、利益にありつけるところには人が群がり集まってくるということ。

  → フェンテの集いに愛好家が集まる・・・今年の講演は長原お父ちゃん。 フェンテの集い2回目の登場!前回もおもしろかった!きっと今回も!

  → 甘い物に過敏なヘンタイ軍団。糖尿や肥満で息も絶え絶えの集団。

  → ヘンなもんに群がる【半】一族。


2:厭じゃ厭じゃは女の癖;
  女は男にくどかれると、内心うれしいくせに口先だけいやいやを言ってみるものだということ。 

  → もう萬年筆は買いません・・・ Bromfield  何回目?

  → もう燻しません ・・・ 夢待ち人

  → もう肉は食いません ・・・ 番長

  → もうあかん! ・・・ 親方 (いつものお疲れ)

  → 女性だけではなく、おじさんも同じやなぁ


3:親の十七、子は知らぬ;
  親が若い時分はどんなだったか、子供には知るよしもない。説教したり偉そうにしている親を皮肉って言う言葉   

  → 親方の十七、旅人知らず

  → 親方は十七、しげおは補導・・・?

  → 親のペントレ、1号2号も活躍!  同じ道を歩むのか・・・  



4:垂涎の的(すいぜんのまと);
  みんながうらやんで、欲しくてたまらないと思うもの。 

  → 萬年筆界の垂涎の的にもイロイロあって・・・

  → M800 18C-3B 森山スペシャル ・・・ なんだかんだ言っても最高峰でしょぅ。出来ればPF刻印付き、ホールマーク無しの18C-3Bで作りたい。

  → 親方が自分で研いで使っている秘密の萬年筆。それが何かを話したらシバかれて、阪神優勝後のカーネルサンダースと同じ運命に・・・

  → 46歳の時、拙者はカーネルサンダース人形と身長も3サイズも同じだった。そこでカーネルおじさんのアバターのモデルになった。これって垂涎の的?


5:胆大心小(たんだいしんしょう);
  大胆に、しかしこまかい点に気を配って事に当たれということ。 

  → 球大芯小(ペン先は大きいが、ペン芯が小さい)なのでペン先の据わりが悪い・・・のを札幌で修理に預かった。

  → 細やかな心配りはするが、いざとなったらシバく親方の魅力

  → 声大体丸(せいだいたいがん) 声がでかくて体が丸い  みずうみの悪魔? 


6:屁を放って尻窄める(へをひってしりすぼめる);
  失敗をやらかした後で、あわててとりつくろったり、ごまかそうとするたとえ。 

  → 嫁に内緒で伊東屋で買った萬年筆が領収書でバレそうになる。

  → 52500円のお品代って何? ひ、ひげ剃りです・・・ (難を逃れる)

  → ペン芯を折って瞬間接着剤を買う・・・エボナイトに瞬間接着剤は効果無しだって!
  
Posted by pelikan_1931 at 09:00Comments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年10月01日

故事ことわざ辞典 その67

2011-02-26 00拙者は四文字熟語や故事・ことわざが大好き!
そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、故事・ことわざを赤字、それの正しい意味を青字で示す。

それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。
これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。


1:憂き身をやつす(うきみをやつす);
  苦労など意に介さず、身がやせ細るほど、物事に熱中する。

  → 萬年筆研究会【WAGNER】では【憂き身を肥やす】人がかなりいる

  → BMIが日本相撲協会の次に高いという団体・・・

  → さんざん遊んだあとで、嫁に絞られてやつれる・・・ならわかる



2:烏合の衆(うごうのしゅう);
  ただ寄り集まっただけで、なんのまとまりもない人々のたとえ。烏合はカラスの集合の意で、鳥の群れ集まったとうなまとまりのない群衆の意から。 

  → 烏合の衆こそ萬年筆研究会【WAGNER】の真の姿

  → わーと集まって、餌をついばんだら、気ままに去って行く集団のままでいたい

  → 烏合の萬年筆時代・・・コレクション初期。何の脈絡も無くただただ萬年筆が欲しくて買う時代。
     そのころの写真を見ると笑える。


3:換骨奪胎(かんこつだったい);
  先人の作った詩文の着想や表現をくみ取り、自分なりの工夫を加え、新しい作品を作り出すこと。骨を取り換え、胎(子宮)を奪い取って自分のものにする意から。
  なを俗に焼き直し、野法の意味に用いられることがある。    

  → TWSBIがM800を根本から見直して理想の萬年筆を作った

  → でも誰もM800を越えては愛用しない・・・それがブランドの歴史の力!

  → 改造大魔王のキャップレス・ドボイジャー  このインクフローはすごい!   



4:沈黙は金、雄弁は銀;
  なにも語らずにいるのは金の価値、おしゃべりは胴の価値である。沈黙は雄弁にまさるというたとえ。 

  → ケロリンは金、悪魔は銀? でも最近、ケロリンは親方にツッコミ入れて、シバかれてます。

  → 札幌は金、元町は銀・・・

  → そして、Bromfieldはピンク  ヲラもピンク・・・by foolsbook

  → でも真のピンクは・・・?


5:杖の下に回る犬は打てぬ;
  自分を慕ってくるものには情けをおぼえ、ひどいしうちはできないというたとえ。追い払おうとして、振り上げた杖の下に尻尾を振ってじゃれついてくる犬は、尋常として打てない意から。 

  → 【半一族】の元に集まるガラクタは捨てられず

  → でも綺麗に掃除もされない。あるがままの姿で慈しまれる。

  → ぱいたんさんの元に集う矢立は磨かれる(磨いちゃ駄目だよ! by 御大)


6:宿六(やどろく);
  妻が夫を軽んじたり、また、親しみを込めて言うことば。【宿】は住まい、【ろく】はろくでなしの略で、うちのろくでなしの意。 

  → うちの宿六は道楽者でねぇ・・・と語るようなおっとりした嫁はいま時いない

  → 【アンタ!なんやコレは!また買うたんか、高単価!】 by いわずもがな

  → 我が家では【宿六】のことを【たこ吉】という。東京の方言か?
  
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(3) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年09月17日

故事ことわざ辞典 その65

2011-02-26 00拙者は四文字熟語や故事・ことわざが大好き!
そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、故事・ことわざを赤字、それの正しい意味を青字で示す。

それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。
これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。


1:年は寄れども心は寄らぬ;
  年こそ取ってはいるが、気力は少しも衰えない。まだまだ若い者には負けないぞということ。 

  → 年は寄れども心は寄らぬ・・・なんて気持ちになったことはないなぁ・・・
     韓国に行ってから、年寄りの方がいいやと思えるようになった。

  → 若いから許されることや、年取っているからこそ許されないことも多い。
     傍若無人な年寄りにはなりたくないなぁ・・・と思っていたが、そういう年寄りに確実になっていく自分に気付いた。

  → そういう時には、【年には勝てねぇなぁ・・・】と言い訳して自分を許す。
     都合良く自分を正当化するようになるのが年とるということとわかった。

  → どうやら、オッサンは、オバハン化することが年をとるということらしい。
     自動収納機に別のモノを押し込んだり、ラーメン券売機を壊すのは老化ではないらしい。


2:年寄りの冷や水;
  年寄りが年不相応な無茶をしたり、いかにも元気そうにふるまったりすることを冷やかしていう言葉。
  年寄りが強がって冷たい水を浴びたり、体に良くない冷たい水を無理して飲む意から。 

  → 年寄りのガリガリ君
     炎天下から帰ってきて、すぐにガリガリ君を2本食べるような行為を老人が繰り返すと・・・糖尿病になるという古くからの言い伝え。

  → HbA1cが6.8の【りっぱな糖尿病】に一時的になってしもうた・・・不覚
     冷蔵庫にある12個のガリガリ君を消費したら、禁ガリガリDayを週に2日くらい作ろう!

  → 年寄りは家の宝と言われたのはずいぶんと昔。見識のある老人に対して言われた言葉。【見識】って何だろう?
     まさか老人にとって都合の良いコトではないよなぁ・・・そういう見識ならいっぱい持ち合わせているのに。


3:年寄りの達者、春の雪;
  いくら元気だといっても年寄りは、春の雪が消えやすいのといっしょで、当てにならないというたとえ。 

  → 昼は【しばいたろか】でも、夜の宴会では【もう、あかん】。だが三次会になると【しばくどぅ】、最後は首振り・・・こりゃ、当てにならない元気さでっせ!

  → ヘンタイルーペよりもマイクロスコープ
     いくら良いレンズを使っても、眼を通して再現される画像は、年とともに当てにならなくなる。やはり画面での拡大の方が精度が高い。

  → 年寄りの大食:若いもんに負けないぞと大食をくりかえしていると、長生きできないという言い伝え。反省を込めて自分のために作りました・・・


4:年寄りの物忘れ、若者の無分別;
  年寄りはとかく物忘れをしがちだし、若者は考えのないふるまいをしがちだということ。
    The old forget, the young don't know.(老いは忘れ、若きは知らず) 

  → 年寄りの無分別
     解釈その1:多くの発明は無分別から始まったので、年をとっても無分別でいなければならないということ。

  → 年寄りの無分別
     解釈その2:年をとるにつれ、経験に裏打ちされた分別が備わってくるモノなのに、ごくマレに無分別な年寄りもいる。貴重な存在なので大切に保護しよう!


  → 年寄りの無分別を地でいく男:拙者
     年寄りの物忘れで、せっかく身についた分別をどんどん忘れていくのじゃ・・・


5:隣の餅も食ってみよ;
  世の中のことは実際に経験してみないと、わからないというたとえ。どんなにおいしそうに見えても隣の家の餅の味は食べてみなければわからない意から。。 

  → 他人の萬年筆で書いてみよ!
     ペン先は自分用に調整しないと最高の書き味にはならないよという深い教え

  → 隣の万年筆で知れ!
     自分の限定万年筆は未開封のまま保存しているので、どんな万年筆か知りたければ人に見せてもらう(by 箱様)

  → 会場の餅で歯が抜けた
     萬年筆研究会【WAGNER】会場で粘度の高い餅を食ったら奥歯の詰め物が取れた。
     詰め物を呆然と眺めていると、まわりから【それ、14金ですか?】・・・発想がおかしいだろぅ!
    
    
6:所の神様ありがたがらず;
  自分の身近にあって、良く知っているものはありがたみを感じないというたとえ。【所の神様】はその土地の神様の意。 

  → 三島にはお世話になっています。
     それにしても【かみさま】と入力して変換キーを押と【神様】より先に【紙様】と出てくるのは何故?

  → 神々しすぎて声もかけられなかった親方ではあったが、毎週末つるんでお出かけするようになると、ありがたみを感じなくなり、親方から提示された値段を値切れるようになった(by ケロリン)

  → その昔、長原先生は神様と呼ばれ、川口さんは法王と呼ばれていた。
     では質問:【仏(ほとけ)さんになるまでがんばるわ】と言ったのはどっち?
     ちなみに死んだら誰でも仏様になるか千の風になります。
  
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年09月10日

故事ことわざ辞典 その64

2011-02-26 00拙者は四文字熟語や故事・ことわざが大好き!
そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、故事・ことわざを赤字、それの正しい意味を青字で示す。

それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。
これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。


1:木っ端を拾うて材木を流す(こっぱをひろうてざいもくをながす);
  つまらない小事ににかまけて、肝心なことで失敗するたとえ。類似語:木を見て森を見ない 

  → ペン先調整初心者が陥りやすい罠
     かなり良く出来た自己調整の萬年筆を、クネクネと絶対使わない角度にまで捻って試し書きし、そこの引っ掛かりが気になって削っているうちに手遅れになる。

  → (筆圧の低い)調整師初心者が陥りやすい罠
     強筆圧の依頼人から、ココがひっかかると言われたが、自分で書くとひっかからない。アレコレ削っているあいだに、何が何だかわからなくなってしまった。
     強筆圧の依頼者には、丸研ぎのカレンか、ぬらぬらのM800 3Bで我慢してもらうのが一番!後者は彼の筆圧を下げてくれる。

  → 調整道具や修理道具を揃えるのにかまけて、肝心の【良い調整を見抜く目】が養われない。
     買うなら秘密のペーパーではなく、よく見えるルーペを!
     出来ればマイクロスコープを!
     良い調整を分析し、真似るところから上達が始まる。

  → オークションでニ右衛門半(一般名詞)に熱くなって、飛天を逃す・・・


2:コップの中の嵐(こっぷのなかのあらし);
  ある限られた範囲内で起こった、大局には関係の無い騒ぎのたとえ。 

  → タフマンの中のBlue o' Blue ・・・ 蓋を閉めたら阿鼻叫喚!

  → コンバーターの中で固まったiroshizuku青系 ・・・ にっちもさっちもいきまへん

  → ELGRANDの中の8人の首振り
     運転手だけは首振るのやてとくれなはれ!100マイルですから・・・


3:子で子にならぬ時鳥(こでこにならぬほととぎす);
  かわいがって育てても、実の子でない子供は、いつか養ってくれた者のもとから離れていってしまうというたとえ。
  鶯(うぐいす)は時鳥が自分の巣に産み落とした卵をかえし、せっせと育てるが、時鳥のヒナは成長すると素知らぬ顔で飛び去ってしまうことから。

  → ボコボコにならぬ金無垢軸
     大事にしていても、ちょっと当たっただけでDentが出来る金無垢軸
     あたりに強い金無垢軸はないものか・・・

  → ゴテゴテにならぬVisconti
     マーレンよりはましだが、一時のViscontihゴテゴテ模様だった・・・
     Viscontiはシンプルな軸ほど美しい!

  → 勢い込んで買っても、時がたてば飽きて、結局は他人の元へ巣立っていく。ペントレ結婚斡旋所みたいなもですな・・・
     そういえば嫁ぐ前にペントレに持ち込まれる万年筆もある。美容整形は調整師にとってやりがいのある作業。ニコイチも事前に発見できるし! 


4:事あるときは仏の足を戴く(ことあるときはほとけのあしをいただく);
  普段は信仰心などない人でも、なにかあったときには仏の足下にひれ伏して助けを求め、一心に祈るというたとえ。類義語:苦しいときの神頼み 

  → 事あるときは親方のしばきを戴く(ケロリン)

  → 【脱パシリ】のワッペンをもらって決意した日に、エコバッグをじゃんけん大会で引き当てる(ケロリン)

  → 事あるときは大仏も頭を振る(つきみそう)
     しかし阿修羅像の頭はなかなか登場しない(同上)


5:鼓腹撃壌(こふくげきじょう);
  世の中が泰平で、人が平和な暮らしを楽しんでいること。鼓腹は満腹して腹鼓を打つこと。撃壌は地面を踏みならして拍子をとっること。 

  → 鼓腹エプロン(腹の大きい人が似合うヘンタイエプロン)

  → 鼓腹土俵入り(腹がお酒でいっぱいになると、お座敷で土俵入りを披露するヘンタイ。何故かネクタイ姿が多い・・・)
     畳を踏みならしてどうする!

  → 当然、しばかれるはずだが、親方は【もうあかん】状態でお休みだったかな?博多での出来事でした・・・


6:駒の朝走り(こまのあさばしり);
  はじめはひどく元気が良いのに、それが終わりまで続かないことのたとえ。馬は出発したばかりの朝のうちは元気が良いので走り回るが、やがて疲れて元気がなくなることから。 

  → 親方のあさしばき
     朝のうちは元気が良くてしばきまくっているが、二次会の時間になると【もうあかん】状態になる

  → しかし、21時をまわるとまたまた元気になってくる。

  → 23時ごろになると、しげおちゃんの天下というかしげおちゃんが点火!
     おまわりさんに【興奮しないでください、しげおさん!】と言われる。
     車内でも爆発!

  → それでも居眠りをするチェリーは偉い!
  
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年09月03日

故事ことわざ辞典 その63

2011-02-26 00拙者は四文字熟語や故事・ことわざが大好き!
そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、故事・ことわざを赤字、それの正しい意味を青字で示す。

それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。
これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。


1:時の氏神(ときのうじがみ);

  助けが欲しいと思っているときに、タイミング良く喧嘩の仲裁などを引き受けてくれるありがたい人のこと。 

  → 背押しの氏神(みずうみの悪魔)・・・もう一押しされると墜ちるなぁと思っているときにタイミングよく、ええでっせ、ここで買わなんだら一生後悔することになるかもしれませんよぅ。じつはあたしもね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     気が付いたら札を握りしめていた人を何人も見ている。

  → ツッコミの氏神(しげお)・・・車内に睡魔が満ちてくる頃、突然、親方や旅人にツッコミを入れて爆笑の渦に巻き込んでしまう。

  → 宴会の氏神(どーむ)・・・お昼過ぎ、皆が満腹なんだけど、夕方になったらお腹がすくな・・・という時期をみはからってホワイトボードに宴会参加の意思表示をさせる。満腹なのに書いてしまう。


2:堂が歪んで経が読めぬ(どうがゆがんできょうがよめぬ);
  自分の怠慢を棚に上げ、失敗の責任を他になすりつけることのたとえ。また理屈をこねてばかりいて、実行がともなわないことのたとえ。 

  → 煩悩が1800あると豪語した東北のお坊様会員がいるが、地震でお堂がめちゃくちゃというメールをいただいた。お経は読めているのだろうか?

  → 萬年筆が軽すぎて、重すぎて、柔らかすぎて、硬すぎて・・・字がうまく書けないという理由で調整を始めたのだが、いまだにうまく書けない。従って萬年筆でメモはしても字は書かない(書けない・・・)。

  → 顔がゆがんで仕事が出来ないという言い訳が怖くて出来ない(親方にしばかれた部下)

  → ええやろ、これ胴軸がゆがんでるんやでぇ〜(二右衛門半)。どうしてゆがんでいるのが良いのかは半一族にしかわからない。



3:等閑に付す(とうかんにふす);
  ものごとをいいかげんに取り扱ったり、ほうっておいたりする。軽視してなおざりにする。等閑はおろそか、なおざりの意。 

  → ヘンなもんが系統立てて整理されている二右衛門半さんのお宅。
 

  → ヘンなもんがカオスの状態になっているつきみそうさんのお宅。

  → 購入した万年筆もカメラも、嫁の目がとどかないところに安置され、家では勉強しかしていないように思わせているfoolsbookさんのお宅。

  → オ・ミ・ト・オ・シ・よ! (嫁) 



4:東西南北の人(とうざいなんぼくのひと);
  住居が定まらず、あちらこちらを渡り歩くのこと。 

  → 旅人。(台風で札幌→神戸便が欠航のなか、どうやって神戸に来るか?)

  → 親方。(最近、参勤交代で関東地方の制圧も始めた)

  → aurora_88。(鹿児島日帰り予定中)

  → 拙者。(次回より、神戸も札幌も日帰り)

  → 唐変木の人。(R&Bホテルの自動収納機にヘンなもんを突っ込んでしまう)


5:同日の論にあらず(どうじつのろんにあらず);
  差がありすぎて、とても比べものにならないということ。あまりにも差がありすぎろものを、同じ日に論ずることは出来ない意から。 

  → キャップをはずして直ぐに書ける萬年筆と尻軸を緩めてから書く萬年筆。(楽しみ方やインク容量があまりに違うのであって、良い悪いではない)

  → キャンディとメディチ(少なくとも女学生はキャンディを選ぶ)
     かわいいかかいくないかの価値基準ならメディチの負け?

  → 自分の筆記角度に合わせて完璧に調整した萬年筆と、未調整の萬年筆。
     前者はメロメロになる書き味だが、好みが変わらなければ、そこから数十年かけて書き味は劣化していく。
     後者は細字であれば数年で手になじみ頂点に近い書き味になり、そこから数十年かけて書き味は劣化していく。
     前者には育てる楽しみは無く、後者では頂点の書き味は楽しめない。

  → 両方楽しむには、二通りの楽しみ方をすれば良い。拙者も意図して未調整から使い込んでいるパイロットが1本がある。
     筆記角度を萬年筆に合わせれば良い書き味だが、自分の筆記角度に合わせるとコツンと当たりがある。それを摩耗させて消すべく、強筆圧で書いている。日に日にとは言えないが、少しずつ慣れてきている。あと3年かな?

  → ただし、極太はヘビーライターか、超高筆圧でないと慣らすの時間がかかりすぎるし、筆記角度の自由度も出ない。やはり専門店でじっくりと調整してもらうか、腕を上げてから自己調整するのが良かろう。

  → 楽しみ方が違うものを同じ土俵で議論してもしようがない。 


6:銅臭(どうしゅう);
  金銭にとりつかれた人。金銭で立身出世をした人などをいやしめていう言葉。銅貨の悪臭がプンプンとする意から。 

  → 金臭:純金製軸にとりつかれる時期にある人(コレクターを長くやっているとそういう時期がある。極めるか極めないかは金銭力の問題)
     あきらめかた:純金製軸は凹みが出来やすい。従って【凹みがイヤだから純金軸には近づかない】と言えば良い。

  → 銀臭:純銀をいぶすことにとりつかれた人。銀の臭いというよりも、硫化水素の臭いかも?少なくとも匂いではなく臭い。ただし飽きる(拙者もすぐに飽きた)

  → 梨臭:梨地軸に取り憑かれた人。全日本マット協会会長。リングネームは、ストロング金剛ではなく、サンドブラスターYY(ワイワイ)というらしい。得意技は【しばき
  
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年08月27日

故事ことわざ辞典 その62

2011-02-26 00拙者は四文字熟語や故事・ことわざが大好き!
そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、故事・ことわざを赤字、それの正しい意味を青字で示す。

それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。
これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。


1:巧詐は拙誠に如かず(こうさはせっせいにしかず);

  たとえ巧みでもまやかしのものは、下手でも誠意の込められているものにはかなわないということ。巧みに詐るものは、仮に拙くても誠のこもっているものには及ばないの意から。 

  → 巧コンは拙ピスに如かず
     たとえ巧みでもコンバーター式は、回転吸入式(ピストンフィラー)にはかなわない。

  → 巧ピスは拙トメに如かず
     たとえ精巧なピストンフィラーの萬年筆でも、インキ止め式萬年筆と比べれば魅力は少ない(by インキ止め研究会)

  → 巧詐も拙誠もオクでは目を向けず 
     写真がすばらしいのに肝心の所の写真がないものや、写真はいっぱいあるがボケていて細部がよく見えないブツはオークションでは避けた方が賢明ということ。


2:高山の巓には美木なし(こうざんのいただきにはびぼくなし);
  地位が高い人は人からねたまれることが多く、なかなかその名声を保つことが出来ないというたとえ。山頂の頂上に生えている木は厳しい風雨のために美しい姿を保てない意から。 

  → 高山の巓に美木集まる
     世界のコレクターの元には、いろんな情報が集まり、珍しい萬年筆が集まる。

  → 高山の頂にヘンなもん集まる
     ニ右衛門半(個人)の元には、いろんな情報が集まり、ヘンな萬年筆が集まる。

  → 高山の頂にヘンタイ集まる
     親方のまわりに良識あるヘンタイが集まる。

  → 高山の頂に半(はん)集まる
     ニ右衛門半(個人)にあこがれて、認定を受けてない人までが、●●半を名乗って集まってくる。


3:膠漆の交わり(こうしつのまじわり);
  きわめて親密で堅い交わりのたとえ。膠漆はにかわとうるし。それでがっちりと塗りかためたような交わりの意味。 

  → 膠漆の交わりであっても宅配便には気をつけろ(by しげお)
     旅人は【超高級革製品】と品名欄に書いて宅配便を送ってきたぞ!ほんま、ひどいやっちゃ!正座させられて怒られたわ!

  → 社長と膠漆の交わりであっても券売機ブローカーには気をつけよう!お札を入れるかどうかはわからない。ほかの券を入れる可能性もある。

  → 上記の教訓から、あるラーメン屋の朝会でみんなで唱和するようになったスローガンとは・・・

  → 【ありがとうございます。私の方で券をお出しします。何になさいますか?バカボン様!】



4:孔子も時に遭わず(こうしもときにあわず);
  才能のある人でも機会に恵まれなければ、その才能を発揮できずにおわることもあるというたとえ。孔子のようにりっぱな人でさえ、時勢に乗れず不遇に終わることもある意から。 

  → ペンパレードもニ右衛門半に遭わず
     3人集もニ右衛門半に遭わなければ普通の萬年筆愛好家のままであったかもしれない。

  → それがニ右衛門半に遭ってから才能が芽生えた?

  → foolsbookも時に合わず
     頭脳明晰、沈着冷静、眉目秀麗といわれるfoolsbookでも、緊張して寝坊することがあるほど、親方にしばかれるのは恐ろしいということ。

  → 師匠も眼に合わず
     得意になって話しながら調整している時、ルーペではなくインク瓶の蓋を目に当ててペン先を覗こうとしていることがよくある。ボケが進んだかも・・・


5:好事門を出でず、悪事千里を行く(こうじもんをいでず、あくじせんりをいく);
  好ましいことは往々にして世間に知られず、悪いことはすぐに遠方にまで広まってしまうこと。。 

  → 良筆門を出さず!
     珍しい蒔絵の萬年筆は、人に見せると話が大きくなってひろまり、譲れとか見せろとか言う人が増えるので、絶対に人に言うなということ。

  → これを、人に見せると、【目くそがつく】と呼ぶらしい。目くそがつくとろくなことがない。これぞ万物のコレクターの名言。

  → オークションやペントレでチョンボをすると、その噂はすぐにひろまってしまう。

  → 同様に、取り置きしてもらった萬年筆のお金を払わなかったような噂も、あっというまに広まってしまう。たぶん尾ひれもついて。
     口約束も契約のうち!
           


6:孔席暖まらず、墨突黔まず(こうせきあたたまらず、ぼくとつくろまず);
  道を説くために東奔西走、各地を飛び回ること。孔子と墨子は道を説くためにあちこちを駆け回っていてほとんど家にいなかったので、孔子の席は暖まることなく、墨子の家の煙突は煙で黒くすすけることはなかったということから。 

  → 2011年は、年間45日間萬年筆のイベントを主催/共催。地元東京が16日、地方が29日。もし道を説くためだったら疲れるだろうな。

  → でも自分が楽しむためなら気楽なものじゃ。釣りにいったりゴルフに行くようなもの。

  → ただ、墨の箱が増えない・・・という悩みも?
  
Posted by pelikan_1931 at 10:10Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年08月13日

故事ことわざ辞典 その60

2011-02-26 00拙者は四文字熟語や故事・ことわざが大好き!
そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、故事・ことわざを赤字、それの正しい意味を青字で示す。

それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。
これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。


1:丸くとも一角あれや人心(まるくともひとかどあれやひとごころ);

  性格が柔和で温厚なのは結構だが、時には自分の意地を通すような強い面もあったほうが良いということ。【一角】は性格がちょっと角立っていること。 

  → 性格が柔和で温厚なケロリンが、最近では親方が販売している萬年筆に、【もう一声】と言えるようになった!だんだんしばきの効果も薄れてきたらしい。

  → 最近の丸研ぎになったPelikan M800の細字系は、コーナーを少しだけ角研ぎにすると絶妙になることを表した言葉は・・・

  → 丸くとも一角いれれば夢ごこち


2:真綿で首を絞める(まわたでくびをしめる);
  動きがとれなくなるように、遠回しにじわじわと責め立てるたとえ。柔らかくて強い真綿で首を締まるとじわじわとよく締まるところから。。 

  → 親方の行動パターンは以下のとお入り

  → 片手で頭をしばくでぇ (機嫌が良い状態

  → 両手で顔を殴るでぇ  (部下の失態にイラついている状態

  → 左手でアキレス腱を固める (親方が前後不覚に陥っている時、しげおちゃんがやっていること)


3:満は損を招く(まんはそんをまねく);
  ものごとは頂点に達してしまうと、あとはしだいに衰えていくということ。満ちていっぱいになれば次には減っていくことになるから。 

  → 萬は損を招く (年筆を買いすぎて、小遣いが欠に陥る)

  → その萬年筆が持つ最高の状態を調整で出せば、それ以降は書き味は下がるのみということ (紛れもない事実なので忘れないように)

  → ただし、書き味が下がっている時でも、再度調整すれば、書き味はまた最高にもどる

  → これが自己調整を上達させなければならない理由。自分で調整するならいつでも最高の状態を保てる。
     アマチュア調整師は他人の同じ萬年筆を何度も調整するのは好かんのよ。
    1回は最高にしたるけん、あとは自分でやりんしゃい。



4:ミイラ取りがミイラになる;
  人を連れ戻しにいった者が帰ってこないことのたとえ。また説得しようとした者が、かえって相手に説得されてしまうこと。
  はるばるミイラを捜しに言った者自身が、ミイラになってしまう意から。 

  → ミイラ取りがミイラ売りになる
     萬年筆を買いすぎて貧乏になり、ペントレで萬年筆を売る

  → ミイラのような萬年筆をボロ市で嬉々として集めていると・・・

  → ニ右衛門半探しが(いつしか)ニ右衛門半一族と呼ばれるようになる。

  → 萬年筆研究会【WAGNER】の階級には、調整師と半流と様の3つしかないが、
     最近、様(紙と箱)と半流(ニ右衛門半、広島半、岡山半、赤ずきん半と認定委員長〔奈良半+クマ&チチ〕)が統一会派を作る動きがあるらしい。
     そうなると、土日勤務で参加頻度が減った調整師を上回りそう。

  → 墨田ペトリ堂とか、笑窪とかも、あきらかに半流にちかい。
     それに系統の近いインク止め研究会が統一会派を結成したら・・・・おもしろい!

  → 対抗できるのは、現行品中心の良識あるヘンタイ倶楽部だが・・・
     良識に加えて、見識知識を加え【三識あるヘンタイ】になれば万全!


5:見栄張るより頬張れ(みえはるよりほおばれ);
  世間体を気にするより、実利をはかることのほうが大切だということ。体裁をつくろって食べたいものをがまんするより、遠慮なく頬張ってうまさを味わえの意から。 

  → いつも見栄張って小食気味な拙者。次回の関西地区では・・・思う存分食うぞ!

  → 同上 (Bromfield)

  → アホかぁ! (親方)

  → 興奮しないで下さい、親方! (しげお)



6:身から出た錆(みからでたさび);
  自分自身のしでかした悪い行いが原因で報いを受け、苦しむことのたとえ。刃物が刀身から出た錆でその価値を損なう意から。自分自とをかけて言ったもの。いろはがるたより。 

  → 飛行機から出た本栖  〔絶対にインク漏れはありません〕

  → バネから出た  〔スノーケルの修理で一番やっかいなのが錆びたバネの錆とり〕

  → 12月の北海道はさびい!  〔いわゆる寒いダジャレ〕
     ことしも小樽で雪合戦?
  
Posted by pelikan_1931 at 10:10Comments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年07月16日

故事ことわざ辞典 その56

2011-02-26 00拙者は四文字熟語や故事・ことわざが大好き!
そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、故事・ことわざを赤字、それの正しい意味を青字で示す。

それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。
これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。


1:歓楽極まりて哀情多し(かんらくきわまりてあいじょうおおし);

  喜びや楽しみがその頂点に達してしまうと、あとは悲しみが沸々とわいてきて、しだいに深まっていくということ。 

  → 歓楽街で興奮が頂点に達したとき、怖いお兄さんがいっぱい出てきて縮み上がってしまうこと。

  → 萬年筆の書き味が頂点になったら、あとは書き味は劣化するのみ。

  → すなわち調整とは、いかに劣化開始時期を早められるかが腕のみせどころ。

  → やり過ぎると、調整が終了した段階で、劣化も50%進んでいたりする。


2:還暦(かんれき);
  数え年61歳のこと。60年で生まれたときの干支に還(かえ)ることから。 

  → 2001年の5月1日生まれの人にとっては、2061年の1月1日に還暦をむかえるのかな?    

  → で還暦は2061年12月31日まで続くのかな?

  → げげ、ということは2012年の1月1日は、拙者の還暦か?

  → 還暦萬年筆を企画しようかな?赤軸ではないもので・・・


3:閑話休題(かんわきゅうだい);
  余談を本筋に戻すときや、話題を変えるときなどに使う言葉。無駄話は止めて、それはさておき。 

  → 管は窮だい! (首相が窮地に陥っている事を自虐的に言う言葉)

  → 管は及第?いや落第! (でも留年は勘弁してね・・・)  

  → 萬年筆研究会【WAGNER】では、本筋の話題が無いので、閑話休題が成り立たない。

  → そもそも【みずうみの悪魔】さんのおかげで【閑話】とならない。


4:管を以て天を窺う(かんをもっててんをうかがう);
  狭い見識で大きな問題を論じたり、判断したりすることのたとえ。細い管の穴から空を覗いても、大きな空のほんの一部しか見えないことから。。  

  → 狭い見識で大きな問題を論じること・・・・ダム建設中止、二番じゃだめなんですか?

  → 狭い見識で大きな問題を判断すること・・・原発停止 

  → ある一面だけを見て、人物像を決めつけてしまうこと・・・小沢氏の評価
     人は多様性のある生き物。欠点も含めて愛してあげましょう。 


5:奇貨、居くべし(きか、おくべし);
  到来した絶好の機会を逃す手はない、大いに利用せよということ。奇貨は珍しい品物、居くべしは蓄えておくべきの意。 

  → ペントレに臨む人に贈る言葉

  → これを実践して、メディチを手にした人もいた

  →  全国の韓流半流怪人の座右の銘 ・・・ へんなもんを見つけたら、まずは確保!


6:聞けば気の毒、見れば目の毒(きけばきのどく、みればめのどく);
  聞けば聞いたで、見れば見たで、あれこれ欲が頭をもたげて心を悩ませるというたとえ。。 

  → あれこれと欲しくなる原因は【】だったのか!そういえば物欲と言うなぁ・・・

  → 萬年筆が欲しくなった時には【おまえはにまみれているのか?】と自問しよう。

  → 書けば手の毒・・・と言われたら調整師は鼻高々

  → 実物を見ない【箱様】の物欲はどこから来ているのだろう?

  → 半流の人々の欲は普通の人と違う。普通の人は誰もが欲しがる物が欲しい。
     半流の人々は、誰も欲しがらないからこそ愛おしい!
  
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年07月09日

故事ことわざ辞典 その55

2011-02-26 00拙者は四文字熟語や故事・ことわざが大好き!
そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、故事・ことわざを赤字、それの正しい意味を青字で示す。

それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。
これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。


1:黒白を弁ぜず(こくびゃくをべんぜず);

  事の是非や正邪の見分けがつかない。 

  → 赤緑を弁ぜず
     ・アカラーもミドラーも萬年筆が好きなことには変わりがない。ただ・・・赤いきつねや緑のたぬきのTシャツをおそろいで着るノリは誰にでも備わっているモノではない・・・

  → 弁を信じず、玉を見る
     依頼人からどんな説明をうけようとも信じない。ただペンポイントが語る真実のみを信じる。

  → 黒白を弁ぜず、それもまた楽し!
     本物か偽物か区別がつかないモノの方が、【半】の世界では尊ばれる。
     本日、WAGNER初登場にして、【秋田半】というか【赤好きん半】、【あかずきんはん】と呼ばれる人が入会予定。


2:極楽の入り口で念仏を売る(ごくらくのいりぐちでねんぶつをうる);
  全てを知り尽くしている人に対してものを教えるたとえ。 

  → 国際線ターミナルで海外ブランド萬年筆を売る(書斎館)
     何故かはわからないが売れているんです・・・販売の素人の拙者にはよくわからないが・・・    

  → 地獄の入り口でインク瓶を売る(箱様)
     WAGNER会場の入り口で似顔絵ラベル付きインク瓶を並べています。怖くないからよく見てね!

  → アメ横の入口で萬年筆を売る(マルイ商店) これは説明不要か?


3:こけた上を踏まれる;
  不幸に見舞われているときに、さらに不幸が重なるたとえ。同義語:泣きっ面に蜂、弱り目に祟り目 

  → 墜ちた上に嫁からもふんだくられる
     萬年筆に墜ちてお小遣いが無くなったにもかかわらず、萬年筆を買った事がバレて嫁にシャネルのスーツをカードで買われる・・・

  → 眼が動いただけで押される
     琵琶湖のほとりで鍛えられた感はすごい!視線が動いただけで相手の心を読み、背中を押しにくる!

  → その気がないのに送られる、そして墜ちる!
     とりあえず・・・と自宅に送られてきて・・・そのちに欲しくなって墜ちる!
     通称、富山の薬売り商法なのだが、富山や金沢の人が墜ちやすい?


4:虎穴に入らずんば虎子を得ず(こけつにいらずんばこじをえず);
  何事も危険を冒さなければ成功を収めることは出来ないということのたとえ。
  Nothing ventured,nothing gained. (思い切ってやらなければなにも得られない)  

  → ペントレ会場に入らずんば虐待を得ず(虐待するのは嫁)

  → WAGNERに入らずんば煩悩を得ず(売りつけるのではなく、欲しがらせる戦略)

  → 虎穴に入れずんば、しげおさんに怒られる(by fooldbook) 
     ホテルのカードを正しいスロットに入れないで壊してしまい怒られました・・・ 


5:虚仮の一心(こけのいっしん);
  愚か者でも心を集中して懸命にやれば、りっぱなことができるということ。(虚仮は愚か者) 

  → 虚仮の一心があろうがなかろうが、ペンポイントはすぐに飛ぶ

  → 苔(こけ) のペンから広島半 解釈:苔が生えそうなペンが欲しくなったら、【半】病に感染している。いわゆる半病人です。

  →  虚仮より団子 by 師匠
     一心不乱に調整していても、食べ物が差し入れられるとすべてを投げ出して脱兎のごとく餌に走りよる・・・
 


6:後光より台座が高くつく(ごこうよりだいざがたかくつく);
  ものごとは、目立たないどだいとなる部分にお金がかかるというたとえ。仏像は後ろに添えられている後光よりも台座の方が費用がかかる意から。 

  → 軸より箱が高くつく (マーレン、M1000ベースの限定品)

  → 軸よりブランドが高くつく (モンブラン)

  → 軸より嫁が高くつく (foolsbook)

  → 買うのも修理も高くつく (モンブラン)
  
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年07月02日

故事ことわざ辞典 その54

2011-02-26 00拙者は四文字熟語や故事・ことわざが大好き!
そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、故事・ことわざを赤字、それの正しい意味を青字で示す。

それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。
これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。


1:月日変われば気も変わる;

  月日がたてば人の心も変わる。人の心は定まったものではなく、多くのことは時間が解決してくれるということ。 

  → 月日変われば手も変わる(時間とともに萬年筆の美味しいところを生かすように持ち方が変わっていく)

  → ペンポイントが摩耗して書き癖に合わせて削れるのではないよ。(削れるほど力を入れて書いていたらいつまでたっても書き味は悪いよ)

  → 月日かわれば調整師も変わる。(歳とって眼の焦点がわからなくなると、眼で調整していた人も指の感覚で調整せざるを得なくなる。えてしてその方が書き味も良い・・・という不思議)


2:肺腑を抉る(はいふをえぐる);
  相手の心の深いところに強い衝撃を与えるたとえ。肺腑は肺臓のこと。転じて、心の奥底の意。肺腑を衝くとも言う。 

  → 【煙草だけは止めた方が健康のためですよ!】と主治医に肺腑を抉られても、主治医がいなくなるとうまそうに煙草を吸う・・・改◯大◯王

  → 事前打ち合わせのとおりの展開だとほくそえんでいたのに・・・

  → 肺腑を抉られても、めげずに、ペン芯を抉る・・・改◯大◯王


3:月満つれば即ち虧く(つきみつればすなわちかく);
  何事も頂点に達すれば、あとはしだいに衰えていくということ。月は満月になればあとは徐々に欠けて細くなっていく意から。 

  → ペンポイントは完璧に調整された直後が最も書き味が良い。あとは書き味は悪化の一歩をたどる。

  → もし、書き味が良くなるような錯覚を覚えるとすれば、それは手が研磨になじんでいくから。変わるのはペンポイントではなく持ち手の使い方。

  → どの程度、持ち手が萬年筆になじんで変化するかを一瞬で見分けるのがプロの技。残念ながらコレだけはプロにかなわない。


4:分別過ぐれば愚に返る(ふんべつすぐればぐにかえる);
  あまりに深く考えすぎると、かえってくだらない考えになってしまうということ。過ぎたるは猶及ばざるが如し・・・と同義。 

  → もっと良く、もっと書き味良く・・・と考えすぎてペンポイントを飛ばしてしまった時の反省。

  → 分別のつく40代を超えてから萬年筆に嵌まると、愚かだなぁと自分で反省するほどの行動に出てしまう。

  → 萬年筆との付き合いも、仲間との付き合いも、軽〜るく、軽〜るく・・・というのが良い萬年筆ライフのコツ!


5:月夜に背中あぶる(つきよにせなかあぶる);
   やりかたが見当外れだったり、まわりくどかったりして、まるで効果がないことのたとえ。月の光で背中を温めようとしても、どだい無理なことから 

  → 15000番のラッピングフィルムで、ペンポイントの形状を時間をかけて変えようとすること・・・効果無いどころか(以下自主規制)

  → ペンポイントの形状を変えるのと、エッジをかすかになまくらにするのとは、狙いが全く違います。お間違えなく!

  → 前者は筆記角度や用途に適合させるのが目的。後者は筆記感の微細な変化が目的。

  → 荒研ぎと仕上げ研ぎと考えてはいかんよ!


6:枚を銜む(ばいをふくむ);
  声を立てず、じっと息をこらすたとえ【枚】は昔、夜襲の際に、兵や馬が声を出さないように口にくわえた棒。銜むはくわえる意。

  → 枚を銜んだ・・みずうみの悪魔 (前回の九州地区大会で3分間沈黙した)

  → 萬年筆を嫁に無断で購入したのがいつバレるかと気になっている状態。

  → ペントレで狙っているブツを握って悩んでいる人の側で、【離せ!離せ!】と念じている状態。

  → 親方に【しばくでぇ!】と言われながらも、まったく別の事を考えている・・・ケロリン。本日、とんでもない事が起こる予感がする。
  
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年04月30日

故事ことわざ辞典 その49

2011-02-26 00拙者は四文字熟語や故事・ことわざが大好き!
そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、故事・ことわざを赤字、それの正しい意味を青字で示す。

それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。
これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。


1:器量より気前(きりょうよりきまえ);
     顔かたちが美しいことよりも、気立ての良いことの方が大事だと言うこと。

→ 器量より気風(きっぷ)がまさっているとは口が裂けても言えない!

→ 言ったが最後、口が裂けるだけではすまない・・・

→ せいぜい器量も良いが、気風(きっぷ)も良いし、度胸もある・・・と言っておこう。

→ 萬年筆だけは、書き味より器量!いくら書き味が良くても美しくなけりゃ愛でられません・・・

→ 萬年筆の器量? そんなの関係ねぇ! by 箱様(はこさま)


2:麒麟の躓き(きりんのつまずき);
     いかに優れた人物でも、時にはしくじることがあるということ。麒麟は1日に千里を走る優れた馬だがそういう駿馬(しゅんめ)でさえ躓くことがある意から。

→ しげおちゃん、東京で職務質問される「落ち着いて下さいしげおさん」「何で名前知っとんねん?」

→ 親方の二次会、最初から「もうあかん!」

→ foolsbook氏、血圧計の表示モニター見つけられず・・・
でも表示部がセパレート型の血圧計ってあり?


3:金甌無欠(きんおうむけつ);
     完全で欠陥が皆無なこと。傷一つ無い黄金の甌(かめ)のように完全で欠点が全くない意から。

→ 金無垢未使用(非常に高価でなかなか手が出ないもののたとえ)

→ WAVIO酸欠(初めてのペントレ調整で、最初の一本に手こずり意識を失いそうになったWAVIO氏)

→ メディチ一発!(長々と価格少々を楽しもうとしていたメディチが開始早々売れてしまって手持ちぶさたなどーむ氏)


4:孔子の倒れ(くじのたおれ);
     いかに優れた人物でも、しくじることがあるということ。孔子(くじ)は孔子(こうし)を呉音で読んだもの。孔子でも時にはつまずいて倒れることもある意から。

寝坊する(親方は怒らなくても、助さん、格さんは怒る!)

部屋のオートロックに異物を押しこむ

しげおちゃんに山手線の中で注意される

→ ここまで【倒れ】が重なると、foolsbook氏が自身の事を【平成の孔子(くじ)】と呼ぶには無理があるか? 【平成の諸葛孔明】とも自称していたかな?


5:口には関所が無い(くちにはせきしょがない);
     人の口には出るのをさまたげる関所など無い。だから何を言ってもかまわないというたとえ。

→ 琵琶湖には関があるが、みずうみの悪魔(の口)を止めるモノは無い。

→ LD(Lakeside Devil)氏には、ぜひ関西ペントレでfoolsbook氏の提唱するMC(ヒップホップなどの音楽でラップをするひと)をやってもらいたいなぁ・・
  本来のMC
は Master of Ceremoniesで、イベントの盛り上げ役。
  昔なら・・・【チャンチャカチャン! あなたのお名前なんてーの?】というやつ。トニー谷みたいなもんかな?

→ そして冬のペントレ@両国(年末大バザール)で富士川越えを!

→ Lakeside Satan & Devil の頭文字なら(LSD)


6:寺から出れば坊主(てらからでればぼうず);
     そう思われてもやむを得ないことのたとえ。寺から出てくる者は僧侶と思われてもしかたない意から。

→ ANAから降りる坊主頭 (旅人)のこと。別名:格さん

→ (WAGNER)会場から出ればヘンタイ (やむを得まい。良識は測りようが無い)

→ 壊れた萬年筆を持ち歩けば広島半 (広島の二右衛門半の略称)
  
Posted by pelikan_1931 at 09:09Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年03月05日

故事ことわざ辞典 その42

2011-02-26 00拙者は四文字熟語や故事・ことわざが大好き!
そこに書かれている本来の意味を曲解すると爆笑ネタになる事も多い。
まずは、故事・ことわざを赤字、それの正しい意味を青字で示す。
それに対する拙者の曲解を下に黒字で書いておく。
これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され。


1:同気相求む(どうきあいもとむ);

    気の合う者同士は互いに求め合い、自ずと寄り集まると言うこと。
→ ヘンタイ同士は、自ずと惹く合うと言うこと。
→ 本日の関西地区大会、ぜひご参加くだされ!初心者、初参加歓迎!
→ 同病相憐れむ・・・?

2:膳部揃うて箸を取れ(ぜんぶそろうてはしをとれ);
    食事は慌てずに、料理がすべて出そろってから箸をとれ。ものごとはせっかちにならず、準備万端整ってから始めよということ。
→ 調整道具が全部揃ってから調整を開始せよと言うこと。
→ 代用品ですまそうとすると思わぬ失敗をする。
→ ペントレでは売る側は中央を取れ、買う側は先頭を取れ!
→ 芸術は爆発だ!ペントレは戦闘(先頭)だ!

3:前門の虎、後門の狼(ぜんもんのとら、こうもんのおおかみ);
    一つの災難を逃れてほっとするまもなく、またすぐに他の災難に見舞われるたとえ。
   前門の虎を防いでヤレヤレt思ったのもつかの間、後門に恐ろしい狼が現れる意から。

→ 前門の悪魔、後門のどーむ。
→ 運転席のしげお、助手席の親方。  by / 旅人
→ 前門の腕時計、後門のカメラ。 by / 萬年筆愛好家
→ 前門の【世界の萬年筆展】、後門の【世界の萬年筆祭り】
→ その後の【第11回ペントレーディング in 東京】

4:青天の霹靂(せいてんのへきれき);
    思ってもみなかった突然の大事件や、突然受ける思いもよらない衝撃のたとえ。
→ どーむのメディチ!
→ 鬼の錯乱 その1:  aurora_88の風邪 (真冬の札幌で薄着?)
鬼の錯乱 その2:  悪魔の捻挫 (タイスケで急ぎすぎ?)
→ でも、鬼の復活は早い!

5:性相近し、習い遠し(せいあいちかし、ならいあいとおし);
    人が生まれながらに持っている素質にはそれほど差が無いが、教育や生活次第で大きな差が出来てくるということ。。

調整技術は手先の器用さより調整本数に比例する
高みへの堕ち方は(ある程度)年収に比例する
→ 萬年筆への執着心には変わりは無くても、地域で大きな差が出る。
やはり萬年筆専門店やペンクリ頻度が少ない地方は厳しい・・・
めざせ地方大会・全国制覇!

6:粋が身を食う(すいがみをくう);
    遊びの道に通じた粋人は、ついにはその遊びで身を滅ぼすことが多々あるということ。
→ ご用心! 
→ 粋が貧を救う時もある(求む、ペントレ出品!)
  
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年02月05日

故事ことわざ辞典 その38

2010-04-10拙者は四文字熟語や故事・ことわざが大好き!

そこに書かれている本来の意味を 曲解 すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、故事・ことわざを赤字、それの正しい意味を青字で示す。

それに対する拙者の 曲解 を下に黒字で書いておく。

これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され



1:行雲流水(こううんりゅうすい);
    空を行く雲や流れる川の水のように、なにものにも執着することなく、自然のままに生きること。
    例:行雲流水の余生を楽しむ。

→ 行雲流水の余生はボケやすい。ぜひ刺激のある萬年筆研究会【WAGNER】へ!

→ 最初は物欲の虜になるが、そのうち人間関係を楽しめるようになる!

→ 【ウ◇コしに行ったら、必ず水を流すように】 という意味ではない。


2:菽麦を弁ぜず(しゅくばくをべんぜず);
    このうえなく愚かなことのたとえ。菽は豆のこと。すなわち豆と麦の違いも出来ない意から。

→ 最初はピンクレディーも、ウィンクも左右の人の認識・区別がつかなかった。
   豆同士のザ・ッピーナッツや、コマドリ姉妹は言わずもがな・・・

→ 山口百恵がスター誕生に出た時、桜田淳子がまた出場したと思った。
   百恵と淳子の区別もつかないのは・・・菽麦を弁ぜず?

→ 時は経て、大学4年生の時には、【桜田淳子を守る会】に入っていた。
   3年生の時には、京愛子の追っかけだった・・・ああ、菽麦を弁ぜず!の時代!

→ 漢文に悩む高校生諸君!【宿便が出ない】という解釈は間違っている。
   そういう解釈をすれば、【菽麦を弁ぜず】と先生から言われる! 


3:後悔、先に立たず;
    事が終わったあとで悔やんでみても、どうにもならない。だから後悔しないように事前に注意せよという戒め。
    Repentance comes too late. (後悔はあまりにも遅く来る)

→ 先々週、PayPalの支払を間違った人に送ったあとで思ったこと。【後悔、先に立たず】

→ しかたなくその人の出品物(ガラクタ)を購入したが、到着してみると、お宝が!これは【瓢箪から駒】?

→ オークションで狙っていた物があったのに寝過ごした時に感じる格言の代表!


4:衆生済度(しゅじょうさいど);
    迷いや苦しみの多い世界から人々を救って、悟りの境地を得させ、幸せな彼岸に導くこと。
    仏教語で衆生は悩み迷える人々。済度は人々を救って彼岸に渡す意。

→ 衆生済度・・・・世界のコレクターのお宅を初めて訪問したときの心境!

→ どうころんでも、ここまでの情熱は持てない・・・違う面で萬年筆文化に貢献しよう・・・と悟った。

→ 迷いや苦しみは無くなったが、物欲は多少残っている・・・


5:剛毅木訥、仁に近し(ごうきぼくとつ、じんにちかし);
    意志が強固で、飾り気がなく口数の少ない人物こそ、最高の徳である仁にもっとも近い者であるということ。

→ 物欲に溺れており、口数が人並み外れて多く且つ人を奈落に落とすのがうまい(巧言令色)ひとは手を挙げて!

→ 剛毅木訥の人だらけではペントレは成立しない。いっそ【剛毅木訥出入禁止】とはり紙しようか?

→ 萬年筆愛好家を長年見ていると、意志薄弱な人ほど魅力的に感じる。

→ 仁義礼智忠信孝悌を萬年筆研究会【WAGNER】にあてはめると・・・  
   ・仁 (誰それと隔たりなくいつくしむ心)------どんな汚い萬年筆でも慈しむ
   ・義 (義理人情を尽くす心)------【おおコレは汚いねぇ】と言われたら義理でも喜ぶ
   ・礼 (礼儀を重んじ感謝する心)------礼儀を重んじ軽々しく萬年筆を洗わない
   ・智 (善悪を見分ける心)------真偽を見分けた上で安く入手する。(時々掴まされる・・・)
   ・忠 (まごころで仕える心)------若い人材には懇切丁寧に説明する
   ・信 (信じる心)------みんなも汚い萬年筆に興味があると信じる
   ・孝 (先祖を大切にする心)------Vitgate萬年筆を大切にする
   ・悌 (仲良くする心)------参加者と分け隔て無く仲良く語り合う

→ 仁義礼智忠信孝悌を兼ね備えているのは、二右衛門半しゃんだった。これからは二右衛門半と呼ぼう! 

 
6:手套を脱す(しゅとうをだっす);
    秘めていた本来の腕前を発揮するたとえ。手套は手袋のことで、手袋を脱ぐ意から。

→ 能ある鷹は爪を隠す・・・岡山では【手套を履く】と言う? 

→ WAVIOしゃん、期待してまっせ!

→ 手刀(しゅとう)でダッシュ! は東京のペントレ。あと2ヶ月強!

→ 手刀(チョップ)でピンチから脱出・・・したのは力道山!
  
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(7) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年01月29日

故事ことわざ辞典 その37

2010-04-10拙者は四文字熟語や故事・ことわざが大好き!

そこに書かれている本来の意味を 曲解 すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、故事・ことわざを赤字、それの正しい意味を青字で示す。

それに対する拙者の 曲解 を下に黒字で書いておく。

これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され



1:籠鳥雲を恋う(ろうちょうくもをこう);
    自由に憧れることのたとえ。また、離れたところにいて故郷を恋しく思うことのたとえ。
    籠の中の鳥が大空の雲を恋しく思う意から。

→ 座敷牢の中の萬年筆が使って欲しいと叫ぶ声はたまに聞こえる程度だが・・・

→ 萬年筆専門店のショーケースの中の限定品が【出して!出して!】と叫ぶ声は良く聞こえる

→ でも財布のお金には嫁が【出ちゃダメよ!】と言い含めている
   さてあなたはどちらの声に反応する?あるいはどちらの意図に反応する?


2:ローマにいる時はローマの人がするとおりにせよ;
    土地によって風俗や習慣は異なるもの。だから、住む土地のそれに合せて生活すべきだと言うこと。
    When in Rome do as the Romans do. 郷に入っては郷に従え

→ 神戸地区大会で許される沈黙は3秒まで!
   基本的に呼吸する以外はずっとしゃべり続けるのが基本!
   先日、みずうみの悪魔しゃんは、【おはようさん】から【じゃ、社長を散歩から連れ戻しますぅ】といって宴会場を後にするまで
   1秒たりとも沈黙はなかった!
   親方は40分ほど意識不明になっていたが・・・

→ 一昨年まで、札幌大会で許される発言は30分間に一言程度だった?
   5分間もの静寂が会場内であったこともある・・・

→ ローマとはWAGNER 会場のこと
   会場内ではWAGNERの暗黙のルールに従おう
   ・他人の萬年筆に触るときには、持ち主の了解を取ってから
   ・他人のペントレ萬年筆を試筆するときには水につけて試す(水が一番書き味が悪いので、水で良ければインクならさらに良い書き味)
   ・ペンクリを依頼する萬年筆はインクを抜き洗浄し、乾燥して持ち込むこと  


3:隴を得て蜀を望む(ろうをえてしょくをのぞむ);
    一つ望みが叶えられると、次の望みがすぐに起こってくる。欲望には限りがないというたとえ。
    光武帝が隴を平定したあと、蜀も手中に入れようとした自分の欲の深さを自嘲した故事から。

→ ヘミングウェイを得て、メディチを望む

→ メディチを得ても、オクタビアンをも望む

→ メディチを得ても、さらなるメディチを望む(8種類?そろえたくなる)

→ Fを得ても、EF/SF/SFM/FM/SM/M/B/BBをそろえたくなる(ヘリテイジ'91) 

→ 9本のヘリテイジ'91がそろっても、すべて丸形クリップ付きキャップに変えたくなる

→ 人間の欲望には限りがない・・・ってのはよくわかるなぁ


4:我が刀で首切る;
    自分のしたことで自分自身が苦しむ結果になるたとえ。
    まるで自分の刀で自分の首を切るようなものだからの意。

→ あの時ポチっとやらなかったら、こんなに不安な日々を送らないですんだのに・・・
   嫁の通帳監査に怯える(全世界の)萬年筆愛好家

→ あの時研磨をやめていれば、ペンポイントは修復可能だったのに・・・
   あと一歩で完璧に・・・と思った時は既に自己調整は手遅れ
   早めにペンクリに持ち込んで相談しよう。この状態なら回復可能な場合もある。

→ ああやってしまった・・・と思ったときは調整師に提供しよう
   他の人の萬年筆を再生する崇高な(真の)生贄となる

→ (調整師を目指さないなら)自己調整はほどほどに!
   (萬年筆業界の反映を願うなら)自己調整は大胆に!(失敗してどんどん新品を買おう!)


5:我が身のことは人に問え;
    欠点など、自分の事は自分ではわからないおの。だから、人に尋ねて意見を聞くようにせよということ。

→ 書き癖は調整師に問え
   調整師に正面から書いているところを診てもらえば癖は一発でわかる。
   ただし↓

→ 机と椅子の相対関係によって筆記角度は変わる
   低いテーブルで試筆すると筆記角度は高くなる・・・など

→ 縦書きは一行の中でも筆記角度は変わる
   行のはじめと行の終わりの筆記角度を診てもらおう
   それだけの許容量を入れた調整が必要
   コテ研ぎでは対応出来ませんぞ!

→  縦書きでインクの乾きが遅い場合、1行目と2行目では握る位置が変わる
    だんだんと後ろを持つようになり、筆記角度が低くなる
    でべそ会長の筆記を森山さんが見て指摘したのが発端で世に出た癖

→  書き味のことは我が身に問え
        結局は微調整は自分自身で出来るようになるのがいちばん!
   調整師が【良い書き味じゃ】といった萬年筆ではなく、自分の感性に合うのが(自分にとって)良い書き味の萬年筆じゃ!
    


6:我が身を抓って人の痛さを知れ(わがみをつねってひとのいたさをしれ);
    自分が苦痛だ、いやだと思うことは、人も同じように苦痛だしいやなのだ。自らの苦しみを味わって人の苦しみを思いやらなければいけないという戒め。

→ 人が試し書きした萬年筆は触るのもイヤだが、自分は店の在庫品を全部試筆する・・・ってのは勝手だよねぇ。

→ ペントレでインクが入っていない萬年筆を試筆する時には、オーナーに断ってから水をつけて試筆するのが最近のルール。
   未使用のVintage ワインを誰かが勝手に封を切って飲んだらいやなのといっしょ。
   調整師が待機しているペントレでは、購入後にいかようにでも書き味調整出来るぜよぅ。
  
Posted by pelikan_1931 at 09:00Comments(8) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年01月22日

故事ことわざ辞典 その36

2010-04-10拙者は四文字熟語や故事・ことわざが大好き!

そこに書かれている本来の意味を 曲解 すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、故事・ことわざを赤字、それの正しい意味を青字で示す。

それに対する拙者の 曲解 を下に黒字で書いておく。

これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され



1:才色兼備;
  優れた才能とともに、美しい容貌を兼ね備えていること。  
  才色は、〔才知〕と〔容色〕の意。  ふつう女性について言う。

→ 才色兼備な萬年筆=美しい軸と書き味の良いペン先を持つ萬年筆

→ この場合、持ち主がむさいオッサンであってもそう呼ぶ

→ 1950年代MontblancNo.146 縞軸?

→ 飛翔天人?

→ 財色兼備=美しくて財産を持っている女性・・・いいなぁ


2:賽の河原(さいのかわら);
    どんなに努力しても徒労に終わることのたとえ。賽の河原は三途の川のほとりにある。
    死んだ子が、親の供養のために石を積んで塔をつくろうとすると、鬼が来てくずしてしまうことから。 

→ ペントレ会場

→ たまりすぎた萬年をペントレで整理しようとしたが、悪魔がきて背中を押され、またまた萬年筆を買ってしまう

→ ええですよぅ!ここで買わんと一生後悔しまっせ!わたしもこんなえモンは見たこともありませんわぁ。買っときなはれ!
   なぜか他人が並べている萬年筆を絶賛する・・・

→ 悪魔がきたりて背中押す


3:竿竹で星を打つ(さおだけでほしをうつ);
    とても出来るはずのないことをしようとする愚かさのたとえ。また思うところになかなか届かず、もどかしいことのたとえ。

→ 【もう萬年筆は買いません】という宣言・・・むなしい

→ いろんな人から何度も聞いたが公約が守られた試しがない

→ 公約したとたん、不思議にも魅力的な萬年筆が目の前に現れる・・・

→ あとは公約破りを正当化するために画策することになるのだが・・・


4:酒と産には懲りた者がない;
    酒を飲み過ぎれば相当辛いし、出産の苦しみもかなりのものだが、もうこりごりという者はいない。
    酒を飲むこと、子供を持つことにはそれなりの楽しみがあるということ。

→ ペン先の自己調整に懲りた者は数多くいる・・・

→ 自己調整の失敗を【私の手に入ってからは調整はしていません】と言ってメーカーペンクリに出す輩もいる。死刑!

→ 調整ってペン先を削るだけではないので、腑分けは必須技術じゃよ。


5:笹の葉に鈴;
    ペラペラとよくしゃべることや、落ち着きなくそわそわしていることのたとえ。笹の葉に鈴をつけると、風に揺られて鈴が鳴り続けることから。
 
 
→ WAGNER関西の二次会

→ 良識あるヘンタイ倶楽部員の喫茶店での行動様式。オシボリを見るとソワソワする。

→ ごそごそと萬年筆を出して試し書きするのだが、キャップ内部にインクが漏れていて手が真っ青!

→ おかげでオシボリも真っ青!繰り返していると、萬年筆使用禁止の透明ステッカーが見え始める。そうなったら真のヘンタイ!


6:匙の先より口の先(さじのさきよりくちのさき);
    薬を調合するさじ加減は下手なのに、口だけは達者で、患者にお世辞などを言って腕の悪いのを取りつくろう医者を皮肉って言うことば。

→ 昔から職人は、口の先より匙の先・・・だったが、萬年筆職人に限っては【匙の先も口の先も】タイプが多い!

→ 講釈もすごいし腕も良い!っていうか、そういう人しか生き残れてない。

→ ペンの先より軸の価値 → ペン先はたいしたことないが軸が魅力! → TWSBI Diamond 530?
  
Posted by pelikan_1931 at 07:00Comments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年01月15日

故事ことわざ辞典 その35

2010-04-10拙者は四文字熟語や故事・ことわざが大好き!

そこに書かれている本来の意味を 曲解 すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、故事・ことわざを赤字、それの正しい意味を青字で示す。

それに対する拙者の 曲解 を下に黒字で書いておく。

これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され



1:がったり三両;
  どんなささいなことでも何か起これば、すぐにお金がかかるから、よけいなことはしないほうがよいというたとえ。 
   がたりと音がして物がちょっとでも壊れれば、3両の金がかかる意から。 

→ ポチット3両!
   オークションでは手元の現金がその場では減りません!要注意!

→ 背押し3両!
   必殺背押人と呼ばれるみずうみの悪魔しゃん!この人に背中を押されたらあらがえない。

→ 江戸時代中期の1両を、米価、賃金、そば代金をもとに当時と現在の価格を比較してみると、
   米価では 1両=4万円
       賃金では 1両=40万円
   蕎麦では 1両=12万円
     米価から計算した金一両の価値は、江戸初期で10万円、中期で4万円、幕末頃には4千円

→ さて、あなたの1両の価値はいくら?
   昨日の拙者の場合、マ◇イで3両の際の1両は約5万円・・・あの兄弟の術中に落ちた!


2:河童に水練(かっぱにすいれん);
    知り尽くしている人に、ものを教えようとする愚かさのたとえ。
    Teach your grandame to spin. (おばあちゃんに糸の紡ぎ方を教える)

→ 一昨日、床屋のオヤジに未使用のMontblanc No.310を【これは10万円くらいするはずだ】と自慢された。
   かわいそうなので相場は言わなかった・・・

→ 第1回目の三越世界の萬年筆祭りでは、フェンテのブースで調整コーナーを担当した。
   初日最初のお客はセーラーの川口さんと、フルハルターの森山さん
   川口さんが、プロフィット 80 ブライヤーの細字を出して、【すんません、書き味が悪いんですけど直して下さぃ】
   ジョーク好きの2人連れじゃった!

→ そのあとセーラーのブースで【最後の一本】を購入したが、翌朝には追加で5本届いていた・・・
   やはり川口さんは河童。駆け引きでは勝てないゎ・・・


3:嘴が黄色い(くちばしがきいろい);
    年が若くて未熟なことをあざけって言うことば。ひな鳥の嘴が黄色いことから。

→ 天冠が金色!
   M320 ルビーレッドの天冠は金色のペリカンに変わっていた!前のは黒のプリント。
   色合いの変化よりも天冠の変化の方が日本のファンにはうれしい!
   昨日、日本入荷後の店頭販売第一号を入手!ええですぞぅ!

→ 天冠が黄色い!
   M710 イエロートレドの天冠は黄色に金属ペリカンが埋まっている。これも良い!
   M910 イエロートレドの天冠を新M801の天冠(ブルー・オ・ブルーの天冠の銀色版)と取り替えたい!
   新801の日本入荷はまだかな・・・

→ 嘴が黄色いほど喜びが大きい
   購入した萬年筆の数が増えるほど、満足度が低下する・・・


4:進むを知りて退くを知らず;
    とにかく前に進むことだけを考えて、時と場合によっては退くことが必要だということをしらないこと。

→ ヤフオクで引っ込みがつかなくなって、終了間際に500円ずつ値を上げることを繰り返すこと

→ ペン先をもて遊んでいる内に熱くなって、ペンポイントを削りきってしまうこと
   自己調整に嵌りだした頃に陥りやすい
   やばい!と思ったら、一休みして、調整師に調整してもらった萬年筆のペンポイントを眺めること!
   書き味は研磨だけで良くなるのではなく、形状とインクフローとスイートスポットの合体技。
   いま自分がやっている作業はそのどれなのかを冷静に考えよ!

→ どうしても琵琶湖方面から富士川を越えることが出来ないなら、新潟回りで東京に行けばよい!
   真っ直ぐに進むだけではなく、回り込む手も考えよう! → みずうみの悪魔様へ


5:捨てる神あれば拾う神あり;
    人から見捨てられることもあれば、一方では助けてくれる人もいるように、世の中は広くて様々なことがある。
    だからたとえ不運なことがあってもくよくよするなというたとえ。
    When one door shuts, another opens. (一方の戸が閉じれば、もう一方の戸が開く)

→ 捨てる物でも拾う半あり!
   広島半(広島の二右衛門半の略称)しゃんに捧げる言葉!
   ドロドロの萬年筆でも愛せるのが本当の萬年筆愛好家。愛好家の鑑(かがみ)です!

→ 捨てる紙でも拾う紙様あり!
   紙物コレクターにとっては萬年筆よりも紙(包装紙、宣伝媒体、販促品など)の方が重要!
   紙様・・・紙物コレクターのWAGNER 会員

→ ペントレの本来の精神 ==> 飽きた萬年筆を欲しい萬年筆と交換する 


6:相撲に負けて妻の面張る(すもうにまけてつまのつらはる);
    外でむしゃくしゃすることがあり、家に帰るやうっぷんばらしに妻に当たり散らすたとえ。

→ ペントレの行列に妻を並ばせる!
   まだまだ内部で品定めをしていると思わせて、ちゃっかり奥さんを行列の先頭に並ばせていた後輩がいた
   EBIS303での2回目のペントレにて・・・

→ 宅配便が来たら妻より早く飛んでいく ↓
   上級者は受取は屋外で行い箱は服の中に隠す ↓
   妻には、お隣と間違えてたみたい・・・という

→ 逆は経験ずみ
  
Posted by pelikan_1931 at 14:00Comments(6) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年12月25日

故事ことわざ辞典 その33

2010-04-10拙者は四文字熟語や故事・ことわざが大好き!

そこに書かれている本来の意味を 曲解 すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、故事・ことわざを赤字、それの正しい意味を青字で示す。

それに対する拙者の 曲解 を下に黒字で書いておく。

これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され



1:多士済々(たしせいせい);
    優れた人材が豊富に揃っていること。【多士】は多くの優秀な人物、【済々】は数多くそろっていて盛んな意で【さいさい】とも読む。

→ ヘンな趣向を持つ変わった人材が豊富に揃っている集団:良識あるヘンタイ倶楽部?

→ 定例会での正装は、一澤信三郎帆布のエプロンらしい。 

→ 親玉は、それに純銀製エッシェンバッハのルーペを首から提げ、
   ドルチェヴィータ・スタウトの萬年筆とボールペンをエプロンのポケットに挿している。

→ 最近、影武者のごとく、同じ格好をしている(良識ある)ヘンタイもいる。


2:火に油を注ぐ(ひにあぶらをそそぐ);
    燃えている火に油をかけるように、勢いの盛んなものにさらに勢いを加えること。
    英語では【adding oil to fire 】。同義語:駆け馬に鞭

→ 言い訳した台詞が相手をさらに怒らせること・・・萬年筆愛好家はみなさん経験済み?

→ 言い回しは似ているが、まったく真逆の表現
   ★固まったカーボンインクにロットリング洗浄液を注ぐ(全ての問題が解決します)
   ★固まったブルーブラックインクにアスコルビン酸(ビタミンC)水溶液を注ぐ(少しましな状態に)

→ 新しいインクに古いインクを足す・・・腐ります!思い切って捨てましょう。


3:人は見かけによらぬもの;
    人の能力とか性質とかは、外見だけでは判断しにくく、中身と外見とは、往々にして異なることが多いということ。
  
Appearances are deceptive. (みかけはあてにならないものだ)

→ 見た目は怖く、声は大きく、言葉は乱暴で、我儘な行動を取るが、とっても魅力的な人!

→ 上記の文章を読み、あなたがある人物を思い浮かべて、もっとも適切であると思う部分を書き出しなさい!

→ ただし、自分の奥様は除いて回答して下さい。


4:人、木石に非ず(ひと、ぼくせきにあらず);
    感情を持たない木や石とは違い、人間は喜怒哀楽をさまざまな形で表す血の通った感情豊かな動物であるということ。
  A person is made of flesh and blood. (人は血肉から出来ている)

→ 上記の文章を読み、なるほど仕方ないなぁ・・・と思う人物を一人だけあげなさい。

→ ただし、自分の奥様は除いて回答して下さい。

→ ペントレでは【】は無いが、【喜】【哀】【楽】には頻繁に遭遇する。

→ 【喜】は、開始早々お目当てのブツを入手した人

→ 【哀】は、開始早々お目当てのブツを入手出来なかった人

→ 【楽】は、久しぶりにあった人と萬年筆談義をしている人

→ その他にもペントレにつきものの文字がある
   【忙】は、受付と調整師の方々。いつもありがとうございます!
   【悩】は、予算額よりも高いが、二度と手に入らないような逸品を見つけた時。たいていは購入してしまう・・・

→ ペントレは人生の縮図です!来年は4月の23日(土)と24日(日)、今から予定に入れてEBIS303に集合!


5:竹屋の火事(たけやのかじ);
    腹を立ててポンポン怒ること。また、ずけずけと言いたい放題言うこと。
    竹屋が火事になると、タケが燃えてポンポン賑やかに音を立ててはじけることから。

→ 名古屋から尼崎の車中、尼崎から神戸空港を経由して高松までの車中で楽しめるショーの事!

→ 綾小路きみまろの独演会よりもおもしろいらしい。ツッコミもいるので・・・
   ぜひ録音して聞きたいというヘンタイ多し!

→ 対極が、現在売り出し中!WAGNERの【戦場カメラマン】!
   人の話をしっかり聞いて的確なアドバイスをゆっくりとしゃべってくれます!


6:竹に雀(たけにすずめ);
    よく釣り合う一対のもの。取り合わせの良い物のたとえ。
    竹にとまった雀が、図柄として格好のものであるところから。

→ 親方しげおちゃん

→ 二右衛門半広島半(広島の二右衛門半の略称)

→ foolsbookお嬢
  
Posted by pelikan_1931 at 11:11Comments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年12月18日

故事ことわざ辞典 その32

2010-04-10拙者は四文字熟語や故事・ことわざが大好き!

そこに書かれている本来の意味を 曲解 すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、故事・ことわざを赤字、それの正しい意味を青字で示す。

それに対する拙者の 曲解 を下に黒字で書いておく。

これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され



1:鶏を割くに焉んぞ牛刀を用いん(にわとりをさくにいずくんぞぎゅうとうをもちいん);
    小さな事柄を処理するのに、なにも大げさな方法や道具を使う必要など無いというたとえ。
    To employ a steam hammer to crack a nut.クルミを割るのに蒸気ハンマーを使う)

→ たかが年賀状の宛名を書くに、いずくんぞヘミングウェイを用いん

→ 況(いわん)や、キングイーグルにおいてをや

→ 使うなら願書か履歴書につかうべし! ってたってキングイーグルは無理か・・・


2:人間到る処、青山あり(にんげんいたるところ、せいざんあり);
    世の中には自分の骨を埋めるぐらいの場所はどこにでもある。だから、どこへ行っても、おおいに活躍せよということ。
    青山(せいざん)は墓地のこと。

→ 北の旅人に捧げる言葉!

→ 讃岐の地にも、かなり危ない筋の人はいるので、ヘンタイエプロンでうろつかないように!

→ でないとヘンタイ青山ができますぞ!


3:にべもない;
    まるで愛想もそっけもないようす。
    【にべ】は鮸(にべ)という海魚のうきぶくろから作る、粘り気の強いにかわのことで、その粘り気がないということから。

→ 海外通販の対応はにべもない

→ 知識の無い文具店はにべもない

→ 無愛想でも知識のある専門店にはにべがある

→ 愛想も、知識も、技術もあれば言うことは無い!

→ 愛想と、知識と、技術に、他の客の援護射撃があれば最強!


4:二度聞いて一度物言え(にどきいていちどものいえ);
    人の言うことは、繰り返し訪ねてもよいからよく聞いて、自分はなるべく口数を少なく、控えめに言えということ。

→ 無口でシャイな みずうみの悪魔 の家訓らしい

→ どの口が言うとんじゃ!しばくでぇ! と言われても右から左へ聞き流す・・・

→ いまや親方&しげおに対抗できるのは、WAGNER 関東の新キャラ:戦場カメラマンだけかもしれない!


5:二度あることは三度ある;
    同じような事が二度つづいて起これば、もういちどつづいて起こる可能性が高い。物事は繰り返されることが多いので油断するなということ。

→ 御大に2度も狙い撃ちされたみずうみの悪魔に対する注意喚起!

→ 二度出るものは、何度でも出る(どーむ商店の看板商品:赤い奴

→ もう一度、大井川を越えさせれば、みずうみの悪魔も江戸進出!

→ みずうみの悪魔 戦場カメラマン
   みずうみの悪魔 + 親方&しげお  戦場カメラマン + 紫好ん
   という東西対決なら東の圧勝!コツは相手のペースを壊すこと!

→ もっとも紅鈴オレンジャーが組めば、誰もかなわんだろうなぁ・・・


6:にっちもさっちもいかない;
    行き詰まって、もうどうにもこうにもならない様子。
    元来、(にっち)は二進、(さっち)は三進と書き、算盤の割り算の用語で、計算が出来ないという意から転じて、金銭のやりくりがつかない意。

→ いわずもがな・・・萬年筆買いすぎて、年末、にっちもさっちもいかない人は多かろう

→ そういう人は年末大バザールへ行って売ろう!
   おそらくは売った以上に買うことになるであろうが・・・
  
Posted by pelikan_1931 at 05:00Comments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年12月11日

故事ことわざ辞典 その31

2010-04-10拙者は四文字熟語や故事・ことわざが大好き!

そこに書かれている本来の意味を 曲解 すると爆笑ネタになる事も多い。

まずは、故事・ことわざを赤字、それの正しい意味を青字で示す。

それに対する拙者の 曲解 を下に黒字で書いておく。

これを真似て、青字の部分に関する【浅はかで愚かな解釈】をコメント欄に書いて下され



1:芸は道によって賢し(げいはみちによってかしこし);
    一芸に通じている人は、その道に関することならなんでもよく知っている。専門家は専門とする分野のことなら全て知り尽くしていることのたとえ。
    Practice makes perfect.使うことにより完璧になる

→ 未調整の萬年筆は、使うことによって多少は書き味がなじんでくる。

→ 寸止め調整の萬年筆は、使うことによって書き出し掠れなどが無くなり、徐々に良くなるように感じる。

→ 完璧調整済みの萬年筆は、最初が最高の書き味で、使うほど書き味は劣化する。

→ インクフローの事は調整師に聞け、書き味の感想は萬年筆を使う人に聞け!
   調整師、往々にして、ヘビーライターならず・・・

→ 一流のコレクターは萬年筆修理も一流。道具もパーツも持っている。うらやましい!