2013年03月22日

判佝任茲蝓撻肇鵐椡筆完全ブック】with豪華付録 来週発売

12趣味文を発行している判佝納より【トンボ鉛筆完全ブック】が送られてきた。
記事を投稿していないのに見本誌が送られてくるということは、Blogで宣伝せよ!という暗黙の指示であろうと理解して、ここに掲載!
左側が表紙で、右側が裏表紙。販売される状態での厚さは3.4僂世、本誌は8弌すなわち付録が2.6僂△襦 
表も裏も、上が青、中が白、下が黒という体裁。どっかで見たなぁ・・・国旗かなぁ・・・と考えていて気付いた。こりゃMONOの消しゴム模様だ!
表紙の写真の中に写真があったので気付いたが、なければ悩んでいたかもしれない。 
これを945円で販売出来るということは、これは販収型のムック本ではなく、広告収入型の書籍と考えた方が良いだろう。


3こちらの本誌を見ても、記載されている商品は全てがトンボ。またトンボの歴史や社員の方々の紹介もある。
考えようによっては100周年記念の社史を書店ルートで販売するとも言える。
当然400人ほどの国内社員には会社から配布されるだろう。また海外工場の数多くの現地社員にも閲覧できるようにするのかもしれない。
あるいは現地語に訳して配布かも?普通の社史と違うのは、経営陣の写真や蘊蓄が一切入っていないこと。あくまでも中心は商品と、それを作る人々。
それにしても102頁、103頁の人物写真には参りました・・・というしかない。特に102頁の物流管理部物流課の人の笑顔はすばらしい。
この写真は、この人の人間性まで全て写し取っている。街で会ったら声をかけてしまいそうなほど親近感を持ってしまった。

おまけのツイストノック式のペンシルは、Pelikan 60 ラインのペンシルを彷彿とさせる出来。違うのは通常のノック式としても使える点かな。
眺めていたら、モノエアタッチというものすごく軽いタッチで消せる新製品が欲しくなった。明日の萬年筆研究会【WAGNER】北海道地区大会@札幌のあと、大丸藤井セントラルで購入しよう!  

Posted by pelikan_1931 at 20:00Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック